« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

はっきりしない

風邪がイマイチすっきりと治らない。

調子が良くなったかと思えば悪くなり、熱(微熱)がでたりやたら鼻がグズグズしたりそうかというと頭痛がしたり胃がムカムカしたり・・・・。

ほんとに風邪が長引いているだけか?実はなんか他の病気か?なんて考えてしまう。

今週の救いは旦那が出張でいないこと。(ユルセ、旦那)

掃除も手抜き、洗濯物もいつもより少なくてすみ(その代わり帰ってきたらどっさりあるけど)ご飯のしたくも手抜き、しかも時間を気にしなくてもいい。

体調の悪いときこそ、「亭主元気で留守がいい」というのは本当だと思ってうワタクシは悪妻ですか?鬼嫁ですか?(藁)

しかし、あまり体調不良のままだと猫ズの世話も(あそび相手も?)ままならなくなるのでもういいかげんにそろそろ立ち直りたいところ。

しかも明日は旦那が帰ってくる・・・・・

こんなときは一週間って早いなぁと思います・・・・・。

Photo

「にぃたん、やっと帰ってくるのか・・・・・」

守るも攻めるも

にゃんこタワー代わりの(爆)パソコンラックは猫ズお気に入りのスポット。他のお宅ではテレビの上に乗っているにゃんこさんも時々見かけますが、当家ではテレビに乗らない代わりにもっぱらココ。

Photoちょうど、ミィナのお腹の下あたりはコード類が。チャー坊の下あたりがノートパソコン(もちろんフタをしてある状態で)

バスタオル、あるいはフリース毛布などでカバーして、ホコリや猫毛からもガードはしているものの、これではネットできません。

Photo_2 2にゃん一緒にではなくても、単独で占拠することもままあり。

←「アゴ」でパソコンをひらかせないように邪魔するチャー坊

Photo_3 うむむ、これではイカン、ネットする時間は一日に長時間ではないにしろ、体重が2にゃんあわせて二ケタになろうかというくらいに成長しているのだからして、そんな重みをパソコンおよび付属機器(外付けのHDDや他)にあびせてよかろうはずはない・・・。

Photo_4 なので、足元部分の板をはずして、上にもってくることに。

こうすれば、ミィナも「正しいハンモックの使い方」をしてくれるでしょう・・・・。

←正しくないハンモックの使い方。この、カゴを置いてある部分の板を上に取り付けました。

Photo_5  

おお、気に入ってもらえたようです。コードがないから下側もデコボコせず、寝やすいかな? すっきりとして見えます。そしてこれなら猫たちの寝顔を見つつネットもできると旦那にも好評(笑)

ま、まだ時々この隙間部分にもぐって寝ることもありますが(藁)

Photo_6 おいてやったカゴはやっぱり2にゃんで使うには狭いよう。脱衣カゴは二つあるけど、これもやっぱりせまいしカゴのふちが高いのでここに置くと入りにくそうにするし・・・。

でもこれより大きい浅いカゴって100円ショップでみたけどないんだよなぁ・・。それに、やっぱり「ねこ団子」見たいし(藁)

Photo_7

 

寒い時ならではでしょうが仲良く入ってます。この高さだと、パソコン開いてもちょうど見えるんですよ。今も目の前で寝てます。右側が窓なので、カーテンだけでは冷えるのでなにかガードになるものを考え中です。

Photo_8 「冬の詰め合わせ」

思わず撫で回したくなるチャー坊のツヤツヤ背中、ミィナのモコモコ毛皮です・・・・。

違いがわからない

Photo ピンクのソフトハウスで寝ている在りし日のジャム嬢。

もっと寒くなったらホカペの上においてやれば下からほかほかして暖かいだろうな、と思って。

でも、あまり使わないまま虹の橋へ。

Photo_3

 

晩年になってよく使っていたのはなんとキャリーバック。具合が悪くなったらすぐ病院にいけるように、また普段から見慣れていたら「見ただけで逃げ出す」こともないかと出しておいたらそこで寝るように。

Photo_4

年間通して、一番よく使ったのは「脱衣カゴ」 夏はバスタオルやあるいは綿の涼しい生地を敷いて。冬はフリース毛布などを敷いて、さらに寒いときはちっちゃいホカロンを入れたりして。

このカゴは今、ミィナやチャトランが入って遊んだり寝たりしてます。

Photo_5  現在の猫ズ愛用のハウスは旦那が「ジャムに」と買ってくれたものだったが、ほとんど使ってくれなかった。入り口にレースを縫いつけて「天蓋風」にしたりしてお嬢様の寝床として演出したりしたけど(藁)

猫ズがどんどん大きくなり、かなりはみ出るようになってもキュウキュウで入っている。ピンクハウスには入らない。・・・・・・・なんでぇ?

これはおいてある位置にも問題あるのかも、と二つを並べておいてみることにした。旦那は自分が買ってきた物が変形してもお気に入りにされていることにいたく満足気であるが。

Photo_6 空いてるのに・・・・隣にどちらか入ればゆったり寝れるのに・・・。しかし、ほんとに型崩れしてきたなぁ・・・ここで、同じようなドーム型のハウス買っても、やっぱり古いほうのこれに入るんだろうなぁ・・・。

そして今日もキュウキュウで寝ています・・・・ま、いいけどね・・・。

勉強と実習

旦那は「子猫のときからの猫と暮す」のははじめてである。ジャム嬢はいわゆる私の「連れ子」であったので大きくなってからのつきあいであった。

結婚するまで、動物と暮らすことは全くなかったといい、(実家には小さい池に金魚がいるだけである)ジャムはあまり懐いてはくれなかったので、今のようにチャー坊にストーカーされるのは「困った」といいつつ実はかなりうれしいようだ。

「自分は動物に嫌われるタイプ」と思い込んでいたのに、そうではなかったというのがうれしいらしい。私も、養育費を稼いできてもらわねばいけないので、

「私が抱っこしてるときより甘えた顔してるよ」 「私にはそんなことしないよ」 「おもちゃお運びするのはジャムもしなかったよ、もっと遊んでほしいんじゃない?」

と煽ることも忘れない。(藁)

Photo 今年からは 「ねこのき○ち」を購読するようになった。私としては半分は付録めあてなんだけど(笑)

カラーページも多く、写真も多く、猫飼いとしてはまだまだビギナーな旦那には見やすいらしい。

大抵は「これはチャー坊に似てる」「これはミィ坊に似てる」(旦那にとって猫はみんな「坊」なのか?(笑)

「うちに来たときこれくらいのおおきさだったなぁ」と比べてみたりして。

2月号には猫の抱っこの仕方について書いてあったので、ふむふむと読んでから目が室内を泳ぐ。・・・・・・・猫ズを探しているらしい。

チャー坊はコタツの中でおっぴろげ、ミィナはパソコンラックを占拠していた。

抱っこの仕方を実習するつもりなのはピンときたので、「チャー坊でやれば」といったのだが、「チャー坊はオレがどんな抱きかたしてもきっと嫌がらないからつまらない」といい、うたたね真っ最中のミィナのところへ。

Photo_2 寝入りばなにいきなり抱き上げられ、キョトンとした顔のミィナ。

「・・・・・・・なに?なんでアタチ、にぃたんに抱っこされてんのかしら?」

おおお、しかし、テキスト(?)通り、「いやがらない抱っこ」をしているとミィナも逃げ出しません。(単に半分寝ぼけててわけわかんないからともいう 藁)

今までは抱き上げてもすぐに逃げられていたので、旦那は相当うれしいらしい。「写真撮れ、早く撮れ」と。

でも、しっぽでそこを隠しといてくれたらもっとよかったのにね、ミィちゃん。

フェザー級?

猫たちは「掃除機が嫌い」 というか 「掃除機の音がキライ」というべきか。猫と暮す以上は掃除をコマメに、と思いつつも適当に手抜きしている私ですが。

それでもやっぱり抜け毛やトイレ砂の散らばりは気になるので、掃除機の出番なわけです。そうなると猫ズはあちこちに逃げ惑いつつも、少し離れた場所から「観察」しています。

そして、居間の掃除のさいのメインイベント(?)がこれ。

Photo_2 「羽じゃらしハッスルタイム」でございます。

もともと、羽つきのおもちゃは大好きな猫ズのために、羽がいっぱいのジャラシを買ってあげた。でも、ショップでこれ一個しか残ってなくて・・・・ホントはピンクとかイエローとかの明るい色のを買ってあげたかったんだけど・・・・。

実はこれ、落とし穴(?)があって。遊び毛というか、フワフワと羽のダウンフェザーの部分が抜けて舞い落ちるのです・・・・・。なまじ羽の色が黒いものだから、落ちてくるそれはまるで何かの燃えカスとか灰のよう・・・。

なので、掃除機をかける前、カバーも取り替える前限定で思いっきり遊ばせます。

Photo_3 こたつ他、障害物となるものを全部どけた後なのでタタミ3畳分くらいの「特設リング」が出来上がる。一階だし、もちろん昼間なのでドスンバタンと暴れてもぜんぜん平気。

時間にして30分ほど。

猫ズか疲れてきたころにジャラシを隠して「ハイ、休憩ね~」

カバーをはずし、飛び散った羽のかけらもろとも掃除機で吸い上げて再びホットカーペットやこたつを設置。階段に非難して毛づくろいしつつ、息を整えた(藁)猫ズは、掃除完了後、いつになくよくお昼寝ができます。

Photo_4 「つ・・・疲れた・・・・今日もよく跳んだよ」

「ミィちゃん用にピンクとか赤い羽根のやつ、買ってきてくれないかしら・・。」

そのうち、猫ズにマントでも着せてみようかなぁ・・・。

韓国のかほり

シマ助ちゃんのお里帰りにあわせて、猫馬鹿隊の新年会。韓国家庭料理のお店です。もともと「辛いもの」が苦手な私、「辛くない料理もあるぅ~?」などと言いつつ参加することにしました。

風邪がイマイチ治りきらないまま、正月明けを過ごし、よりによって前夜再びぶり返しの兆候。

「いやだ~絶対行くんだ~気合で治す~」

と、うなされながら就寝。翌日は雨がふっているのを理由に掃除も洗濯もサボり、夕方の出かける時間まで体力温存。

そして、万が一を考えてすこし早めに待ち合わせ場所に着くように電車に乗る。おかげで途中下車することもなく、スムーズに到着。約束の時間までミ○ドでコーヒーを飲みつつ、ドーナツを一個だけ食べて念のための薬を飲んでおく。

そろそろ時間だな、と待ち合わせ場所に行ってみると、ベンチに座ってなにやら熱心に読んでいるねこかかさん。

まずはすぅ~っと前を歩いてみる。ぜんぜん気づかない。Uターンしてまた歩いてみる。やっぱり気づかない。動物園のクマのように前をウロウロと歩いてみる。どうしても気づかない。他の通行人から不審者扱いの視線を受ける。しかたないので「あのぅ~」と声をかけてやっと気づいてもらう(泣)

お局様は少し遅れるとのことだったので、タクシーで先にお店まで移動。乗ったタクシーの社内は芳香剤の甘い香り。運転手さんいわく、

「ウチの会社は(運転手が)年寄りが多いけぇ、加齢臭とかにみんな気をつこうとるんでしょう」

とのことばにねこかかさんと大笑い。

店に着いて、みんなそろって乾杯してあれこれと料理も食べているとき。

「おかーたまっ!! はいっ!!」

と私の取り皿に放り込まれる「にんにく」

「風邪に効くから」 「風邪、早く治るよ」 「大丈夫、もうエキスも出ちゃって匂わないから」 みなさん、口々におっさるけど・・・・一様にみんなの目がアクいように見えるのは気のせいか~?

しばらくそのまま皿にのせて放置していたけど、とうとう意を決して食べてみた←酔った勢いともいう (笑)

「ぎぁゃああああああ~ やっぱりにんにくの味がするぅぅぅ~匂いがするぅぅぅぅ~」  騒ぐ私を尻目に「あら、そぉぉぉ?」と平然なみなさま。

「ウチ帰ってからミィナに嫌われる、チャトランに嫌われる、猫ズがよってきてくれないかもしれない」・・・・・ブツブツブツ・・・・・というつぶやきはスルーされました。

お店のママさんが帰り間際「リンゴ食べれば大丈夫よ」と教えてくれたけど・・・・

私、リンゴ食べられないんですっ リンゴの皮むきの段階で鳥肌が立つんですっ アップルパイやリンゴジュースなど、加工あるいは加熱されたものは大丈夫だけど、ナマのリンゴはだめなんですっ

家に着く前にコンビニで牛乳買って帰りました。あ、猫ズはニンニクの香りも焼肉の香りもキムチの香りも無問題でした。

おいしい料理の数々と、ダンディでイケメンなアトムさんの姿は→ ねこごと でどうぞ

Photo  

「風邪はまだ治らないんだってよ」

宝船ではなくて

年の初め、初詣に行くよりも先の2日に映画を見に行った。

「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」

インディ・ジョーンズやララ・クロフトのトレジャーハンティングものはまさに「大人の冒険」という感じで割りと好き。途中、カーチェイスもあったりして。この映画を見ていてふと思い出したのはよく遊園地などにある「フィールドアスレチック」

縄ハシゴみたいなのを渡ったり、網をくぐりぬけたり、池を飛び越えたり・・・・と子供のころよくやった覚えがある。水溜りにハマって靴がびしょぬれになったりしたし。←運動神経低し(藁)

で、映画終了後の一言。

「47ページにはいったい何が書いてあったのよーーーーっ!!!!!!!!」

次回作への「種まき」なのかのぅ・・・。あんなにはっきりセリフに出しとしてなにも触れずに終わるとは。

Photo

「アタチたち、ちゃんとお留守番してました」

「ミィねぇちゃん、ボク・・・なんか首がクルシイ気がするけど・・・・気のせいかな・・・・ZZZzzzzzz」

レイトショーで見たので、終了は午前0時近く。いつもなら深夜バスがあるけど、正月の間は運休。タクシーに乗るのはもったいないから、と家まで歩いて帰った。徒歩30分くらい。さすがに寒くて冷たさが脳天にくる。帽子でもかぶってくればよかった・・・。

ハッ。もしかして・・・・風邪がひどくなったのはこれが原因か?ということは自業自得、身から出たサビ?・・・・・・orz

暮れと初めと

正月気分も正月酔いも(藁)すっかりさめて、年越し風邪も沈静化して、ようやく更新です。

みなさま、みなにゃん、今年もよろしくお願いいたします。

さて・・・振り返ってみる年末年始。

大晦日の夜は雪でした。でも湿気の多い雪なので「ボタボタ」と降る感じ。みぞれに近いかんじでした。今年のおかーたま家「訪問納め」(?)は桜田門一家勤務のおにいさん。(注 ポ○スマンのことである 藁)近隣でトラブルがあって聞き込みに来ました。雪の降る中、外で話していると何を思ったかおとーたまがチャー坊をつれて出てきて、挙句の果てに逃げられて追いかけてました。チャー坊も「脱走納め」したようです(藁)

Photo  

「寒かった・・・・・」

元旦は、路上はシャーベット状でぐちゃぐちゃ、塀の上には雪がうっすら残っていたのでミィナとチャトラン、交代で歩かせてみました。

想像したとおり、濡れた足をプルプル振りながら(笑)5分もしないうちに終了。やっぱり冷たかったようです。

Photo_2

ミィちゃん、レンジの上では暖まらないよ?

(でも一応タオルを下に敷いている・・・笑)

今年は年末も年始も、何も予定を作らなかった。諸般の事情もあり、旦那の実家にすら行かず。なので在宅率が高くなった分、チャー坊は思う存分旦那をストーカーし、後追いし、抱っこをせがみ、肩に乗ってくっついている。トイレにまで付いていき、ドアの前で待っている。

3日になってようやく初詣に。まずは市内のお稲荷さんへ。ここは正月期間は本堂前に神職の方がいて、参拝するときにひとりずつ頭上に幣(あの、お払いとかのときにバサバサやる白い紙のやつ)を使って邪気を祓い清めてくれる。そしてちょっと奮発して大きい破魔矢を買った。1メートル以上ある長いやつ。・・・・・どこに置くのか(藁)

その後、家から近い毘沙門天を祭ってあるところへ。普通、神社は「狛犬」だけど、毘沙門天は白虎(びゃっこ 白い虎)がお使いなので、阿吽の虎なんですってよ、知ってました?そういえば一昨年京都の鞍馬山行ったときも虎の像だったわ~あの時は雪がかなり残ってて、寒かったよね~といいながら、参道を登る。

Photo_3

「ボクがりっぱなトラになれますようにって、お願いしてきてくれたんだよね、そうだよねっ?」

4日。年末あたりから怪しかった風邪が本格的になり、夫婦そろって病院へ(藁) 咳がひどい旦那は「気管支炎」といわれる。「点滴するっていわれた」と不安そうに処置室に入っていった。

私はといえば、背中に聴診器をあてる際に医師が「あ、アレルギーかなんかありますか?だいぶ背中かきむしってるみたいだねぇ。かゆみがあるのかねぇ?」というので

「センセ、それは猫(のつめあと)ですわっ」

「あ、ハハハ、猫ね、そういやヒトの爪あとではないわなぁ」

結局、正月は映画と初詣と病院行きで終わりました。あ、映画の話は明日また。

ニンゲンは風邪引きでグッタリしておりましたが(酒飲めば治るとばかり、飲んでばかりしたというウワサも)

Photo_4 猫ズはなにやら年明け早々話し合いをし、

Photo_5 ・・・・・チャー坊はなにやらミィナから指導を受けているようでもありますが、

Photo_6 「初バトル」となり、今年も元気で過ごすことに決まったようです・・・・・。

「猪突猛進」ぶりをみせてくれた昨年の猫ズですが、今年はどんな「ネズミぶり」なんでしょうか・・・ねずみはねずみでも、「ウォンバット」に近い気も・・・・orz

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年も猫たちとともに、どうぞよろしくお願いいたします。

Photo_3

ミィナです。タヌキはだめよっていわれたから、ちょっとだけダイエットしてりっぱなアメショになれるようにがんばります。

「ぽっちゃりちゃん用カリカリ」もよろこんで食べるの。「いいコね」ってママちゃにほめてもらいました。でも、これ食べてるとウ○チが一日二回なのよね。

Photo_4

チャトランです。今年はりっぱなトラになれるようにがんばります。ダイエットはしなくてもいいと思うんだけど、ミィねぇちゃんの食べてる「ぽっちゃりちゃん用カリカリ」がおいしそうだからボクも食べます。

イタズラにも磨きをかけて、「空中浮遊」もできるようになりたいですっ!!

こんな「おかーたま家」ですが、今年もあきずにあそびにきてくださいね♪

お正月期間の猫たちの様子は休み明けに。あ、たいしたことはありませんが(藁)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »