« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

こまったちゃん

猫ズのトイレは階段下に二つ設置してある。もちろんジャム嬢のお古のトイレケースだけど。砂は鉱物系を愛用。いわゆる「固まる砂」というやつ。自転車で買ってかえるのはちょっと重くて大変だけど、近所のホームセンターで安価で買えるのでもっぱらコレ。

ミィナははじめの「計画的失敗」(?)以外、ちゃんとトイレでするし、チャトランも砂のトイレはすぐ覚えた。

でも、ミィナちゃん、ちょっとこまった癖が・・・・

お○っこの後、砂かけしないのでございます・・・。(ウ○チの後はさすがに砂かけするけど) チャトランはどちらのときも懇切丁寧に砂かけするんですけどね・・・。ええ、かけなかったミィナのお○っこにまで砂かけして埋めてくれるんですけどね・・・←これが気づくのが遅くなった原因だ(笑)

トイレでした後だし、実害はないんですが・・・・なんで砂かけしないんだろう・・・ご飯が気に入らないと砂かけのしぐさするのに・・・

Photo ミィちゃんよ。ダレに教わったの?

チャー坊よ。ミィちゃんのトイレの後に走ってって、埋めてあげるの止めなさい。なんか見てるとカナシイよ・・・。

「にぃたんはまた出張に行った。ボクはつまんないのだ」

「最近、ヤモちゃん出てこないの。アタチ、つまんない」

ママちゃの話をきいてないね・・・・・orz

それいけチャーボー

食欲の秋ですね。猫にも人にも。

最近特になんでも食べたがるチャトラン。炊飯器の釜に残ったご飯粒も食べ、(いくらおカマになったからって・・) 買ってきたばかりのドライフードの袋にかじりつき (まだ封開けてないのに・・・それでも匂うのか?) 旦那が捨てたソーセージのラッピング部分を狙ってゴミ箱を漁る・・・・orz

夕食時のテーブルの上を狙うのはもちろん。なので夫婦二人で皿をガードしながら食べるので、なんだか不思議な動きをしながらの食事となる。

夕べは旦那がつまみ代わりに食べていた「おっ○っ○」(お菓子) おっぱっぴーではないわよ~ を盗み食い (でも未遂に終わりました 笑)

Photo 「あっ、またボクに内緒でなんだかいい匂いのものたべようとしてるねっ!!」

「あっ、これはママちゃのおやつで、チャーボーが食べると毒なんだよ、ほんとだよ」

Photo_2  「うそだっ!! ボクわかるんだ!! こうしてやるっ!!」

「あっ、あっ、ああああぁぁぁぁぁぁぁぁ~   orz 」

Photo_3 「へへっ、おいしかったよ。いいじゃん、ママちゃの分、のこってるよ。スポンジだけね」

・・・・というやりとりがあったかとどうかは不明ですが・・・・

外に連れて出るとビビリンのくせに、家の中じゃ暴君なんだから・・・。

猫を推理する

Photo 最近、家のまわりうろつくようになったニューフェイス。

網戸越しなのでちょっと見にくいですが、体格のよい茶白の雄です。走り去る後ろ姿から確認すると、玉有くん。基本的には私の姿を見ると逃げますが、1メートルくらいまで接近して観察したこともあります。目視の限りでは、毛並みもよく、薄汚れていることもありません。首輪こそしていないものの、毛艶も悪くないし、痩せてもいないし、ケンカ傷もないようです。

のらにゃんなんかは後頭部なんかケンカ傷でハゲとかひっかき傷とかあったりするのに。しかも後頭部は自分で舐められないので傷の直りが遅かったりする。

実はこのコは、私の家から丁度裏通りにあたる通学路付近で時々見かけていました。その頃はうちには「トラさん」がご飯もらいに来ていたので、単純に縄張りわけが出来ていて、表通りがわには出てこないんだな、なんて思ってました。

ところがこの夏の終わりあたりから時々見かけるようになり。のらにゃんとうなりあいすることも。

Photo_3

←外でブランチ中のとらさんの姿。ミルク大好きでした。ただいま旅に出ております・・・・・・。

Photo_5 のらにゃん。まだ力不足か。

ありた(ま)くんは外飼いのねこさんかなぁ、と推測しているのですが。

でも、旅に出る前のトラさんも毛並みツヤツヤ、傷なし、体格ふっくら、たまありくんだったので、一概には言えないか・・・。

そして、ありた(ま)くんを見た猫ズの反応は。

Photo_6 ←これはありた(ま)くんがきているときではありません。

ミィナはまるっきり関心なし。まさにアウトオブ眼中。

チャトランは「う゛~!!」とうなって威嚇しました。のらにゃんに対してはしないことです。

そしておかーたまは。

「いいかい、****さんち(つけもの石くんの家 猫の敵~と常に怨波を送ってます)と####さんち(野良猫を見ると追い掛け回す人 でも触れない 猫から向かってこられると逃げる人) には近寄っちゃいけないよ」

と、言い聞かせております。おほほほほほほほほ。

出番ですか?

会社の天井裏にねずみがいるそうだ。トコトコと音がするそうだ。あ、ぱいなぽーさんちの「孤高のヒットマン」 ねずみちゃんではありませんよ、みなさん。

天然純正のねずみです、ネズミ。来年の干支のねずみ。←くどい?

会社にある飲食物といえば、給湯室のお茶やコーヒーの類と、アメ玉くらい。なので食べ物を狙ってというよりショールームと事務所部分をあわせるとかなりな広さになる天井裏を(なにしろ以前はペットショップだった) 運動場兼住居として使用しているもよう。

しかし、飲食店ではないにしろ、やはりネズミの住みかとなるのはよろしくないようで。当家に猫がいるのは周知の事実。旦那の業務机のパソコンの壁紙はジャム嬢の肖像画、出張の際に持ち歩くノートパソコンの壁紙ネコでっせい! サエコポンちのタラネンコさんの勇姿。気合の入った巻き舌はすばらしいとお気に入りです。なので会社の同僚から

「猫、かしてくれ」

と、本気とも冗談ともとれることを言われたとかで。

猫ズに出動要請です。

でも、天然ネズミ、捕ったことないんだけどな・・・・。ゼンマイマウスやウサギ毛マウスでの模擬訓練ばっかりでさ。(笑)

まあ、捕らなくても猫の鳴き声とかするだけでネズミはいなくなるといいますがね・・・。

Photo イケイケなようで実はビビリのチャトランにそんな大役(?)できるのかしら・・・。

果たして本格的出動の日は来るのでしょうか(笑)

Photoミィナにいたっては、じっと見ているだけかもしれない・・。

いや、この前のヤモちゃんへの執着からしたら結構イケるかも?

その前にネズミさんが引っ越してくれたらいいけどね・・・。

ニャッパ、きらすべからず

「ニャッパ」と呼んでいる、一般的な「ねこ草」を室内に置くようにしていた。鉢は4つ用意し、2つずつローテーションで常に草があるように交互に種をまいて栽培していた。・・・・・がっ!!!

ここ最近は涼しくなって気温も低くなってきたせいで、夏のときほど早く発芽成長してくれない。タイミングがずれ、とうとうねこ草のない状態が3~4日続いた。もう少し伸びたら食べさせるのにちょうどいいのになぁ、と思っていたのだけど・・・。

夕方から夜にかけて、留守番させている間に・・・・・・吐いた。

フードと、水、吐いた場所の数からして二回くらい吐いたと思われる。当の猫ズは割りと平気な顔をしているので、どっちか決めかねていた。・・・・・・ミィナか? チャトランか?・・・・・

今まで、ねこ草を食べても吐いたりしなかった。ミィナははじめてのワクチン接種のあと、水を一回吐いただけ。チャトランは「吐き経験」は3回くらいあるがいずれも一気食いによる食べすぎケーで、吐いた後もケロッとしてウッキャッキャ~と遊んでいた。

どちらか、というのはすぐにわかった。

Photo

←このコ。

その後また水様のものを吐いたから。まだ早いと思っていた、爪楊枝くらいしか葉が出てない鉢をそれでも置いてみるとガジガジと食べる。

おかーたま、猛反省。

チャトランもやってきて、2にゃんでムシャムシャ。でも葉が細いから、満足のいくはずもない。翌日、急いでひとつねこ草を買ってきた。とりあえずひとつあれば自家栽培のものが成長するまでの間つなぎになる。

午前中はウトウト寝ていたが夕方からまた嘔吐勃発。夜には少し下痢まで。一回だけだけど。これだけ吐く回数が多いのはちょっとおかしい。夜、寝る前からは絶食に踏み切った。

Photo_3 ←付き合って絶食させられたチャトラン

朝になっても水を飲んで5~10分すると吐く。

病院行き決定。

キャリーに入れられて出かける私とミィナをチャトランはなんともいえない顔で見送った。

検便の結果、「胃腸炎」(?) 腸内の悪玉菌が増加、活発になっているんですと。ミィナは保護当時も寄生虫もいないのに下痢していて、このときも「悪玉菌が多いから」といわれたけど、これとはまた別物だそうで。保護時にいたのはちょっと特殊なものだったそう。

今回のは通常腸内にいるものだけど、それが多くなってしかも元気すぎるくらい元気なんだと。推測でしかないけど、毛玉あるいは胸焼けなどで草を食べたものの、うまく吐きだすか消化できずに腸内の動きが鈍くなりその結果増加したかも、と。

悪いほうで考えるとなにか腸に問題があって、ということもあるかもしれないけれど、これは麻酔をして内視鏡などで調べないとわからないのだそうだ。そう聞いておもわず顔が引きつるおかーたまに先生は「最悪の場合の話です、めったにないことです」とあわてて付け加えた。

今日は注射(3本も!!) 夜まで絶食、絶飲。明日から朝晩二回の飲み薬を一週間。これでよくなれば問題なし。途中でよくなっても薬はやめずに一週間ちゃんと飲ませる。万が一、嘔吐が続くようなら・・・・・・点滴。

朝、9時半過ぎに病院にいったのに、帰ってきたらお昼でした・・・・orz

先ほど、ご飯を食べました。30分くらいたったけど、今のところ吐く様子はなし。注射が効いているかもしれないけど。

Photo_4

はじめてひとりぼっちでお留守番しました、ボク。お昼ごはんはミィねぇちゃんに内緒でもらって、その後の夜までの絶食絶飲はつきあいました。

・・・・・・寝てたんだけどさ。

このまま収まってくれますように・・・・次のニャッパをさっそく植えておこう・・・・。

後ろ向きでぬるま湯

注・おふろの話ではありません

右手首の痛みから通院となって、大学病院に回され、財前教授の判断でMRI検査となり、結果も出ました。ええ、もう一ヶ月も前の話ですけど(笑)

予約時間の30分前には病院入り。時間通りにはいかないだろうな、少しくらい待ち時間はあるだろうなとは思っていましたが

予約時間をさらに越えて2時間以上待った。

Photo

トータルで3時間近く待ってました。予約の意味なし。これならいっそのこと受付順としてくれたほうが諦めもつくというものを。インフォームドコンセントをしっかりしていますといえば聞こえはいいけど・・・。どうやら予約時間を10分刻みで設定しているもよう。

絶対無理。

そもそも、紹介状もっての患者がほとんど。一般のいわゆる「とびこみ」の診察の場合は紹介状料金ともおもわれる金額を払ってからの診察となるくらい。一人当たりの診察時間が説明も含めて10分というのはありえないと言ってもいいくらい。診察する医師が何人いようと、だ。

待ち時間の長さだけでキレかけて、キレているのにも疲れ果てて判断力も鈍くなったあたりで名前を呼ばれる。

診察室で、医師と助手か?インターンか?という若いにーちゃんがMRI画像前にしてボソボソ。おかーたまはまた血流が逆流しかかり←おおげさ(笑)右のコメカミがピクピクと痙攣をはじめる。

画像を指差しながら説明してくれるが、結局骨内の腫瘍は水様性もしくはゼリー状と特定はつかず。病名は骨膿症もしくはキーンベック病もしくは骨内ガングリオンとこれまた特定できず。

あ゛~?なんじゃそら~?

Photo_2

いずれの病名に関してもあらかじめネット上からの知識があったので←いやな患者である(笑) なにをいまさら、という感じで。

「特定できないということは、治療法はどうなるのですか。共通の薬療法はあるのですか。あるいは共通の外科処置もしくは手術となるのですか。ガングリオンは表皮に出来るものは多く聞きますが骨内に発生するものもあるのですか。このまま経過観察として放置した場合、自壊という可能性も高いですか。表皮上のガングリオンは自壊しても問題なしといわれますが骨内の場合はどうですか。水溶性の場合は吸収されるのでしょうが、再発の可能性もあるのですか。骨への影響はどうですか」

怒涛の質問を浴びせるワシ←ダレ?(笑) びびって一歩ひく助手。

「治療法に関しては、細胞を採取し、検査してみないとわかりません」

なんじゃとぉぉぉぉぉぉ~?

つまり、局所麻酔(右脇から腕全体らしい)ののち、切開し、骨に穴をあけて膿胞部分の細胞採取・・・となる。これはもう手術扱い。手術室でやる。入院の必要はなく、日帰りできるが。

どうせ穴まであけるなら、いっそのこと切除して人工骨で埋めるなり、処置ができるのでは、と聞いたがまずは細胞検査をしてからでないと処置法、術式も決められないと。その人工骨埋没法に関しても、今まで症例としてあげられてはいるが、はっきり言ってよい経過報告はされていないから・・・と。

なんとも後ろ向きでぬるい結果と相成りました。膿胞に関しても「自壊しても、問題ないです」というのみ。

だめだ、財前教授

まずは一ヵ月後にレントゲンで腫瘍の大きさが変わっていないか見ましょう・・・だってよ。一ヶ月で成長するとは思えないがねぇ。最初の個人病院からMRI撮影までに一ヶ月は要していますぜ?経過としてみるなら3ヶ月おくのが妥当じゃね?

と思ったけど、黙っててあげた。2

確かに、手術するのはいやだけどさぁ、こののらりくらりとした診察はどうなのよ? 

あげく私が 「月状骨内の腫瘍の場合に 場所でいうと豆状骨あたりになるこの部分に痛みがくるものなんですか」との問いに

「わかりません。腱鞘炎にでもなってるんじゃないですか」

使えね~!!!!!!!!

とにかく、医師の口ぶりからは 手術はもちろん、細胞検査もする気はなさそう。夜、旦那にまくし立て話しながら、次回レントゲンだけは行ってみるけれど、その後は放置すると宣言。

どこかにいませんかね、朝○龍○郎 ←朝青龍ではありません(笑)Photo_3

「お疲れさん。長いお留守番もあと一回だけってことだよね」

*楽しい話題ではないのですでに使用済みではありますが猫ズの画像をちりばめてみました(笑)

ひそかな悲鳴

Photo 旦那は「ミィナは俺に懐いてくれない」とよくぼやくが、仕事から帰ってきて、どんなに遅くでも、どんなに眠くても、寝床から起きて玄関で出迎えるのはミィナである。チャー坊は自分が眠いとおきてこない。寝そべったまま、半目をあけて旦那を見るだけのこともある。ミィナはミィナなりに愛想よくしているつもりなんじゃないかとおもう。

でも、旦那はミィナが私にするように、膝に乗って甘えたりしてほしいらしい。

その日は休みだった。前夜、今年漬けた梅酒がいい具合の色になってきたので、ためしに飲んでみると数年ぶりに作ったわりにはいい出来だった。梅のかおりも残って、おお、これはイケるぞ~とそのまま二人でロックで飲んだ。

翌日が休みというのもあって、やれチューハイだ日本酒だ、と 猫をつまみに(猫の話をつまみに )遅くまでダラダラと飲んだ←飲んべえ夫婦 さすがに酔ったね~などといいつつ、朝寝坊できるように猫たちのカリカリをいつもより多めにお皿に出し、ミルクも出しておいて布団に入った。朝晩は肌寒いくらいになってきたので猫たちの起床も若干遅め。ご飯と水があれば自分たちでトイレにいってご飯を食べ、2にゃんで遊んですごす。10時くらいまでは寝坊できるぞ~と考えていたのに・・・。

早朝の電話でたたき起こされる。電話は一階にある。寝室は二階。はじめはシカトした。(笑)でも、二回、三回と執拗にかかってくる。4回目にとうとう旦那がキレぎみに出た。それは怒るわけにはいかない相手で、そして電話の内容はどうでもいいようなことであった。少なくとも早朝に何度もかけなくてはいけない用件ではないようだ。

しかたなく、私も起きた。7時30分をまわったところであった。結局、私はそのまま洗濯にかかり、旦那は自分の部屋(通称ガンプラ部屋)でビデオを見ていた。猫たちは「監視つきのみ入室可」のガンプラ部屋の扉が開いたので大喜びで入っていった。大抵はミィナが窓から外をながめ、チャトランが旦那の膝を占領する・・・という感じなのだが・・。

Photo_2

その日はめずらしく、ミィナが背伸びして旦那のひざに前足をかけ、「乗っていい?」と顔を覗きこんだそうだ。旦那が手を出しても逃げずに(いつもならそこで逃げてしまう)抱っこされてひざにのせてもらい、ひざの上ですぐ丸くなったんだそう。

「すご~く うれしかった」

なのに15分後、旦那を悲劇が襲う←おおげさ(笑)

「グ~ルルルルルルル」

ミィナの喉の音ではありません。もちろんチャトランでもありません。

旦那のお腹の音だ・・。

「ウッ、と・・・トイレ・・・・・トイレいきたい・・・」

でも、ひざの上にはせっかくきてくれたミィナがスヤスヤときもちよさそうに寝ている・・。

葛藤する旦那。でも、生理現象には勝てません。

「お~い」

なんとかしてもらおうと、でもミィナを起こさないように小声で階下にいる私を呼んだそうだ。はじめに気づいたのはチャトランで(笑) 「なんだよ、ミィねぇちゃんが膝にいるじゃんか」と行ってしまったそうだ。(笑)

たまたま、猫たちの様子見にあがっていったから私も気づいたものの、そのままだったら「しかたないからミィナ抱き上げて下に行くつもりだった」と旦那。

もちろん、トイレの後ミィナは膝に乗りませんでした・・・・。

Photo_3  

「せっかくお膝でねてあげたのに・・・・」

←心霊写真より怖い、ミィナの白目

どこだって猫の場所

キャットタワーはおいてない拙宅。なので最近はもっぱらパソコンラックが猫たちの「登り場」と化している(泣) アダプターなどが熱をもってて暖かかったりするのか・・・。

ノートパソコンと外付けのハードディスクには念のため、カバーをかけてある。猫毛がつくし、なにより・・・・(爆)

Photo 「ママちゃ、何が言いたいのかさっぱりわかんないわ。カバーかかってるんならミィちゃんたちが乗ったっていいんでしょ?なんか問題あるわけ?」

「ボク・・・眠いんだ。どうせ敷くならもっと暖かいもの敷いてくれればいいのに・・・」

ミィちゃんよ。アナタは一度パソコンラックでおしっこしちゃったのよ? 正確に言うと上のプリンターのカバーのところでおしっこしちゃって、そのしずくがパソコンにもかかってパソコンはイっちゃったのよ?一回だけだけどね。

Photo_2 「え~? ミィちゃん、そんなこと覚えてないわ。」

「ベビちゃんのときはおもらししてもいいんだって。ニンゲンのコドモもおもらしするんだって。一回だけならいいんじゃね? ま、ボクはしなかったけどね。・・・・・ZZZZzzzzzzz」

Photo_3 「なぁんだ、じゃあいいんじゃない。ママちゃだってコドモのときにおもらししんたじゃないのぉ? 忘れてたんでしょお? ミィちゃんも忘れようっと。」

「ZZZZZzzzzzzz・・・・・・」

ママちゃがコドモのとき・・・・? ん~ そんな昔の話、覚えてないのぅ・・・。いやしかし、「おねしょ」とかしたのかしら・・・。

チャー坊よ。フ○パンのポイント集めて、ミッフィーのひざ掛け毛布もらうまでもう少しまっておくれ(笑)ジャム嬢が使ってたのもあるけど、洗い替えもいるし、なにより朝はパンだから、地道に貯めてるからね・・・。

バにゃんスが大切さ

チャトランの「にぃたん好き」はもう有名(?)ですが・・・。旦那が自分の部屋(通称ガンプラ部屋)に行くと、大急ぎで後を追い、当然のように自分も居座ります。ミィナも部屋に入っていくけど彼女の場合はもっぱら窓から外を見るためのようで・・・。

たいてい1時間ほどすると旦那がチャトランをつれて降りてきます。ある日はこんな格好で・・・・

Photo   

旦那の肩に乗ってます。のってるというかまたがっているというか・・・。しかもこのとき、手はグーパーしてます。

Photo_2 後ろから見るとこんな。お腹だけで乗ってます。足をひっかけて踏ん張っているのかと思えば・・・。

確かに元々子猫のときから「肩乗り」してたけど・・・・。

いつもなら「なんとかしてくれ」といって連れて来る旦那ですがこの時だけはちょっとうれしかったらしくて自慢するために降りてきたらしい(笑)

後日、私も同じように肩に乗せてみたけど、足のツメを引っ掛けて安定させてます。やっぱり肩幅の違い?

ターゲット

Photo_2 夕飯のしたくはいつも「監督」付き。(笑) カントクというか、「なにかもらえるかも」の期待からなのか・・・ 出窓部分に置いてあるレンジの上が見晴らしスポットです。おかーたまの手元がよく見えるそうです。

でも、チャトランはちょっと眠いみたい・・・。

Photo_3ミィナがなにか発見。そうです、この台所の窓の外にはほぼ毎日夜勤に励む(?)ナニモノかがいるのです・・・。

Photo_4  ・・・・・ヤモリくんです。呼び名は「ヤモちゃん」です。ガラスの向こう側なので姿はみえても手は出せません。ガラス戸や網戸によってくる小さな虫くんを食べてくれてます。深夜業務にも励んでくれます。

Photo_5

どうにもヤモちゃんが気になるミィナ。白いものがペタペタとガラスの上を移動するのを目で追ってます。・・・・・チャー坊はまるっきり無関心。

Photo_6 ミィちゃんは「んんんん~」となきながら(にゃーとはいわない)手をだしてみたりしますが何よりガラス越し。

ガラス越しにヤモちゃんの仕事ぶり(?)が見えます。パクッとハヤワザです。ほぼ丸呑みで食べちゃうところも見えます。お腹側は真っ白だけど背中の模様とかどんなんだろうと思います。

ミィちゃん、よかったね、楽しみが(?)ひとつ増えたね・・・・。

安心できる場所

Photo ども、チャトランです。

ボク、ココが好きです。お手手、カクッてなってるけど寝てます。もちろん大好きなにぃたんのにおいがします。にぃたんの傍は安心です。でも寝返り打つとぺちゃんこにされちゃうから、緊張もします。はじめから安全なトコで寝ればいいのにってママちゃが言うけど、ここが好きです。

Photo_2それにね、うまくいけばこんなふうに寝てもらえるんだ。にぃたん、あったかいよ。これから寒くなったらもっとくっついて寝るんだ、ボク。

Photo_3 にいたんが帰ってきたら、お風呂場の前に待機する。そしてシャツもらうんだ。ミィねえちゃんと一緒にシャツの検査だよ。

ママちゃはそのあとボクたちを抱っこして「・・・・・シャツのにおいがする」って笑うよ。

Photo_4 ブログににぃたんが登場すると「恥ずかしい」って言うから、この日記はすぐ流れていっちゃうよ。場合によっては消されるかも。

見れたアナタはラッキーかも(笑)

おかーたま、風邪を引きました。痰がからんでつらいです。声はかれてハスキーボイスになりました。いつもの高い声で猫たちを呼べないので、へんな顔されます。声のトーンとしては中村○緒系です。今日病院行きました。「風邪なんぞひいていられない、早く直りたいから即効性のありそうな注射を打て」と無理難題(?)を医師に並べ立てて打ってもらいました(笑) でも、風邪引いたのがワタシでよかった猫ズでなくて・・・・と思ったけど、これは旦那には黙っておこう・・・(笑)

脱走

朝。洗濯などしている間、ミィナとチャトランは二階の窓際から外をながめてすごす・・・というのがいつもの風景。ベランダ側なので時々のらにゃも日向ぼっこに来る。

のらにゃは ブロック塀→隣家(空き家)の物置の屋根→ベランダ という経路を使っているらしい。なので、ベランダから物置の屋根に飛び降りたときは ドン、と音がする。

今日も今日とて、二階で静かに外見てるみたいだなぁ、と思っていたら、ドン、と音がした。あれ?のらにゃ、来てたのか・・・?と見に行ったら・・・・。

あ、あ、網戸が開いてる~ぅぅぅぅぅぅぅぅ~!!!!!!

10センチほど網戸が開いてるっ!!そして猫ズの姿はなし。

ぎゃあぁぁぁ~ うちのコ、どこ~ どこいった~

ドッと噴出する冷や汗。

チャトランは件の物置の屋根に飛び降りていた。コイツ、いつものらにゃが来るときを見ているから学習しよってからに、逆ルートをたどろうというわけか・・・。 で、ミィナは?ミィちゃんはどこーーーーーー!!!!

屋根にもいない。物置にもいない。もっと下におりてしまったのか?心臓バクバク。と・・・・・。ベランダの、すのこの下。黒い上に日陰だからよけいにミィナには「保護色」どうにもこうにも出てこない。頭こそ出せないけど(すのこだから)モグラのように下をゴソゴソ動き回る。ワイヤーハンガーを隙間に差し込んでなんとか追いたて、首筋をつかんだ。普段は猫の首をつかむことはしないようにしているけど、そうも言っていられない。

「キュ~」という泣き声をあげるミィナをなんとか捕獲。旦那の部屋に隔離。そしてチャトランは・・・・・。

物置の屋根からすぐ脇の金木犀の木に移動。

ああ、やめておくれ~ その先は絶対に立ち入りたくない家なんだよぅ~(泣)

精神状態が尋常でない方がお住まいの家です

手近にあったスーパーの袋をつかんで外に出る。サンダルのまま、おかーたまは塀によじ登り物置の屋根にニュッと顔を出した。

「ほら~チャー坊~こっちおいで~」と袋をガサゴソ。

音につられて、匂いを嗅ぎにくるチャーボー←この辺がやっぱり単純(笑)そしてやっぱり首筋をガッとつかんで、塀から飛び降り一目散に家の中に。

あぁぁぁぁ~えがった~ なんとか確保した~

これ以上敷地外に出ていたり、2にゃん別々の場所にいってたりしたらもっと困難だったかも・・・・。ああ、寿命が縮まったよぅぅぅ~←大げさ?(笑)

網戸ストッパー、買ってきてつけなくちゃ・・・油断ならんわ、コイツら・・・・。

Photo もぅ~ ママちゃ、大騒ぎしちゃってさぁ・・。しかもその後、ボクたちの顔と足、おしぼりで拭いてくれたけどあれホントは雑巾なんだよ。いいけどさ。

ママちゃは心臓弱いんです。お願いだからお外はヤメテ。

Photo_4  

お外、おもしろそうだったのに・・・・・・つまんないわ。

ダメよっ、絶対だめ。「こわい」や「あぶない」がいっぱいなのよっ

のらにゃおにいさんはいつもお外にいるのに・・・・。

教えてください

偶然にも拾うことができた、ミィナとチャトランの乳歯。もちろん全部の歯ではありませんが・・・。拾ってその都度さっと水洗いして乾かしてから、小さいプラケースに分けて入れていましたが・・。保存しておくにはやっぱりそのままでは良くないのかも・・・・。

なにかいい方法はないものでしょうか? 今日、プラケースのフタを開けたらなんとなく匂う気がして・・・・・(汗)

これはイカン、と思い消毒用エタノールの中に漬けてピンセットでジャブジャブと洗い←繊細なようで雑な扱い(笑) ガーゼの上にのせて乾燥。ミィナ、チャトラン、それぞれの表記メモと一緒に切手が入るくらいの小さいジッパー付のビニール袋にいれ、ブラケースも一旦エタノールで拭いて匂いがなくなったのを確認してからもう一度収めました。

どなたか、乳歯を保存していらっしゃるかた、良い方法をご存知でしたらどうかおしえてください。パウチとか、真空パックとかがいいんかいのぅ・・・←ダレ?(笑)

Photo_4

成長はあっという間・・・・・こんなに小さかったミィちゃんも・・・。

Photo_6

 

こんなにちびちびだったチャトランも・・・・。

Photo_7

ハの字ですけどなにか?

ミィねぇちゃん、ハじゃないよ、歯なんだって。

いぇ・・・・いいんですよ・・・・・末広がりでめでたいね・・・ミィちゃん、チャーちゃん、気持ちはうれしいよ・・・。

 

詰め合わせ?

Photo_3 以前にも掲載した、猫ズ詰め合わせ。赤いあかすりタオル付(笑)

うまいぐあいに互い違いに入っております。実はこれ、缶ビールギフトの空き箱。

撮影は、6月くらいだったかなぁ・・・。

Photo_4 そして、ごく最近のもの。おなじ箱でも、あふれております。山盛り状態です。

何気にミィナがチャトランを抱え込んでいるのはやっぱり彼女にとってチャー坊は抱き枕だから???

この場合は互い違いではなく並行盛りですな・・・(笑)

Photo_5 これはまた違います。いうなれば「交差盛り」?

ミィちゃんのお手手の位置が若干気になりますが、まぁ、考えないようにしましょう・・・。

しかし、好きだなぁ、箱・・・・・。

Photo_6 これは詰め合わせというより取っ組み合いしながらそのまま箱に突入した感じ?

ちなみにノートパソコンの入っていた箱なので細いです・・・・。

Photo_7

かご盛りもございます(笑)この場合はチャー坊がミィナを抱き枕としております。

ちなみにかごはジャム嬢ご愛用の品。

おまけ

Photo_8

ミィナ用「おやつ茶碗」はセーラームーン。ジャム嬢よりの下賜品。

通常のお食事皿はちゃんと浅型のお皿があります。

Photo_9 チャトランの「おやつ茶碗」はキューティーハニー。これもジャム嬢からの下賜品。

なんでも捨てられないおかーたまのおかげ(?)で、ありがたくお古を使っております・・・。

チャトランの通常お食事皿は100円均一で買った猫用の浅皿。

朝晩は涼しくなったのに、昼間のこのギラギラした日差しはなにっ? 去年の12月頃でも、紫外線はかなりの量だったと思ったけど・・・・・・。10月になってもまだ日焼けの心配をしなくてはいけないとは・・。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »