トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

ズバリ言われたわよ

空色猫目亭のお局様から、子猫ーズを昼間スヤスヤ寝させると、夜になってから大運動会になるかも・・・と助言を頂いた。

はやくも助言は現実となり、昨夜の子猫ーズは・・・・・・寝ない。午前1時、2時、まもなく3時というのに、今は昼間ですか?というくらいドタバタと走り回る。エアコンも切って、扇風機だけで寝ようとしてた私の上を踏んづけ、飛び越え、走り回る。←でも寝ている(笑)

ほほほほほ~子猫ーズに蹴られても踏まれてもドタバタしてても、平気で寝ちゃうもんね~ある意味悟りの境地だわね。ところが、

敵もサルものチンパンジー←ちょっと壊れ気味

水入れをひっくり返しおった。さすがに飛び起きて、大慌てで畳を拭いた。お~の~れ~!!!

ところが子サル猫どもは←さらに壊れ あたかも「きゃははははは~」といわんばかりの様子で走り去るのであった・・・。

明け方、ふと目覚めると子猫ズの姿がない。ヤツらは二階でエアコンつけて寝ている旦那に寄り添って、ポイントを稼ぎつつチャッカリと仮眠を取っているのであった・・・。orz  私の目覚まし用のアラームを聞いて階段を下りてきて、

「マ~マ~ ねぇ、マ~マ~ 起きるんでしょ?ほら、ミィちゃん来てあげたわよ、起きましょうよ。お腹空いちゃったの、ご飯お願いね」とばかり、クルルルルルと喉を鳴らすミィナ姫。彼女が「ミャ~」とか「ニャ~」とかなくのはめったにない。甘えるときはゴロゴロではなく、クルルルルと喉を鳴らすのだ。眠いときはゴロゴロだけど。

そして続いてチャトラン登場。「あっ、ミィナねぇちゃんずるい、ママちゃ、ママちゃ、ボクもご飯。お皿洗うの?缶詰開けるの?ボク、肩に乗って見てるから」

よ~し、今日の昼間は寝させんぞ~と思うものの、月末。月末はおかーたまは家賃振込み云々で「銀行めぐり」をせねばならぬ。ということは・・・留守番させるわけで・・・留守番させればまたチャー坊は「でっとにゃんずちぇすと」のように寝て、ミィナ姫もスヤスヤなサルに違いない・・・。あ~ああああぁぁぁぁぁ~せめて帰ってきてからの夕方寝はさせんぞ~

Photo_65 家庭内サバンナでは、むしろニンゲンがこのようになって寝ることになるのかも・・・。

寝相

暑くなった。普段、午後には「お昼寝タイム」になる猫たちは、少しでも涼しい場所を探す。   でも、いつもいる居間はエアコンをつけないととっても暑い。なので、ウロウロと徘徊する。   結局、エアコンをつけるとスヤスヤと寝る。シンプル毛皮のチャトランより、アンダーコートたっぷり、みっちり毛皮のミィナのほうが暑さはこたえるようだ。エアコンをつけないでいてもそれなりに寝るが、数分置きにおきてしまうのは熟睡できていないようだ。エアコンをつけると夕方まで寝ているもの。

かくして、ここにまた毎年恒例の旦那との「電気代攻防」がはじまるのだ・・・・。もう慣れたもーん

Photo_60

暑いでしゅ。まだまだこれからもっと暑くなるのよっていわれても、暑いんでしゅ。扇風機だけじゃダメでしゅ。

Photo_61

ミィナねぇちゃんのオシリ、ホカホカになってましゅよ~

この姿みて、「オシリ愛ね」ってママちゃが笑うでしゅ。

Photo_62 実はこれ、お局さまから借りているケージの上。

バスタオルを敷くと網目に足をとられることもなく、また風通しもよくて、最近お昼寝はここですることが多いです。

エアコンばかりつけるのは良くないんでしょうが・・・最近の夏の暑さは尋常でない気もするし・・。これでも、我慢して我慢して、やっと付けてって感じなんですよぉ。

パパと呼ばないで

なんか、以前こんなタイトルのドラマがあったような・・・。

Photo_53 ジャム嬢は私を呼ぶとき、「おかぁたん」「かぁたん」「おかーたま」「かーたま」という感じのキャラだった(勝手につけたんだけど 笑)

推定生後2~3ヶ月、体重600gから「ひとりむすめ」として育てたので、「おヨソの猫は嫌いなの」なにゃんこであった。

Photo_54 そして、この子猫ーズ。

呼んでいる声はどうも「マ~マ~」(必ずのばす)か、  「ママちゃ」(「ん」はつけない)という感じがしてならない。虹の橋でジャム嬢から、「いいこと、おかぁたんをかぁたんって呼んでいいのはアタクチだけなの、あんたたちは別の呼び方をなさい」とでもいわれてきたんだろうか・・・?

Photo_55

私は別にどんな呼び方でもかまわないのだけど、こだわるのは夫。

「パパ」は嫌だそうだ。

「おとーたま」「おとーたん」もいやだって。

じゃあ、なんならいいのさ、と聞いたらば・・・     「おにぃたん」だって。   プッ

「おにぃたん」「にぃたん」と呼んでほしいそうだ。  おっさんなのに・・・

Photo_56

かくして、今日も「おにぃたん」の入浴シーンをのぞきにいく、子猫ーズであった・・・

「ママちゃ」の入浴はのぞきにきてくれないの orz ソリャソウダ・・・

あやしい電話にご用心

電話によるセールスはよくある。よくかかってくる。電化住宅だの、リフォームだの。拙宅は「借家」であるので一切関係なし、借家である旨を言えばまず相手はまず引き下がる。

中には、根性で(?)食い下がるところもたまにある。でも大家が建築会社なのでそれを言うとあきらめる。

ほかにも補正下着だの、健康食品だの、よくかかってくるけど、話を聞くことはまずない。

オレオレ詐欺はさすがにかかってこないが、訪問販売の類もあわせると、アラ、結構来てる、ウチ。

電話はね~なったら出ちゃうんだよね~訪問はね~けっこう居留守を使うけど(笑)      隣家の奥さんが回覧板持って来るのは扉の音や足音でわかるから、すぐ出るけど、他の訪問者はアポイントがないかぎりは出ないのだ。なので、予定外に着替えに帰ってきた旦那を無視したこともある(笑)

おかーたまんちに突撃訪問しようとしているアナタ(いないって 笑) 玄関開けてもらえません。

チャトランではありませんよ、おヨソの猫さんですよ~ でもそっくり(笑)Photo_52

病院はたのしくない

Photo_43 「病院がたのしいわけないじゃないの、どんなにチヤホヤされたって、あたしは嫌だわね」

ジャム嬢は病院嫌いだった。診察台の上でキャリーの扉を開けると先生に向かって「シャアァァァァァァ!!!!」

「ん~ジャムちゃん、今日も怒ってるね~♪」がいつもの挨拶だった(笑)

Photo_44 今日は二回目のワクチン接種と、二回目の回虫駆除の薬をもらいに、子猫ズをつれて病院へ。

保護してからほぼ一ヶ月。ミィナ、体重1.75㎏ (保護時 1.05㎏)

Photo_45 チャトラン、体重 1.2㎏(保護時 550グラム)   倍じゃん・・・orz

なるか、「茶トラ大猫伝説」

ミィナは検温、ワクチンの間も全然声をあげず。(怖すぎて声が出なかったのか?)

チャトランはピギャーピギャーと抗議連発。

この病院では、避妊去勢の対象のめやすとなる体重は2.5㎏だそう。月齢からいってもミィナが先だけど、推測としては「2ヶ月くらい後でしょう」とのこと。

避妊は卵巣子宮両方の摘出、一泊入院で1万2千円だそうだ。カラーはつけないことが多いそう。10日後に抜糸。ガス麻酔使用だって。

去勢も一泊入院だそうだ。費用は1万円なり。傷口は接着剤使用だそうで、抜糸の必要なし。

もう一件、近くの病院には週明けにも電話で問い合わせしてみるつもり。

Photo_46 病院から帰って、お昼ご飯もほとんど食べずに熟睡。

今日は前回ほどなでまわされずにすみました。

いや、これが普通・・・?(笑)

チャトラン 「ミィナねぇちゃん、怖かったね、痛かったね」

ミィナ 「うん・・・・がんばったわね、アタチたち」

おつかれさま。2にゃんとも、おりこうちゃんでがんばったよ。えらかったね。

うきゃうきゃおねえさんズ 2

猫友達の、ねこかかさん、みつあみちゃん、ボンゴレーノきんたさんが猫ズに会いに遊びにきてくださった。

今日はいつもよりも早起きしていた猫たちは、お昼寝時間もうまい具合にズレて、起きて皆さんをお出迎え。チャトランは動じずに平気な顔をしているところをみると、将来大物の素質あり?

人見知りのはじまったミィナは階段に非難したものの、「禁断の獣毛ジャラシ」(た~こさんにいただいたもの)の誘惑には勝てず・・・。

跳ぶ、跳ねる、回ると、大立ち回りの猫ズ。

そして、チャトランはお客様の帰ったあとに・・・

Photo_39

夢の中でも跳んでいるようです。

一方、ミィナは

Photo_40 人見知りのはずなのに、誘惑に勝てなかったミィナさん。

跳躍力もなかなかです。

みなさん、猫ズとたくさん遊んでやってくださってありがとうございます。

ただいま、充電中です(笑)

ならんでならんで

拙宅の床の間は通称「ジャムの間」とよばれています。 葛西のご隠居さまに描いていただいた肖像画が壁にあり、両側には守護として金剛界、胎蔵界それぞれの曼荼羅の額。下には恋猫「ちゃん太くん」の肖像画(今は壁にかけました)

ジャム嬢の遺骨や、線香立てや鈴などは、猫ズたちがチョッカイださないよう、幕内に置き直しました。そして、今、「ジャムの間」は皆にゃんに人気のお昼寝スポット。

4 ジャムの写真に見守られて(肖像画は上の方にあります)仲良く並んで・・・・・・・ん?

いち、にい、さん、よん・・・・・ん?そっか、「よん」はちっちゃいマスコットちゃんじゃん。

3 ではあらためて。

ジャムちゃんの写真、それから

いち、にい、さん・・・・・さん?

はい、おわかりですね、ミィナの頭側にいるにゃんこさんは、レプリカにゃんこさんです。

Photo_38はい、おさらいです。(笑)

左から、マスコットにゃんこ、チャトラン、ミィナ、レプリカにゃんこでした~。

「やらせ」として乗せたのはマスコットにゃんこだけ。

ちなみにマスコットにゃんこ、レプリカにゃんこ共に、時々ミィナとチャトランに毛づくろいしてもらってます(笑)

横顔で笑って

Photo_35

チャトランの横顔。くちばしは・・・・ないなぁ・・・。orz

のびるのか?今からのびるのか?

Photo_36

ミィナの横顔。

・・・・・・・鼻ペチャ・・・・?耳毛は長いなぁ。

Photo_37 今日もおもちゃで仲良く遊ぶ。

「外猫」(と言ってもいいのかどうか)のらにゃんはちゃんと毎日ご飯をもらいに来ます。そして、玄関の外で食べて帰ります。朝夕来ます。元気です。三ヶ月ぶりに姿を見せたとき、咳き込んだり鼻ズルズルしてましたがすっかりよくなりました。

ご近所猫、はなちゃんも時々来ます。でも、以前のように家に上がりこんで長居したりしません。子猫ズの様子を窓越しにちょっと見て、帰って行きます。さくらちゃんも同じ。やはり彼女らは適正配置委員会のメンバーらしい(笑)

「あれ?確かおかーたまってば、通い猫さんにご飯あげてたわよね、子猫ズが来てからどうしたのかしら?シカトしてんのかしら?」と思ったアナタ。ご安心を。もちろん、子猫ズと接触は一切させてませんが。

エンドレスな猫たち

お友達のた~こさんが、ミィナとチャトランに、とおもちゃを送ってくださった。た~こさんありがとうございます。猫たちは大喜びです。

Photo_30

「まっくろくろすけ」に決闘を申し込むチャトラン。

た~こさんの愛猫、「もみじちゃん」が下賜してくれた、電動おもちゃ。夢中になってくれるおかげで人間はいつもの「クレクレ攻撃」をかわすことができて、平穏な食事ができます。

1_1 ミィナもちゃんとあそびます。↑は順番待ち?(笑)

「チャー坊は決闘に疲れたから、私がカタキをとるわ」

・・・・・ミィナさん、ウエストりっぱになりましたね?

2_1

「なんのことかしら?アタチ、今いそがしいの」

おお、ひねりも入っております。でもウエストは立派です。誰に似たやらorz

Photo_31

箱ももちろん利用します。

電動おもちゃの他にも色々と頂きました。

本当にありがとうございました。

猫には猫のブームがある?

Photo_23

←ちょっと見にくいですが、ミィナの左のお手手にあるのは四角いタレビンです。

moomamaさんちのめいちゃんは、タレビンで遊ぶのがお好き、ときいて、おお、タレビンならうちにもあるわ~と出してみた。

Photo_24

チャーちゃんが持っているのは緑のキャップのタレビン

大喜び。普段、おもちゃで遊んでいて横からチャーちゃんに持っていかれても黙って譲ってあげるミィナも、こればかりは夢中です。取り合いするでなく、一緒になって転がしながら遊んでいるところを見ると、仲良しなんだな、と思う。でも、時折のバトルタイムの取っ組み合いをみると、ホントは仲悪いのか・・・?なんて思ったりもして。

Photo_25

緑のキャップのタレビンはぶたさんタイプなので、四角いものよりよく転がるようです。

カラカラと軽いし、飲み込む心配もない大きさなので(でもキャップはちゃんと閉めないとね)廊下もよく転がしてあそんでます。

貴女のお宅の台所にも、お弁当用のタレビン、余ってませんか?さぁ、レッツタレビン!!

うきゃうきゃおねえさんズ

Photo_21 お里帰りをしたシマ助ちゃんと(子猫ーズに会いたいがために帰ってきたとのウワサ)多頭飼い先輩のみつあみちゃん、そして、いつも心配りしてくださるお局さまが、猫ズに会いにきてくださった。

家に入るなり、うきゃーうきゃーと猫ズをなでまわすシマ助ちゃんとみつあみちゃん。「ピザをとろうね」と言ってたのにちっとも注文がまとまらず、電話でオーダーしたのは家に到着後一時間を経過していたという。

Photo_22 さまざまなおみやげを頂いて、猫談義。室内の猫対策、避妊去勢手術、フードの話など、多岐にわたる。

猫馬鹿パワーに圧倒されたか、猫ズは一時二階に自主非難。(笑)それでも、チャーちゃんは時々のぞきに来る。

昼下がり、猫ズはいつも「お昼寝」をかかさないので、ミィナは階段のところでウトウト。すかさずカメラをかまえるお局さま。チャーちゃんは「眠くて眠くて」のところを狙ってシマ助ちゃんのひざにのせてあげたらそのままウトウト。

「のらにゃん」もガラス越しに来訪を主張し、みなさんが帰るときになって近所の「はなちゃん」も顔見せ。

今日の猫ズはまだまだ「接待猫」には遠いようです。要修行(笑)

ピザを食べているときのみつあみちゃんの一言が私のツボにはまって、飲みかけていたジュースが逆流。オレンジジュースって、鼻に来るとイタイ。要修行(?)

梅雨晴れのたのしい土曜日のひとときでした。

猫と猫と男と女

Photo_18

ありし日のジャム嬢。

夫にとっての「ファーストにゃんこ」は先代猫、ジャムだった。といっても、私の「連れ子」であったので、ジャムの子猫時代は全くしらない。夫にあったとき、ジャムはすでにオトナのレディであったのだ。それでも、家庭内で犬猫を含めて小動物を飼育したことのない男にとって、驚きと戸惑いも多かったかもしれない。                            

猫に対して、あるいは動物全般にたいしての触れ合い方をしらない男はともすると信じられないような残酷な言葉を吐いた。・・・・・ちょっと殺意がわいた(笑)

それでも、ジャムからたくさん学んだことも、感じたこともあったのだろう、ジャムが虹の橋に旅立ったとき、その場にいられなかった自分を悔やみ、涙を流して、ジャムに詫びた。

Photo_19 再び、猫と暮らすようになって、少しは変わったのかな、とおもう節もある。夫にとっては初めてである子猫のしぐさ、子猫の動き、ともすればまだ子どもが新しいおもちゃで遊ぶときの延長にみえなくもないが、猫から「甘えられる」というのがとにかくうれしいらしい。ひざに乗ってきたといっては喜び、抱っこしてたら寝たといってはうれしそうにはにかむ。

子猫ズはバトルモードに入るととんでもない勢いで室内といわず階段といわず、走り回るが私は内心「うるさい」と夫が怒り出すかとひやひやする。今のところ、その傾向はないけど。

Photo_20 まちがいなく、夫は猫たちの魔力にハマッているようである。   今のところは(笑)

←誰よりもツボを心得ている猫。チャーちゃんは旦那を「あやす」のが得意です。

風呂上りに寝そべっていた旦那の股間に、突撃をくらわして、「ウッ」とうならせたのは、もちろんチャーちゃん。ひざ上をゲットしてウトウトしているチャトランを横からうらやましそうに覗き込んで見せて、夫の顔をまっすぐ見つめて「・・・空いたら、アタチもおねがいね」とばかり、ひかえめ~に訴えて「胸キュンむさせたのはミィナ。このコら、策士です。

寝る子は育つ

Photo_12 猫は「寝子」という説があるらしい。さもありなん、猫たちはきもちよさそうに寝る。

二匹ともまだまだ「あかちゃん」の類に入るせいか、  眠くなるとひざに乗ってきて、のどをならしてなでてくれろとせがむ。

Photo_13

アンターコートたっぷりのミィナは夏はかなり暑いのではないかと、心配。今でも、気温の高い日は涼しい場所をさがしている。シンプル毛皮のチャーちゃんは夏には強そうだけど、冬は寒いのかも・・・。

「バリカンで毛刈りすれば」とちょっと楽しそうに旦那が言う。

そろそろ、「初めてのシャンプー」をしてあげなくては・・・。   そう、保護してから、蒸しタオルで一度拭いたくらいであとはシャンプーしてません。あ、オ○リはちゃんと運光さまお出ましのたびに拭いてますけど(笑)

チャーレンジャー

すべからく、猫というのは好奇心の強いもの。

Photo_8 猫ズのおもちゃかごには、ジャム嬢のおさがりのおもちゃ、「おもちゃ認定」して気に入った小物、広島猫馬鹿隊からプレゼントされたおもちゃなどが入っている。

遊びつかれて眠っている間に、かごにひとまとめに片付けておくんだけど、目が覚めるとかごのところまで行って、その時の「気分」でおもちゃを引っ張り出してくる。

猫といえば毛糸玉でしょ、と与えてみた。お約束の、じゃれるしぐさにもしみじみと猫なんだなあと思う(笑)

←このあと、ちゃんとねずみのおもちゃでもあそびました。

Photo_9

咬む、咬む、咬む、蹴る、蹴る、蹴る。

チャーちゃんの遊びの基本は「闘い」のようです。

初めは居間だけが行動範囲だったのに、廊下も闊歩し、台所も出入り自由となり、階段も楽に上り下りするのにさして時間もかかりませんでした。

洗面所の扉がほんの少し開いていて、はじめて踏み込む前の、二匹が顔を見合わせてからミィナちゃんから先にソロソロと入っていく姿は笑えました。

現在、お風呂場とトイレ(人間用の)は完全立ち入り禁止、おとーたまの部屋は監視付きのみ可、という規制がでております。ダッシュで階段を上るところを見ていると、ウチはキャットタワーは必要ないな、とフッとおもいます。猫に必要な「上下運動」には十分かと思われます。(笑)

希望の星ふたつ

Photo_4 あたくち、新しいお名前もらったの。

「アメショちゃん」改め 「ミィナちゃん」愛称「ミィちゃん」です。

つけてくれたのはおかーたまよ。

女の子らしくて、やさしい名前でしょ?「やんごとなき生まれ」っていわれるけど、よくわかんない。でも、ふわふわのほわほわよ。

いたずらもするけど、いいわよね、だって猫だもん♪

Photo_5 ぼく、新しいお名前もらいました。

「茶トラちゃん」改め 「チャトランくん」愛称「チャーちゃん」です。   え?安直?全然かわらない? つけてくれたのはおとーたまです。

ミィナおねえちゃんが大好きです。なんでも真似したいです。だって、そういう年頃なんです。ミィナおねえちゃんが「やんごとなき生まれ」ならぼくは「強運の猫」です。

高速道路の走行を車体の下で耐え、瀬戸大橋を渡ってきました。ぼく、徳島生まれなんです。

ぼくとおとーたまが一緒にいると、おかーたまが「男組」って言って笑います。

みなさん、よろしくおねがいします。

ほとんどの方に「想定内」といわれたように(笑)二頭の猫を家族に迎えました。保護当初、支援物資をもって、駆けつけてくれた広島猫馬鹿隊のみなさん、ネット上から励まし、見守ってくださったみなさん、20年ぶりの子猫の世話をアドバイスしてくださったみなさん、ありがとうございます。

そして、初めは「里親募集する」という私の言動から、「お見合い」にまで話が進んでいながら結果ドタキャンすることになってしまったのに、快く祝福してくださった、「tanyさん」

本当に感謝しています。

不思議な力に導かれるように、出会った猫たち。

「ジャム&おかーたま」これからはジャム嬢と一緒に猫たちの成長を見守りたいとおもいます。

てすと

Photo_1 どうかにゃ~?

トップページ | 2007年7月 »