« チェリーとマルガリータ | トップページ | おうちがいちばん »

猫たちがいない夜

前夜から絶食して、今日は手術日。そうとは知らない猫たちは朝からパワー全開で走り回る。やはりお腹はすくようで、缶詰のストック場所を覗いたり、カリカリの置いてあるところに登ってみたりするものの、朝は遊ぶことに忙しいようだ。

11時頃までに連れてくるように言われていたので、10時半過ぎに家を出る。(動物病院は自転車で15分くらい)遊びの延長と思ったのか、面白がって洗濯ネットにもぐりこんだ猫たちは、キャリーに入れられて「・・・・ん?なんかヘンだ」という顔をしながらも黙っている。自転車で走り出してしばらくするとミィナがなきだした。「キュ~」というか細い声で。

「ごめんよ、具合が悪いわけじゃないのにね。でも、こればかりは一緒に暮らすために必要なんだよ、わかってね」・・・・・・ミィナは「キュ~」といかいわなかった。

病院について受付をすませ、迎えの時間などを打ち合わせ。チャトランのウイルスチェックも依頼する。午後になってから手術だけど、終わったら電話してくれるという。キャリーごと、助手のおねえさんに渡そうとしたとき・・・

「にゃおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~んっ」

「に゛ゃぎゃおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~んっ」

待合室の犬たちも思わず振り返る大音声でミィナとチャトランがないた。「置いていかれる」その心細さと不安の大きさ。キャリーの扉越しに言い聞かせる。明日の夕方にはお迎えにくるよ、にいたんもくるよ、大丈夫だよ・・・。

一人家に戻って、所在無くすごす。猫たちお気に入りのハンモックを洗濯したり、ハウスも日に当ててふかふかにしてやったり。

午後になって、2時になり、3時になっても電話がかかってこない・・・・。ジリジリしながら携帯を見つめる。夕方は4時から診察だから、いい加減手術が終わらないと診察時間になってしまうのに・・・・と思っていたら。4時すぎにようやく電話が。

「ミィナちゃん、チャトランくんの手術なんですが、まだすんでいないんです」

えっ、なに、なんかあったの、なんか問題でも?

「実は交通事故の急患が入ってしまって・・・・」

ぷしゅ~と空気の抜けるおかーたま。それはしかたない、そんなときはお互い様、ジャム嬢だって容態の悪いとき順番無視して早く見てもらったし。

「手術は夜に行いますから。もちろん終わったら電話しますから。お迎えは予定通りで結構ですから」

そして夜の9時過ぎ、ようやく電話が。2にゃんとも無事に手術は終わった。チャトランの血液検査も猫エイズ、白血病ともにマイナス。

お局さまも心配してくれたけど、猫たちがいない夜はしんとして、静かで・・・・。外から聞こえる虫の音ばかり。さっきは旦那がブートキャンプを二階でやっていてギシギシと響いていたけど。旦那は旦那で、いつもパソコンに向かうと「抱っこせれ」「なでれ」とやってくるチャトランがいないのでなんとなくおちつかないようだ。本人は「ぜんぜん平気」なんていってるけど。

夜ってこんなに長かったっけ・・・・・。

Photo

旦那は「明日は赤飯だ」という。

・・・・・なんか違うんでないかい?

« チェリーとマルガリータ | トップページ | おうちがいちばん »

猫たち」カテゴリの記事

コメント

にゃんずのいない夜はそれはそれは淋しい事とお察しします。
心配だよね、お迎えに行って元気な顔見るまで。
きっとしばらくご立腹かしら、二人とも。
でも二人一緒だから、心強いね。
明日、元気なお顔を見れるのを私も待ちわびております。

♪た~こさん♪
ありがとうございます。様々な病気で入院している猫さんたちには笑われてしまいそうですが。避妊去勢は病気ではないし、たった一泊のことなんですけどね。やっぱり手術は無事終わったといわれても、顔を見て家に連れて帰ってくるまでは安心できないです。入院のケージも「せめて手術前まではなるべく一緒にしておいてやって」とお願いしてきたのですが、どうでしょうねぇ。さぁ、赤飯炊こう(笑)

ミィナさん、チャトランさん、そろそろ戻られたでしょうか?
ネコがいない夜、あたしも何していいやら分からないと思います。
楽助さんの手術もそう遠い未来の話ではないので、
なんだかドキドキしてきた・・・
とにもかくにもニャンズの元気な顔を早く拝めますように!

ちびっ子ギャング達はもうお家?
無事、手術も済んで一安心だね。うちなんか、いっぱい居ても、一人居ないだけで、めっちゃ淋しいのに、おかーたまのトコ、二人しかいなくて、二人とも入院なんて、泣いてなかった?淋しくて。おとーたまも本当はウルウルしてたりしてね。(涙ぐみながら、ブートキャンプ!!~(^◇^)/ぎゃはは)

手術が無事に終わって良かった~若いとはいえ帰ってくるまで心配だよね。
2ニャンズ一緒だから心強いだろうね。
家も2ニャンズ一緒に病院へ行くと安心してるみたいだよ。
2ニャンが居ないと、すんごい静かじゃない?騒がしい毎日に早く戻りますように(^_-)

♪トモプさん♪
ありがとうございます。無事退院しました。帰ってきて、ご飯食べてお水飲んでトイレ行って甘えて・・。
傷跡は痛々しいですが、猫たちわりとケロッとしているのには安心しました。

♪とま☆彡さん♪
はい、ちびっこギャングたちは健在でした。(笑)
「猫がいること」に慣れてしまっているといないと落ち着かないんですよね。旦那が「ウルウル・ブートキャンプむをしていたかどうかは謎です(笑)

♪みみ母さん♪
医師の説明では約90%のコは元通りの元気になるのに3~4日かかるらしいですが・・・。
猫ズ、入院まえとあまり変わらないんですけど・・・
ということとはこのコらは残りの10%のほうと思われ・・・orz
うきゃきゃ~と階段を滑空していくのは今日退院したチャトランではないのか・・アルミボールを転がして廊下を走っていくのはミィナじゃないのか・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェリーとマルガリータ | トップページ | おうちがいちばん »