« 冬限定 | トップページ | 猫肌温度が一番だそうな »

涙のわけ

Photo 注* 悲しい内容ではありませんので安心してお読みください。

先日は冬の時期の「手あれ」の悩みを書いたところ、色々とアドバイスいただきましてありがとうございます。

さて、自動車免許をもっていないわたくしの交通手段は親にもらった二本の大根あしの他には主に自転車が多いです。あとは公共交通機関と社用車(旦那の勤務先の)です。

年間を通して一番使うのはもちろん自転車。いわゆる「ママチャリ」です。5段変速つきですがほとんど切り替えずに走ってます←もちぐされ?(笑)

冬になって、風が冷たくなると、私、涙をながして自転車に乗ってます。別に悲しいことがあったからでも、自転車漕ぐのがつらいとかではありません。風が冷たいと涙が出るのです。涙目という生易しいものじゃありません。

私はどちらかというと「タレ目」なので、目じりからカラスの足跡を伝って(爆)涙が流れ落ちるのでございます。自転車を降りたあとはまずハンカチで涙をぬぐわなくてはなりません(笑)

これは冬にはじまり、花粉が飛び交う春にも続き、そろそろ半そでの服でもいいんじゃないの~?くらいの陽気なるまで続きます。

Photo_2冷たい風が原因なのでサングラスとかしたら防げるでしょうか?それともゴーグルみたいなのがよいでしょうか?そんなんで自転車乗ってて通報されたり職務質問されたりしないでしょうか?

「おまわりさんに連れて行かれても、ボク知らないよ。迎えにいかないからね」

また今年もなきながら自転車に乗る日々がはじまりました・・・。

« 冬限定 | トップページ | 猫肌温度が一番だそうな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにもろに風を受けるには厳しい季節になってきましたね。
でもあまり変な格好をすると町の名物になってしまうし・・・。

♪みとさま♪
そうなんです「・・・・さんちのおくさんは・・」なんて評判になっては困ります(笑)旦那にはそんなに細くて小さい目のどこから風が入るんだ?なんていわれますが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬限定 | トップページ | 猫肌温度が一番だそうな »