« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

穴があっても健康?

骨に穴がある・・・・しかもその穴は空洞ではなくて中に腫瘍がある状態なのだという。 だから血液検査。この腫瘍が悪性の場合、ALTという数値が上昇するのだそうな。

でも、結果は正常値。他の一般検査もすべて基準の範囲内。

「悪性腫瘍ではないようです。他も問題なく、全くの健康です」

院長、そりゃ違うでしょ、骨に穴がある時点で健康とは言わないでしょ・・・・・。

手術の術式としては、全身麻酔にて骨盤から骨を採取、その骨で穴をふさぐんだそうな。ゲーーーーーーっ!!!!!! 手を切開して、穴に人工のセメントみたいなのを注入するかして埋めるんじゃないのーー?

「うん、虫歯の穴ならそうするだろうけどねぇ・・・手はそうはいかないねぇ」

入院期間は2週間。ゲッ、長い。なんとか短くならない?

「そうだねぇ・・・10日でもいいけど・・・でも痛みが残るだろうからやっぱり2週間だね。あ、もちろんその後も通院、リハビリあるからね」

そ、そか・・・・2週間か・・・。一泊くらいならしようかと思ったけどな・・・この時点で手術する気は全く失せる。でも、念のため一番気になることも聞いてみた。

「センセ、いくらかかる?」

これは先生に代わって、すぐそばにいる医療秘書のオバちゃんが答えてくれた。概算で  14~15万くらい。(入院費、手術費込みだ) もちろん申請すれば返ってくるので実際には7~8万くらいになるだろうと。  (申請するば帰ってくるけど退院時は一旦こちらが払わねばならぬ)

そして某大学病院には「手の外科」なる手の病気に関してはかなり高名な先生がいるという。

「一度大学病院行って見る?紹介状書いてあげるから。セカンドオピニオンも大事だよ。後輩に専門がいるから。珍しい症例だしねぇ」

ということで次回大学病院へ。

予約はしてもらったものの、どうせまた長時間待たされるんだろうなぁ・・。散々待たせて、診察は数分で、支払い請求の窓口は早いんだよねぇ。全く、金徴収することだけは早くてさっ。Photo

「マ~マ~ またお留守番なの?」

「おうちで寝てたほうが疲れなくて早く治るんじゃないの?」

うん、ママちゃもそんな気がしてきたよ・・・・・。

あいてます

猫たちは、体によじのぼったり、しがみついたりで、よく爪を立てる。今は夏なので、もっぱらTシャツに短パンというラフな格好ばかりしているから、ひざから下は爪あとの傷だらけ、服には爪を立てた後の穴がてんてんと開いている。

大体が綿100%の薄いものだから簡単に穴が開く。前も、背中側も、である。洗濯して干すときに、まじまじと見て、今年買ったばかりのシャツも穴あきばかり。まあ、いつも家にいるときはヨレヨレの格好しているのだけど(笑)Photo

←ユラユラ感がお気に入りのミィナさん

ここ最近ずっと、右の手首が痛かった。もうすぐ1ヶ月くらいになる。ぶつけたり、ひねったりした自覚はないのだけど、あまりにも痛みが長くつづいているので病院へ行った。      お約束のレントゲンをとって、いざ診察室に入ると院長が「・・・・うーーーん・・・困ったねぇ・・・」

何を勝手に困ってんのよ、私の手に何があるっつーのよ、患者を不安に陥れるような言い方やめなさいよっ!!←ちょっとミィナに似てきている(笑)

「骨に穴があいてます」

な・・・・なんですとー?

A02407001a   

←月状骨という部分に3ヶ所穴があいてるんですってよ。レントゲンでも丸い穴がクッキリ写ってました。

「どうするね?手術して穴埋めるかね?」

いとも簡単に言う院長氏。

「骨そしょう症とは全く違う。骨のう症というものですね。キーンベック病とも違うと思うが・・・まずは血液検査ね」

スピッツ三本にたっぷりと血をとられ、出たのは湿布と塗り薬だけ。えぇぇぇぇぇ~服だけじゃなくて骨にも穴っすか。秋には猫ズの避妊去勢手術をして、その後私も手術?

聞いたことのない病名に??????の連続。今日は血液検査の結果を聞きに言ってくる。そして手術の場合の術式と入院期間、リハビリの有無、通院期間、概算での費用などもきいてこようと思う。ちなみに放置するとどうなりますかと聞いたところ、

「うーーーん。・・・・・・このままでいくかもしれないけど・・・・穴が大きくなって、骨が潰れるかだねぇ。そうなったら激痛だからね。」

・・・・・・常に脅しを忘れない院長です。

とりあえずは「牛乳に相談だ~」

と牛乳を買って帰った。・・・・・ええ、ムダだろうけど、気持ちよ、気分よ~。

Photo_2        

「ボクにはくれなかったんだよ。ママちゃ専用の牛乳なんだってさ。・・・・・・・けちっ!!」

何とか一泊入院、100歩譲っても二泊三日くらいにならないかのぅ・・。

桃花ちゃん、虹の橋へ

シマ助ちゃんのご実家の猫、桃花ちゃんが27日午前1時20分、虹の橋へ旅立った。たくさんの愛と想い出をもって。

一度だけ、桃花ちゃんに会ったことがある。あつかましくもご実家におしかけ、うきゃーうきゃーとさわぐ猫馬鹿の私とみつあみちゃんに、こたつに入って寝ていた桃花ちゃんは出てきてご挨拶してくれた。17歳には見えない毛並みのつやつや、優しげで品のある白黒八割れの顔立ち・・。

Photo

←こたつから出てきてくれた桃花ちゃん 突然のお客様にちょっとびっくり?

初夏の頃、里帰りしたシマ助ちゃんは桃ちゃんが痩せたとずいぶん心配していた。お盆の頃は入院という話も聞いた。酷暑といわれるこの夏、乗り越えてほしいと願っていたのだけれど・・・。

シマ助ちゃんのお母様の寂しさは計り知れない。シマ助ちゃんもきっとすぐにでもとんで帰りたい気持ちでいるだろう。痛いほど気持ちがわかるだけに、なにもできない自分を歯がゆく思う。

桃の花の花言葉は「チャーミング」きっと今までもかわいいしぐさで家族みんなに愛されて暮らしてきた桃花ちゃん。

古来、桃の実には霊力があるとされ、それゆえ「桃太郎」などの話も生まれ、また「桃源郷」などの伝説もうまれる。

きっとこれからは虹の橋からみんなを見守ってくれることだろう。

Momo0016 桃の花。

桃花ちゃん。やすらかに・・・・・・。

夏の終わりはうきゃうきゃ

まだまだ残暑きびしい中、猫たちに会いにきてくださいました。うきゃうきゃおねえさんズ。 今日のメンバーは ねこかかさん お局さま、カミツレさんのお三方。

電車を乗り継ぎ、炎天下を駅から歩いてわざわざ来てくださった。しかもそれぞれ手土産まで持って。ありがとうございます。

幸いにも(?)おとーたまは土曜とはいえ仕事に出たので、心置きなくおしゃべりに花が咲く。(笑)昼下がりの丁度昼寝タイム、猫ズは床の間にてウトウトしながらおねえさんズをお出迎え。←手抜き(笑)  しか~しっ!!  カミツレさんから猫ズを狂喜させるプレゼントが・・・・!!!

Photo「カミツレおねぇさんお手製の、ハンモックっていうんですって。 ちゃんと猫のもようがついてるのよ。ミィちゃん、これとっても気にいったわ。とってもなじんだわ。おねぇさん、ありがと」

ハンモックを作ってきてくださって、さっそく取り付けてくださいました。猫ズに大人気。

Photo_2 「ボクも・・・・・ボクも入りたいよ。ミィナねぇちゃん、一緒に入っちゃだめなの?そのユラユラ、ボクもしたいよ・・。」

「順番よっ アタチの気が済んでからね」

Fe 「やっとボクの番だ。これ、すごくいいよ。出たり入ったりにちょっとコツがいるけど、気に入ったな。ここで寝るのは気持ちよさそうだよ。」

ご満悦です。

Photo_4 「お礼に、ボクのニャンボ姿、みせてあげるよ」

ティッシュの空き箱なかったけど、無理やりあけて(笑)「生ニャンボ」お披露目です。

・・・・・・スッポリと胴体にハマッております。以外に胴長だったのね・・・。

Photo_5 「カメラ目線もできるよ」

うきゃうきゃとたくさん遊んでもらって、猫たちは大満足。ミィナも前回ほど人見知りなくみなさんの周りをウロウロ。少しは「人なれ」してきたかな?

そして楽しいうきゃうきゃの時間はあっという間。ハンモックで寝入ってしまったミィナの分も、チャトランは外まで出てみなさんをお見送り。

ねこかかさん、お局さま、カミツレさん、楽しい時間をありがとうございました。

ねこかかさん、帰るときには荷物が重くなってしまってすみませんでした。手もけがしているというのに、配慮が足りませんでした・・・。ワタクシの「ツボ」にはまった例の話はまたじっくりと聞かせてくださいませ~。

お局さま、重いのにお野菜も持ってきていただいてありがとうございます。当家の食費に大いに貢献してくれそうです。カボチャは今日旦那による「入刀」がおこなわれます。

カミツレさん、猫たちになによりのプレゼントです。ありがとうございました。旦那が帰ってきてハンモックで寝ているチャー坊をみて、「・・・・フェレットみたい」なんて言ってました(笑)

みなさま、お暑い中ありがとうございました♪

参考書

Photo ボクは見た。おにぃたんが、ボクやミィナねぇちゃんが何かするたびに ふむふむって本見てるの。

子猫の相手は初心者の旦那も、懐かれてうれしいものの、猫のしぐさや行動が理解できないときもある様子。

それぞれに個性があって違うんだから一概本に書いてある通りとはかぎらないよ、と言っているのですが・・・・・。

Photo_2 ←こんな本を見ています。私も今更ながらふーんと眺めては見ましたが・・・。

でも、旦那の知りたいことは書いてなかったらしい。

「なぜ、脇チュパするか?」「なぜ、朝、チャトランは寝ている旦那にチューするか?」

猫の生態は今だ未開の部分も多いのでしょうか・・・。

Photo_3 ところで、これは寝ているときのミィナですが・・・・なんかシッポが太いんです。普段から。興奮してなくてもシッポが太いんです。アメショのシッポってこれくらいなものなのかしら?それとも他にも何か混じってるのかしら・・?(タヌキとか・・・爆)

Photo_4 あたくちと18年暮らしても、知らなかったこともあるのねぇ・・。まだまだ修行が足りないのねぇ・・・。

留守番修行中

これまで、猫たちの留守番時間は一回につき長くても6~8時間くらい。昼間の場合はなるべく昼寝の時間にあわせて出かけたりもするけれど、そうそう都合よく寝付いてはくれない。

先日、初めて12時間以上に及ぶ長時間のお留守番を経験した猫ズ。予定では朝から夕方までの約8~9時間のはずが、若干の変更を余儀なくされて、朝8時から夜9時過ぎまでのまさに丸一日お留守番となった。

当然、部屋のエアコンはつけたままにしたし(連日36度超えの猛暑日だった)まちがってリモコンを押して切ってしまわないように隠しておいた(笑) 戸締りはしっかり、トイレはいつも二つあるし・・。   ご飯も、ウェットはやめて、カリカリを多めに出しておいた。

出発の時点ではまだ「夕方まで」の予定だったのです。夕方には家に着かない、とわかったとき、頭の中で朝の準備を回想しました。ご飯よーし、トイレよーし、エアコンよーし、戸締りよーし。

さぞかし寂しがっているだろうなぁ・・・と思いつつ帰宅。  そして扉を開けて呆然。

なんだこれはーーー!!なにがあったんだーーー!!

靴ラックからすべて引きずり出され、シャッフルされている靴。倒れているかさ。小窓につけてあったカーテンは突っ張り棒ごとはずされ・・・・室内からは「カチカチカチ」と怪しい音が・・・

倒れ掛かった扇風機。それが椅子に寄りかかってカチカチと音を立てているのでした(首ふりにしてたから)カーテンはレールから半分はずれているし・・・。

あ、パソコンは無事でした。

カリカリはもちろん空っぽ。そう、ご飯食べて、2にゃんでキャハハハ~と遊んで寝て、トイレも行って、お留守番してくれてたのね。  orz

二階の部屋は暑いせいで全く出入りしていなかったもよう。

晩秋には遍路再開を計画しているけれど(もちろん、細切れでだけど)泊まりで留守の場合は「ペットシッター」さんを依頼してみようと思っている。一日一回、一時間の訪問が基本だけど・・・。約12時間の留守番でこの状態なら、24時間なんてどうなるんだろう・・その場合はご飯もやっぱりドライだろうけど、もっとたくさん盛り付けておかなくちゃいけないってことかぁ・・・

今回、水はひっくり返されなかったけど、その可能性もあるから水のみ場も二箇所くらい考えないとなぁ・・。トイレも満杯だよ・・・ミィナは特にトイレ気に入らないとガマンしちゃうコだからなぁ・・・チャー坊は玄関の開閉に敏感で脱走しようとするしなぁ・・  ペットホテルじゃあ、ケージに入れられたままだから、パワー発散できなくてストレスたまるよなぁ・・  しかし、シッターさんに部屋の片付けまでは頼めないよなぁ・・・。

苦悩するおかーたまです。

どなたか、ペットシッターさんにお願いした事のあるかた、ポイントやコツなど経験をお寄せくださると幸いです。

1 ママちゃ、修行してるんだって。誰か師匠になってあげてください。

何時間もじっとして留守番なんて、無理に決まってらぁ。

だって、ボクちんは「りっぱなトラ」にならなくちゃいけないんだ。だからすべての場所を征服するんだ。ママちゃがいないときはのびのびできてチャンスなんだよ。コドモってのびのび育つもんなんでしょ?

Photo ・・・・・はじめは寝てるのよ。おとなしく。でもあきちゃうの。そしたらチャー坊がなんかおもしろいことするからつきあってあげてんの。

遍路は年が明けてからにするかのぅ・・・。

「要修行」ですわ。

銀幕がよぶ

夏休みは、映画もいろいろ、目白押し。

ハリーポッターと、トランスフォーマーを見た。(もちろん別々の日に)

ハリーポッターは一作目からみているけど、なんかみんな成長しちゃったわね~という感じで。観賞はいつも、レイトショーで。(夜の上映) 料金がすこし安いし、うるさいガキどももいなくて(終わるのが0時近いから、さすがにいませんわ)ゆったり見れるから。なにより、私ら夫婦、「夜行性」だから(笑)

後からパンフを見ながら、このコが光ってただの、ダレソレは今回出番が少なかっただの、ひとしきりの「ハリポタ談義」  そして家に帰るとこの姿のおかた

Photo 「だって猫だも~ん」

ミィナさん。「なんでも許される魔法の言葉」の「だって猫だもん」をジャムちゃんから教わってきたね?

トランスフォーマーは予告編を見たときから、「絶対見たいね」と話していた。ええ、もちろん、レイトショーで(笑)CGも駆使して、迫力も満点。コミカルなシーンもあったりして。黄色いカマロがロボットに変身するんだけど、はじめはオンボロのカマロが途中でピカピカになるのだけど、ピカピカ後の変身でもボディがオンボロのままだったり。(その後のシーンではピカピカボディだった)映画でも時々こんなバグを見つけたりするのが楽しい。

洋画を見るときは必ずといっていいほど「字幕版」を選ぶ。字幕を目で追うのも大変なときもあるけど、吹き替えだと声によってイメージが変わってしまうときもあるから。「シュレック」の声をハマちゃんがやっていたけど、どうしても本人の顔がちらついてしまうのだ。 テレビで映画見るときはあきらめて見てるけど(笑)

トランスフォーマーは次作が出るのではなかろうかと予想している。このテの映画は次回作が作りやすいような終わり方してるし。

映画好きでよく見るけど、選り好みして見るから好みとしては偏っているのかも。私が見たくて旦那が好みでない場合はレディスデーを利用して昼間の間に一人で見に行ったりするし。トランスフォーマーは盆休みの間の月曜にいったけどこの日はメンズデーで旦那だけが安かった。え?おかーたまが一人で見に行った映画ですか? 「大奥」とか・・・・「ゲゲゲの鬼太郎」とか・・。

そして帰るとこんな方が。

Photo_4 チャー坊・・・・・。おなかの真ん中にファスナーがある・・・?

「ボク、留守番したよ。ごほうびは深夜分加算でよろしくね。焼きササミにミルクつけてね」

盆休みは旦那に撫でてもらえる率も多いが、出かけたりもするのでお留守番率も高いのであった・・・。

お墓参り&旦那実家への帰省の間もちゃんとお留守番できました。・・・・といってもトータルで6~8時間の間だけど。

育ってます

食べて寝て、遊んで暴れて甘えて、生まれながらにこの家にいたかのような顔して日々成長中。お外で過ごした不安な頃はすでに記憶の彼方か・・・・。

Photo 「やんごとなき生まれの可能性かなり高し」

こんなに小さかったミィナも・・・・・。

Photo_2 こんなに大きくなりました。歯の生え変わりもはじまって、体重も少しずつですが増えてきました。

カーテンも上手に登って、そして上手に降りてます(おかーたま、あきらめの境地)人見知りは相変わらず。

「おにぃたんが、りっぱなアメショより、りっぱなタヌキにおなりなさいって言ったの。」・・・・・ミィちゃん、だめよっ、タヌキなんてっ。

Photo_3 「奇跡の子」

スペアタイヤの隙間で高速道路走行のスピードに耐え、瀬戸大橋をわたってやってきた、ちびちびチャトランも・・・・。

Photo_4 「チャー坊」ならぬ「チャー暴」と称されるほどの暴れん坊ぶりの元気な猫に。

ジャンプ力はミィナよりも上。甘えっぷりもミィナより上。食欲もミィナより上。

でも、ミィナおねぇちゃんには一目おいている・・・はず。・・・・チャー坊!!ミィちゃんのご飯横取りするのやめなさいっ!ミィちゃんも黙ってないで怒っていいのよ?

「だって、にぃたんが早く大きくなってりっぱなトラになれって言うんだ。だからボクたくさんご飯食べるんだ」

・・・・・いや、トラより、猫がいいよ、やっぱり。

ゆっくりよく噛んで食べてるミィナは、早食い大食い丸呑み一気食いのチャトランにすぐにお皿に顔をつっこまれてご飯を横取りされる。ご飯の場所を離すんだけど、焼け石に水。  チャトランが順調に体重が増えている理由、ミィナがなかなか体重が増えなかった理由はここにあるのか・・・・orz

最近は、食事中はずっと「見張り」をしてますワタクシ。(笑)おかげでミィちゃん、体重ふえてきました。

Photo_5 ←あいかわらず人気の電動おもちゃ。

た~こさんありがとう♪もみじちゃんありがとう♪

最近は「ドーナツ部分」のコロコロボールをなんとかしようとしてます(笑)

Photo_6 「ワンパクでもいい、たくましく育ってほしい」・・・なんか昔そんなCMありましたね(笑)

暑い男の楽園

暑いです。毎日毎日。言わずにいようと思うけど、つい口に出てしまう言葉。・・・・・・・「暑いっ!!」

それでも、午前中くらいは、とエアコン使わずにがんばってみる。正確に言うと、掃除洗濯などの「通常家事業務」が一段落するまで。買い物は夕方の日没間近になってから(笑)

Photo ←そうするとチャトランののこういう姿が見れる。

「暑いんだよ。まだ掃除おわらないの?」

これが、旦那が休みで家にいるときになると・・・・・うちの「殿様」は二階寝室にて昼過ぎまで(時には夕方まで)寝ていることも稀ではないので、エアコンつけっぱなしの「パラダイス室」ができあがる。涼しいエアコン部屋でグスカピーと寝る旦那もパラダイス、脇チュパ、指チュパを狙うチャトランにとってもパラダイス、寝ているとおきないから、カーテン上っても叱られなくてミィナにとってもパラダイスなのです。

そして、目を覚ました旦那にうまい具合に取り入れば・・・・

Photo_2 「ボク、にぃたんが好きだ。とってもとってもすきなんだ。にぃたんがお休みだとこんなに撫でてもらえるんだ。ママちゃの友達のお局おねぇさんがいってたけど、にぃたんがボクを生んだんだって。ボクもそう思う」

Photo_3 ・・・・・恍惚の表情です。男だけの世界です。誰も邪魔できません。

・・・・・しかし、ワタシは暗闇でこの足とミィナを見間違えたのか・・・今更ながら、ミィちゃん、ごめんよ。

←ゴロゴロMAXのチャトラン

Photo_4 「ん~?別に気にしないわ、アタチ」

そ、そうですか・・よかった・。そうだね、涼しい部屋だと箱入り娘ごっこも涼しくていいね・・・・・。

秋が待ち遠しいね・・・・。

撮ったどーーーーっ!!

・・・・・テイッシュの空箱ができました。しかも二つ。カメラを用意して、リベンジじゃーーーーー!!

Photo

「当然の権利」として飛びこむミィナ姫。

「深窓の令嬢っていうんでしょ?」

あ、窓ですか、そうですか・・・・。

「ちょっとせまいわ」

お嬢様、それは箱のせいではなく、あなたさまに問題があるのでは・・・?

Photo_2 「そうかしら?こんなにくびれてるのに?」

すごいくびれかたですな。まさに「ボン・キュッ・ボン」ですな。というかぁ・・・ミィちゃんよ。出口、間違ってないかい?それでいいのかい?

「いいのっ!!」

あ、いいならいいのよ、別にどこから出てこようとね・・・・・。

Photo_3「えへへ、ボクもがんばる。こうやって顔出すんだよね」

おお、チャー坊、調子いいじゃん。

Photo_4 「ママちゃ、これ、ボクにジャストフィットだと思うよ。」

うん、すっぽり収まってるねぇ・・・。にぃたんが出張中で残念だね、後で写真みせてあげようね。

「ほめてくれるかな」

きっとたくさん褒めてくれるよ。

Photo_5 「じゃあ、ボク、もっとやってみるよ。おヨソの猫だと思ってにぃたんびっくりするかな」

いや、チャー坊、それはないよ、きっと・・・・。

Photo_6 「これでどうだ!!!!」

ロボットねこ、「ニャンボ」完成だそうです。

あ、チャー坊、ミィちゃんの機嫌わるそうだよ。にらんでるよ。逃げなくていいのか?

「こ、これ・・・・うまく歩けないよ・・・」

Photo_7 「いい気になってんじゃないわよっ!!いいかげんに箱かえしなさいよっ!!こっちのもあっちのもアタチの箱よっ!!」

「あぁぁぁぁ~ん ミィねぇちゃん、ご、ごめんなさい~・・・でも もうちょっとかして」

最近のみぃちゃんは譲ってばかりはいません。(笑)でも、根はやさしいのよ、ほんとよ(謎)

しつけは難しい

Photo ←たまごを狙うチャトラン

何回言ってもテーブルの上に乗る。人がなにか食べていると、自分が満腹であっても人の食べ物を付け狙う。しつこく、何回も。

そして、はじめはおとなしいミィナもまねをして上に乗るようになる。

猫ズよ。ジャムちゃんは、ちゃんとおかーたまの横に「正しくおちゃんこ」(注 ビシッとおすわりポーズをすること)で、おこぼれを待ってたりしたもんだよ?

・・・・・・ま、たまに「カツオのたたき」とか、「そうめん」とか盗み食いされたけど・・・・。

Photo_2 「じゃあ、ボクはもっと大物をねらうよっ」

・・・・・・・・ヒモではありません。チャトランが盗んでいるのは おかーたまの昼食の「ざるうどん」です。

・・・・・「そうめん」より「うどん」・・・・確かに太いけどさぁ・・・・・orz

よく、「猫へのしつけは根気よく」と本にも書いてありますが・・・根負けします・・・・・・。

真夜中の・・・・

Photo ジャムと暮らしているころ、私は「細切れ睡眠」が常だった。夜中に数回、ふっと突然目が覚める。ぼーーっとしながらジャムがどこで寝ているか確認し(大抵は私の枕元に置いたかごの中で寝ている)ジャムの体をなでてまた寝る、という繰り返し。

いわば眠りが浅い状態なのかもしれないけれど、ジャムの毛触りを確認するのは精神安定のようなものだった。

ジャムのほうもどうかするとのどをゴロゴロならして答えてくれる。(寝ながらだけど)

「おかぁたん、なぁに? ジャムちゃん、ここで寝てるわよ。」

真夜中の暗闇でおこなわれる、ふたりだけのスキンシップだった。

ジャムを亡くしてから、夜中に目覚めると無性に寂しかった。どこをさがしてもジャムの姿がない。ジャムの気配がないだけでこんなにもちがうものかと呆然とした。

そして今。ミィナとチャトラン、この子猫ズ(もうそろそろ中猫ズだけど)が来てから、ふたたび「細切れ睡眠」の日々がはじまった。でも、スキンシップは・・・・・ない。もっぱら現在地を確認するのみ。暑いせいもあって、それぞれ好き勝手なところで寝ているから、ジャムのときのように必ず近くにいるとはかぎらない。もちろん、枕元で寝ているときもあるけど。

「よらば大樹の陰」を身上とするチャトランは、旦那にくっついて寝たがる。しかし、この「大樹」は寝相がすこぶる悪いときているから、安眠はできないらしい。なので、はじめは旦那にくっつき、そのうち私の足元に移動する場合が多い。

ミィナはどちらかというと「ひとりで寝たいの」のタイプ。冬になったらわからないけど(笑)かごに入ってみたり、ハウスに入ってみたり、箱に入ってみたり、敷いてあるバスタオルの上でのびのびしてみたり。私の足にもたれて寝ているときもあった。

夜中に数回目覚めて所在を確認するけれど、なでたりはしてなかった。

でも、昨夜のこと。例によってフッと目が覚めて、2にゃんずの様子を確認すると・・・・・。 チャトランは私と旦那の間で寝ていた。まさに「川の字」で寝ていたことになる(笑)そしてミィナは、めずらしく旦那の足元のふとんに伸びて寝ている。あれ、めずらしい、ちょっとエアコン効きすぎだったか・・・・?

そう思って、半身を起こし、寝ているミィナの横腹に頬ずりすると・・・

それは旦那のすね毛たっぷりの足だった。

ワタクシ、最近まれに見る脱力感に襲われました・・・・・。

※ミィナは窓際の座布団の上で寝てました。

Photo_2

撮れなかった・・・・・!!

ボックスティッシュを使い切ったので、カバーをはずし、新しいものに代えようとしたとき・・・・。空箱はいつも潰してから捨てるんだけど、いつものようにそうしようと左右両方を開いたとたんに・・・・・

ミィナが箱にアタマを突っ込んだ。

いったい何を考えたのか、いやなにも考えてないから突っ込んだのか・・・。しかし、成長しているミィナは当然途中でストップ。しかたなくズリズリと出てくる。

そしてお約束。やっぱりチャトランも真似をした。

「ねぇちゃんが突っ込んだんだから、ボクだって・・」というところか。胴体部分にちょうど箱がハマって、まるで「ロボットねこ」笑いをこらえつつ、カメラをとりに走る私。

でも、カメラを構えたときには、怒りのミィナによって箱は破壊され、シャッターチャンスを逃してしまった・・・・・。

Photo 新しいエアコンつきました。古いエアコンは取り外し後、運ばれていく前にお酒と塩を少しずつかけて、長年の労をねぎらいました。20年働いてくれたんだものね。

新しいものはさすがに音も静かで、猫たちも気持ちよさげに昼寝を・・・・・・ん?

チャー坊よ。見えてますよ。「銀杏」が(爆) ミィちゃんはちゃんとしっぽつかって隠してますよ?

Photo_3 「ふぁぁぁぁい・・・・・・むにゃむにゃ・・・これでいいでちゅか~ ボク、銀杏ってたべたことないよ・・・・・・」

「ぎんなん」はね、もう少ししたら「さくらんぼ」になって刈り取りされるんだよ~

・・・・・・・聞いてないか(笑)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »