« 穴があっても健康? | トップページ | その距離3m »

今だから言える話

みなさま、ワタクシの「お手手」を心配してくださってありがとうございます。病気話で暗くなってしまっては申し訳ないので、今だから言っちゃう話をお披露目します。(ユルセ、旦那っ! 笑)

チャトランが車のスペアタイヤ部分に入り込んでいて・・・というのはもうご存知の方もおおいですが・・・。

「車体の下のスペアタイヤの隙間に猫がいる」と第一報の電話があってから約3時間後。内心、「車から出されてもすぐ逃げてっちゃうだろうなぁ」と思う反面、「まてよ・・・・連れて帰ってくるか・・?もしかして」とも考えていたところ・・・・・。

「救助(捕獲?)成功」

と、旦那から電話。んで、猫、どうした?逃げた?と聞くと・・・・「逃げてないよ。おびえてるのかしらんけど、じっとして動かないんだよ。どうするか、このまま置いてくか?」

時間は午前1時近い。高速のサービスエリアなんて、そりゃ時々野良猫をみかけることもあるけど・・・。生きていくには厳しい場所だ。危険も多い。2日前にミィナを拾ったばかりなので、子猫用品はそろっているし・・・。なので、連れて帰っておいでよ、と。

で、どんな猫なの?かなりちっちゃい?

「小さいよ。手に乗るくらいだよ。でも、毛はジャムみたいにふわふわしてないなぁ」

・・・・・そっか、この人にとってファーストにゃんこのジャムが猫の基準なのか・・・(笑) 

2 ←ジャムちゃん。種類は「洋猫雑種」でした。

で?毛色とかはどんなの?

「三毛猫だよ」

ほーーっ、三毛さんね、じゃあきっと女の子だな、ミィナも(当時はまだアメショちゃんとよんでいたけど)女の子だから、おとなしくていいかも。  そして、明け方四時、ペットボトルの空き箱に入れられて連れてこられた子猫は・・・・・

「思いっきり茶トラじゃん。しかも男の子じゃん」          「えっ、これ三毛っていうんじゃないの?」

下あごのあたりは白いものの、あとは茶トラ一色。これのどこをみて「三毛」なのか・・・  雌雄の識別は子猫を見慣れていない人にはわかりにくかろうが・・・・。             ああ、猫知らずもここに極まれり・・・。

Photo_2

「にいたんは、ボクのどこを見て三毛って思ったんだろう・・・・謎だ・・・・でも、間違いを指摘すると傷つくから、黙っててあげようね、ってママちゃが言うんだ」

←保護して翌日くらいのチャトラン

あ、今はちゃんと「茶トラ」と認識しております。あまりの展開に気が動転して言いまつがいしただけでしょうか(笑)

« 穴があっても健康? | トップページ | その距離3m »

チャトラン」カテゴリの記事

コメント

ダンナさま、ほのぼのエピソードの巻、ですな~~。
なんだか心が温まりました♪
でもでも、白+薄茶+濃茶で、ねっ、三毛ですよ!ねっ!(苦?)

ちなみにうちのダンナはキジ白の楽助を「牛柄」と表現しました。
極めて斬新な発想です。

♪トモプさん♪
フォローありがとうございます(笑)ほほ~楽助くんは「牛柄」・・・・?えーーと、どうやってフォローすればいいでしょうか。(汗)猫を知らない人には「キジ」と言っても鳥の雉(キジ)を連想するでしょうなぁ。
旦那は最近やっと「サビ猫」と三毛猫の違いを覚えました。進化しています。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215464/16303039

この記事へのトラックバック一覧です: 今だから言える話:

« 穴があっても健康? | トップページ | その距離3m »