« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

猪から鼠へ

Photo 猪年であった今年の正月は遍路から明けた。正月早々、山中にて野生の猪に遭遇し「こいつぁ春から縁起がいいや」・・・・・とは言わなかったが。(藁)

←このいのししくんではありません。参考画像です。

ゴールデンウィークも遍路で過ごし、足摺岬で水平線に向かって叫ぶ

帰ってきてからしばらくして、今度は「お家騒動」のため実家に行く。(注 おかーたまの実家) 往復夜行バスで。

精神的疲労著しいまま、帰宅して翌日、橋の上にて ミィナ保護。

Photo_2

←橋の欄干のわずかな日陰で途方にくれて水面を見つめていたコ。

さらにその二日後、旦那が チャトラン保護(捕獲?)

Photo_3  

←車体真下のスペアタイヤのホイールに入り込み高速道路走行に耐えて救出されたコ。

あとはもう・・・・・・・orz

なんだか今年はとっても農耕  違うって 濃厚な一念 違うってば 濃厚な一年だった気がします。

猫馬鹿親馬鹿のブログを見に来てくださったみなさま、書き込みしてくださったみなさま、ありがとうございます。

Photo_5

よい年をお迎えくださいますように・・・・・。

さっ、大掃除のふりでもするかな・・・。(爆)

お運び猫

何度も言っていますが、

チャトランは旦那のことが大好き。

もちろん、私にも甘えてきますが、やっぱり旦那が一番のようです。出張で何日も会えないことがあっても変わらずに甘えに行く様子は、正直助かります。なんだかんだといいながら、懐いてくれないと、旦那はすねるから(藁)

ミィナに冷たくされても(笑)チャー坊のおかげでバランスがとれてるようです。

そして、そんなチャトラン、最近おもに明け方に、せっせと仕事してます。仕事の内容は

「お運び」

と呼ばれるもの。猫たち用のおもちゃをまとめていれてあるおもちゃかごから、おそらくチャーボーの「これ、おすすめだよ」と思われるものを旦那の枕元に運びます。じゃらし棒なんかはコトンコトンと音をさせながら、時には自分とたいして変わらない大きさのぬいぐるみを棚から叩き落して (!!!) 口をせいいっぱいあけてくわえて 二階で寝ている旦那のもとまで階段を登って運んでます。私は大抵旦那よりも先に目覚めるので、よく目撃します。もちろん、見られても止めません(笑)

おもちゃも、まずはカゴをひっくり返して古いおもちゃを引きずり出してみたり・・。時には冷蔵庫のマグネットを持ってきてみたり・・・・。

朝、旦那の枕元には常に3~5コの「貢ぎ物」があります(笑)

もっともっと旦那に遊んでほしいというアピールなんでしょうか。

Photo 「・・・・・・どのおもちゃなら気に入ってもらえるんだろう・・・・ボク疲れたよ。でもまた運ぶよ。」

Photo_2

                                             「マ~マ~。ミィちゃんも何か運んであげよっか?ここから選べばいいんでしょ?」

ミィちゃんよ。それはゴミバコ・・・・・・。

さんざんくろーす

クリスマスでございますね。

当家での「クリスマスらしさ」といえば玄関外の飾りだけ・・・しかも、トランペット型。これは旦那が学生の頃トランペットをやっていたので、ただそれだけ。今じゃ吹いてもまともな曲にならず(藁)電飾もあるにはあるんですが、結局出さず。

一念発起して、ジャム嬢が以前「しかたなく」着てくれたサンタ服を引っ張り出しました。

Photo ←すご~く、すご~く、イヤそうです・・・。

今年は、動きの激しい猫ズのために若干のリフォームをしましたが・・・。

Photo_2 めりーくりすますっ!! なんかくれるか? イタズラしていいか?

・・・・・キミはまだサンタクロースがどんなのかわかってないね・・・。

かろうじてなんとか撮った一枚。撮影助手(おとーたまのことである 藁)は風邪のためつかいものにならす。

Photo_3 なんなのよっ、これ。

ミィナにいたっては、前すら向いてくれない・・・orz

しかたないので、せめて猫ズの着ている衣装だけでも。

Photo_4 フード部分には耳が出せるようにくり抜き、クリスマスらしく金ボタンをあしらいました・・・・・が・・・・・だれも気に入ってくれない・・・・

ああ、コスプレの道は遠い・・・・・(爆涙)

迎撃できず

今年はインフルエンザの予防注射を打ってもらおうよ、と夫婦で相談していた。近くの病院にも電話して聞いたりして。今までは打ってなかった。結婚前に一度インフルエンザに感染し、(確かその頃流行していたのは香港A型だったか、B型だったか・・・。)

Photo

解熱剤は効かず、点滴中も熱で震えがきた。タミフルは処方されてなかったように思う。当時、昼夜二つ仕事を掛け持ちしている状態で、体力的にかなり弱っていた時期だからなおさらキツかった。三日間寝込み、ジャムに添い寝してもらいながらインフルエンザが猫にうつるようなものでなくてよかったとしみじみ思ったものだ。

今年は「ソ連型」が流行の兆しなんだそうだ。

なのに・・まだ予防注射打ってないのに・・・・風邪ひいた。普通の(爆)

Photo_2寝とけば治るんでしょ?ボクたちの目の前でビビビーーッて鼻かむのやめてよね。

ママちゃ、お風呂場で何回もくしゃみすんの。絶対近所中に知れ渡ってるわよ。ミィちゃん、恥ずかしくて外に出られないわ←出ないくせに(笑)

ところで、今年も花粉は多いんかのぅ・・・。

ボクだって

Photo ジャム嬢お気に入りのテレビ番組は当時特番枠で時々放映されていた「ム○○○ウの動物王国」だった。

犬猫にはあまり興味はなく、時折出てくる馬とかキツネとかの鳴き声などにはよく反応していた。

ビデオ録画して見せたりもしていたが、中でも保護されて室内で飼育されていた仔キツネがドアを開けようとガリガリやるシーンは何回でも飽きずに見ていた。

「おヨソの猫は嫌い」のジャムらしいといえばそうなんだけど・・(笑)

そして。

1 「ママちゃはボクらに留守番させて えいがかん なんてとこにも行くけど、ボクはおうちでテレビを見るよ」

ん? チャーボーなに見てる?あ、ワンコが映ってる・・・・。    ワンコ、気になるかな?近所に大きいワンコいないもんね。

2_2

・・・・・なんか見たことあるワンコだなぁ・・・・

「コイツ、でっかいけどちょっとお間抜けさんなとこもあるんだよね。有名なんでしょ? 」

3

あ、「ぽちたま」のだいすけくんね。うん、有名ワンコだねぇ。全国あちこち行ってるみたいだねぇ。

Photo_2 ボクもトラになれたら有名になるからまっててねっ!!

・・・・・・はい・・・・

眼球運動

いや、こんなタイトルの映画ではなかったんですが。

正しいタイトルは「アイ・アム・レジェンド」

予告を見たときからこれは見ようと決めていました。封切前の映画案内もチラリとしか見なかったけど、ウィル・スミスとシェパードのワンコしか。

まだこれから見る方も多いと思うので、ストーリー等は語りませんが・・・一言だけ。

「サム(シェパードのワンコのこと) あなたはいい犬だっ」

猫派の私ですが(藁) シェパードというと私の中では「大型犬」の部類なんですが (実際大型犬? 笑) ウィル・スミスと一緒にいるとあまり大きく感じられないっす。

最近はどちらかというと娯楽性の強いものとかファンタジー系の明らかに現実離れしたものばかり見ていたせいか、この映画を見た後は久しぶりに 「暗~い」 気持ちになりました。始まりからいきなり本題に入った感じの展開なのでやたら前フリが長いものと違って映画の出来としてはみやすかったです。

内容はストーリー展開上、「ん?」というところもいくつかあり(笑) ま、映画だからね・・・という許容範囲ですが。

で、なぜ「眼球運動」かというと。

封切直後にいったため、映画館は激混み。はじめに見ようとおもった昼間の回では「最前列の端っこしか空いていません」といわれ・・・。いくらなんでもそれは疲れるわ~と取りやめ。改めていつものようにレイトショーで(夜の最終上映時間で)行って見た。

「前列2列しか空いておりません」

またかよっ!!その劇場では二番目に大きいスクリーンのところなのに。旦那と顔を見合わせて

「2列めの真ん中二席をっ!!」

はい、覚悟しました。しかし、さすがに近い・・・。上映開始頃には左右の席も埋まり、最前列にまで。

字幕を見つつ、スクリーン全体を見るためにはかなりの眼球運動をしたものと思われます。つ、つかれた・・・・・・。

Photo ←ハウスはすでに変形してます。でも、猫ズはここがお気に入り・・・・。

ところで「マッハGO!」とかいうカーレースのアニメが昔あったのを覚えてらっしゃる方がいるかしら? 

新作予告編でチラリと見ましたがこの実写版ができるようです。タイトルは違いますが、マシン(車)のデザインといい、登場人物のキャラといい、そのものですわ。私は子供の頃テレビで見てたんですが、これに出てくる女の子のマネして、肩にサクランボのような飾りのついたワンピースを泣き落としで母に買ってもらった記憶があります・・・

コップ、洗えます?

旦那は大学時代、静岡県某市に住んでいた。みかんで有名だか、なるほど、あちこちの一般家庭の庭先にもみかんの木はよく見かける。茶畑も見かける。そして、春になるとよく見かけた花木がこれ。

Photo 「金宝樹 (きんぽうじゅ)」というらしい。なんともおめでたい名前の花だけれど、その見た目からもっぱら「コップ洗いの木」と勝手に呼んでいた。高さは2~3メートルのものもあり、枝いっぱいに赤いブラシ状の花がたくさん付いているのは壮観でなにやらちょっとトロピカルな感じもする。

地域限定というわけでもないだろうに現在の居住地では見かけない。

一度、ホームセンターで苗木を販売しているのを見かけた。植えれば翌年にはもう花も咲くだろう。年々大きくもなるだろう。でも買えなかった。借家住まいでは植える場所はあっても、引越しのときに置いていかなくてはならないから。今あるプランターの花たちくらいは持っていけるだろうし場合によっては会社の花壇に植えてきてやることも可能だけれど、花木となるとそうもいくまい。現在、過去の住人が植えたであろう木々は剪定したりして手入れしているれど、次の住人は切ってしまったりすることも考えられる。

毎年のように浮上する転勤話。「浮き草暮らしはこんなときつまんないんだよなぁ」とひとりでぼやいた。

でも、室内にもコップ洗いが出現

Photo_2はい、ご想像どおり、ねこのしっぽです。

戸外に茶白のらくんを見つけたチャトラン。段々とシッポか膨らんできてます。

しかし、それくらいではまだコップは洗えないぞー(?)

Photo_3 茶白のらくんが車庫内を通過中のようです。

チャトラン、せいいっぱいシッポをふくらませておりますっ!!!

Photo_4 ちなみにこちらは、茶白のらくん発見時のミィナのシッポ。

本にゃんにとっては膨らませてるつもりなんでしょうが・・・・・

普段からシッポ太いのであまり変わりがない気も・・・・(笑)

Photo_5 「わかったわ。ミィちゃん、もうちょっとがんばってみるわっ」

・・・・うん、さっきよりはちょっとふくらんだかなぁ・・・?

でもミィちゃん、こうしてみると迷路とか作れそうなアメショ柄だねぇ・・

まあ、いずれにせよ、猫毛ではコップは洗えません(藁)

カメリア・ジャポニカ

Photo 以前、萩の椿まつり(確かそんな名前だったと思う)に行った事がある。椿の原生林の中を歩いた。

一般的に赤い椿をイメージするけど、以外に多種多様な椿。赤だけでなく白もピンクもあるし、八重咲きもある。

椿の木は以外に大きくなる。原生林の中を歩くと、見える花は足元に落ちたものだけ。枝先の花は頭上のずっと先にある。

・・・・と、椿の花の話をしたいのではなくて。

先日、見てきました、「椿 三十郎」

旦那が「見たい」といい、行ってみるとなんだか年配の客が多い。時代劇調だから?織田裕二がそんなにシニア受けするとは思わないけど・・・と思っていたら。

リメイクなんですって。これ。三船敏郎主演、黒澤明監督で以前あったんだって。旦那はそれをみたことがあるから、なおさら見てみたかったらしい。そう思うと年配の人がいるのもうなづける。

結果は・・・・・・

ん~殺陣もイマイチ、若衆のキャラもイマイチ、全体に「軽い」 私自身は三船版を知らないから比べようもないんだけど。これは映画にするほどではないんではないの~?特番枠くらいでテレビでやるくらいでいいんでないの~?と思ってしまった。

しかし、これから年末年始は映画も目白押し。見たいものもいくつかあって・・・効率よくいかないと上映終わってしまうねぇ・・なんていいながら帰ってきました。

Photo_2「んで、ボクたちまたお留守番なんだよね・・・。いいよ、いいよ、ミィねぇちゃんいてくれるしさ。」

おかーたま&おとーたまの「へろへろ遍路」(藁)は約半分のところで一時中断しておりますが、春には再開の予定です。その頃には猫ズもほぼ一歳となるし、ペットシッターを頼むか、ホテル預かりになるかは未定です。ホテル(といっても動物病院併設のところ)の場合は一度「体験お泊り」をさせようと思っています。

家から割りと近いショップのペットホテルも覗いたんですが、アンモニアの猛烈なにおいとお世辞にも清潔とは思えない様子だったので・・。

いずれにせよ、2泊3日くらいの細切れ日程でしか回れなくなりますが、必ず結願満願するぞーーー!!!と 来年の目標にしております。

導かれた糸 つながる糸

Photo 三度目の、ジャムの命日。

もう三回目、まだ三回め?

子猫たちがやってきて、中猫になって、そろそろ大猫にもなろうかというくらい日々はすぎても。

それぞれにかわいく、いとしく、家族として一緒に暮らす時間が増えてきても。

今なお心の半分以上を占める、ジャムの存在。

隻眼となっても眼力は強く、でも心はやさしく、美しい。

実は、いまだにミィナやチャトランを呼ぶときに「ジャムちゃん」と口が動いてしまうことがある・・・・・。

Photo_2 そして、今日、警察へいってきた。

エッ、と驚いた方、大丈夫です、逮捕状もなーーーんもでてませんから。

ミィナ保護時、もしかしたら飼い猫なのかも、と届出をしておいた。交番で保護の日時、状況、病院での診察の結果、医師の見解などを事細かに聞かれ、自宅での預かりを申し出るともし飼い主が見つかった場合に保護期間にかかった費用は請求しませんとの書類にサインさせられ ・・・・・・・。

これ、サインしないと保護預かりさせないんだって。警察で預かるのはせいぜい3~4日が限度で後は口にするのもおぞましい結果に・・・・。

一定期間が過ぎ、所有権が移る。猫なのに、生き物なのに、動物は「物扱い」だから保護も「拾得物」扱い。

期限の過ぎた今日、さっそく手続きに。ハンコ一押しで

ミィナちゃん、法も認めた我が家のコ。

思えば、その日がジャムの命日にあたるというのも、

さすが猫神さまというか、適正配置委員会グッジョブ!!!というか。

書類提出前、「今も猫ちゃんはお宅にいるんですね?」という事務官の問いに

「はいっ!!!!! 私どもで飼育しておりますっ!!!これが保護時の写真で、これが最近ので、あっ、このコは2日遅れで主人が出張先で保護したコで・・」

と、持参した写真を鼻息荒く並べてみせたのはワタシだ(藁)

「ああ、はい、結構です、引き続き飼ってあげてください」とサラリと右から左に受け流す事務官。ちぇっ、もうちょっと自慢させてよ、せっかく持ってきたんだからよぉ(藁)

Photo ボクちんには法なんかカンケーないね。

その差はなに?

Photo_4 ←私に抱っこされているときのチャトランの顔。

なんだか「しかたなく抱っこされてあげている」という顔に見えるのは私だけ・・・?

「たまには愛想よく抱っこされておかないと、ボクのお皿にたくさんご飯のせてもらえなくなったらイヤだもんね。りっぱなトラになるのもたいへんだよ」

Photo_5 ←こちらは旦那に抱っこされているときの顔。なんだか違う・・・・。

「ボク、にぃたんが好きなんだもん。」

Photo_6 「にぃたんは時々しかかまってくれない。だからかまってもらえるときは思い切り甘えることにしてんだよ」

ぇぇぇぇえええええ~なんかずるい~

チャー坊、私が抱っこしたときもそんな得意そうな顔してよぉ。

Photo_7 「もぅ、うるさいなぁ、なにブツブツ言ってんだよ、ボクとにいたんの愛の時間を邪魔すんなよ。あっちいってれば? ミィねぇちゃんにフミフミしてもらえばいいじゃんか」

・・・・・・チラ見されてしまった・・・・・orz

パンはゆるして

フ○パンの、シールを何点か集めるとフリース毛布がもらえる、というキャンペーンが終わった。毛布の絵柄は2種類あり、2枚もらおうと思ったらつまり倍の点数を集めねばならぬ。

ひざかけサイズのこの毛布は、猫ズが使うのに手ごろな大きさ。洗濯もガンガンできるし。ということでパンをせっせと食べた。思えば春と秋に毎年このキャンペーンをやっているから、うちも結構貢献しているもんだ(笑)

せっせと食べたところで夫婦二人ではしれている。朝はほとんどパン食だけど、得点のために私はお昼にもパンを食べることも。結局一枚はゲットしたが、二枚目はゲットならず。

Photo

もらってみると以外や、去年のものと絵柄が良く似ている。

パソコンのカバー代わりにかけたら、早速上で寝るチャトラン。

「ボクのもんだ」

Photo_2 「いいわよ、アタチ、カミツレおねえさんにもらったハンモックがあるもの」

ミィちゃんよ。そのハンモックの使い方は間違ってるよ・・・。

ともあれキャンペーンが終わったので、久しぶりに他メーカーのパンを食べてます。 やっぱりパン食か(笑)

Photo_3 「ママちゃ、気合が足りなかったんじゃねーの? 朝も昼も、じゃなくて朝も昼も夜もパンにすればもう一枚もらえたんじゃねーの? 」

チャーボーよ。それだけはゆるして・・・。

どぼちょん

Photo_3 今の家に住むようになって・・・ジャム嬢、虹の橋に引っ越す一月ほど前だったか、お風呂に落ちた。

朝、いつもお風呂の残り湯は洗濯に使うけれど、ポンプをセットしたりしている間に扉の隙間からスルリと入り込み・・・・・・どぼーーーーーーっん!!!!!!!!

自力で脱出したけれど、かなりビックリしたに違いない。もちろんバスタオルで拭いて、コタツにいれて乾燥保温につとめたけれど。

バスタブにお湯が残っているときはやっぱり間違っておちたら危ないので扉は必ず閉めるようにしているけれど、猫ズはお風呂の扉の音がすると走ってくる。探検に余念がないらしい。

Photo_4 初めてのお風呂の後の恐怖はどこへやら、再びお風呂場に出入りしたがる。

←初めてのお風呂のチャトラン。こんなにちっちゃかったのにねぇ・・・。シッポとんがってるし。

そして今日。例によって洗濯準備にお風呂場にいくと、いそいそとついてくる猫ズ。ミィナはまだ警戒が残っているのか、お風呂場の入り口で立ち止まるがチャトランは平気な顔してタイルの上を歩き回る。

ポンプが壊れて新しいのを買っていないので最近はもっぱら「バケツくみ出し」のおかーたま。←手の痛みの原因はここにあるのか?(笑)

バケツのお湯を洗濯機にザバーーーッとあけているときに・・・・・・

どぼーーーーーーーーっん!!!!!!!!!

フギャーーーーーーーっ!!! ←チャトランの悲鳴

んんんんんん~ミィ~みぃ~ミィ~ ←ミィナの呼ぶ声

はい、滑り落ちて犬掻きで泳いでます、チャトラン。

実際には四足で十分立てるくらいの浅さなんだけど、パニックになったチャトランはもがいてました。もちろんすぐにレスキュー。バスタオルにくるんで抱きしめて水気を拭きながら、「ビックリしたね、大丈夫、大丈夫よ」言い聞かせる。すぐそばまで来て、のぞきこむミィナ。心配してくれてるようです。さすがおねぇちゃん。

残り湯なので水のように冷たいわけではないけど、でも風邪をひいてもいけないのでさらにタオルを取り替えて拭いてからコタツの中に。ミィナも一緒に入って、毛づくろいを手伝ってくれました(笑)

お風呂場は要注意!!

あらためて思ったおかーたまです。油断してはいけないなぁ・・・。

写真はありません。撮ってるどころじゃなかったんだもん。

Photo_5 ・・・・・だからって

←こんなののせることないだろー?byチャーボー

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »