« 謹賀新年 | トップページ | 宝船ではなくて »

暮れと初めと

正月気分も正月酔いも(藁)すっかりさめて、年越し風邪も沈静化して、ようやく更新です。

みなさま、みなにゃん、今年もよろしくお願いいたします。

さて・・・振り返ってみる年末年始。

大晦日の夜は雪でした。でも湿気の多い雪なので「ボタボタ」と降る感じ。みぞれに近いかんじでした。今年のおかーたま家「訪問納め」(?)は桜田門一家勤務のおにいさん。(注 ポ○スマンのことである 藁)近隣でトラブルがあって聞き込みに来ました。雪の降る中、外で話していると何を思ったかおとーたまがチャー坊をつれて出てきて、挙句の果てに逃げられて追いかけてました。チャー坊も「脱走納め」したようです(藁)

Photo  

「寒かった・・・・・」

元旦は、路上はシャーベット状でぐちゃぐちゃ、塀の上には雪がうっすら残っていたのでミィナとチャトラン、交代で歩かせてみました。

想像したとおり、濡れた足をプルプル振りながら(笑)5分もしないうちに終了。やっぱり冷たかったようです。

Photo_2

ミィちゃん、レンジの上では暖まらないよ?

(でも一応タオルを下に敷いている・・・笑)

今年は年末も年始も、何も予定を作らなかった。諸般の事情もあり、旦那の実家にすら行かず。なので在宅率が高くなった分、チャー坊は思う存分旦那をストーカーし、後追いし、抱っこをせがみ、肩に乗ってくっついている。トイレにまで付いていき、ドアの前で待っている。

3日になってようやく初詣に。まずは市内のお稲荷さんへ。ここは正月期間は本堂前に神職の方がいて、参拝するときにひとりずつ頭上に幣(あの、お払いとかのときにバサバサやる白い紙のやつ)を使って邪気を祓い清めてくれる。そしてちょっと奮発して大きい破魔矢を買った。1メートル以上ある長いやつ。・・・・・どこに置くのか(藁)

その後、家から近い毘沙門天を祭ってあるところへ。普通、神社は「狛犬」だけど、毘沙門天は白虎(びゃっこ 白い虎)がお使いなので、阿吽の虎なんですってよ、知ってました?そういえば一昨年京都の鞍馬山行ったときも虎の像だったわ~あの時は雪がかなり残ってて、寒かったよね~といいながら、参道を登る。

Photo_3

「ボクがりっぱなトラになれますようにって、お願いしてきてくれたんだよね、そうだよねっ?」

4日。年末あたりから怪しかった風邪が本格的になり、夫婦そろって病院へ(藁) 咳がひどい旦那は「気管支炎」といわれる。「点滴するっていわれた」と不安そうに処置室に入っていった。

私はといえば、背中に聴診器をあてる際に医師が「あ、アレルギーかなんかありますか?だいぶ背中かきむしってるみたいだねぇ。かゆみがあるのかねぇ?」というので

「センセ、それは猫(のつめあと)ですわっ」

「あ、ハハハ、猫ね、そういやヒトの爪あとではないわなぁ」

結局、正月は映画と初詣と病院行きで終わりました。あ、映画の話は明日また。

ニンゲンは風邪引きでグッタリしておりましたが(酒飲めば治るとばかり、飲んでばかりしたというウワサも)

Photo_4 猫ズはなにやら年明け早々話し合いをし、

Photo_5 ・・・・・チャー坊はなにやらミィナから指導を受けているようでもありますが、

Photo_6 「初バトル」となり、今年も元気で過ごすことに決まったようです・・・・・。

「猪突猛進」ぶりをみせてくれた昨年の猫ズですが、今年はどんな「ネズミぶり」なんでしょうか・・・ねずみはねずみでも、「ウォンバット」に近い気も・・・・orz

« 謹賀新年 | トップページ | 宝船ではなくて »

猫たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | 宝船ではなくて »