« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

防衛線

Photo

いろんな扉を開けられるようになったチャー坊。ふすまなどはもちろん、ガラス戸も・・・網戸も。(網戸ロックしてないと開けちゃう)

台所の流し台の下の扉も開けちゃうし、引き出しもあけちゃう。ドアノブ式のトイレや洗面所への扉や旦那の部屋の扉は無理だけと。(なので、猫ズを一時的に隔離したいときはもっぱら旦那の部屋に入れる)

高いところにも登っちゃいます。冷蔵庫も、食器棚も、ランドリーラック(洗濯機の上の棚)の上も・・・中継地点がないときはもっぱらカーテンをバリバリと登って。

二階の押入れの上にはいわゆる「戸袋」があるのですが、最近はカーテン→カーテンレール→戸袋入り が早朝の猫ズのウォーミングアップコースとなりつつあり・・・。orz

Photo_2 「ペット(猫)飼育OK」の契約とはいえ(契約書にも明記)当家は借家。カーテンはまだしも←あきらめている(藁)ふすまの紙が爪あとだらけになるのは避けたい・・・・・。

戸袋の中には物はそんなに入ってないので(掃除機の入っていたダンボールと元々家に付いていた古い蛍光灯カバーが梱包してしまってある)猫ズにとっては薄暗い運動場という感じ?

例によってチャー坊がまず登って戸袋を開けて入り込み、ミィナが後から悠々と・・・というパターン。

Photo_3

なので一計を案じ、無い知恵を絞ってこんなのをつけました。

おとーたま発案、おかーたま設置による

「チャー坊返し」ですっ!!!

ヒントはもちろん「ネズミ返し」から。

あわれ、カーテンはボロボロ・・・・

Photo_4 カーテンのどの位置から登るかわからないので、カーテンレール上はすべてカバー。

ああ、しかし、このカーテンのあわれなことよ・・・・

4㌔猫×2に耐えていたんだもんねぇ・・・。

Photo_5 レールから7~8センチくらいはみ出した感じで。素材は画用紙です。ダンボールなどだとつめ立てて乗ってしまうのであえて薄くて弱いもので。

Photo_6 戸袋の入り口に到達する角からもすこし余分に。

木のレール部分に登るから。

狡猾なんだ、こーいうときのチャー坊は。

2

もう少し引いて見るとこんな感じで。

この部屋に来客が来ることはまずないので、ガムテープ見えてたっていいや。←ちょっとやけくそ?(笑)

Photo_7 そして、このおかげで猫ズの戸袋入りはなくなりました。

毎朝一度は果敢に挑戦するようですが、チャー坊返しのおかげであきらめてます。

・・・・・つまりカーテン登りはされているわけで・・・orz

戸袋に入れなくなったので、普通に押入れ開けて中に入り込んで遊んでます・・・・・・

ええ、平地の押入れ開けなど

Photo_8 ←コイツにはまさに「朝飯前」なわけで・・・。

ちぇっ。ふすま紙の張替えの練習でもしといたほうが早いかな・・・・←後ろ向きsad

先日、撮りためしてた画像を消してしまったので今回のチャー坊返しの写真はまさに「撮って出し」です。猫ズの写真は過去掲載済みのものですがcatface

もっとイメージっ!!!!

Photo さて、問題です。

←チャー坊、なにをしているところでしょうか?

眠い?

甘えている?

遊んで欲しい?

叱られてシュンとしている?

正解は。

「おいしいものを食べた(と想像して)うっとりしている」です。

人間の食事中にはテーブルに乗らないようになった猫ズですが(乗るとおこぼれがもらえないから、じっと下で待つ)いつもいつもおかずがご相伴できるとは限りません。

お刺身を短冊で買ったときなどは縁の切り落とし部分を細かく刻んでもらえたりしますが。いえ、短冊じゃなくても、旦那がいるともらえたりもしますが。

基本的には人間の食べ物はあげません。味付けしてあったりするわけだから・・・。でも、焼き魚などは「素焼き」にするようにはしてます。だって絶対欲しがるから。一口くらいずつはもらえるわけですが、もらう前にチャー坊はこんな顔して待ってます。

Photo_2 目を細めて、ちょっと妄想してるような顔して待ってます。チャー坊的には魚以外にも、他のおかずもみんな食べてみたいようですがもらえないことが多いので想像だけしているようです。

←「煮豆の味と卵焼きの味を妄想中」

ミィナはあまり人間の食べ物に興味を示しません。あげれば一口くらいは食べますが食べ方がヘタというか・・・・大抵モタモタしてるうちにチャー坊に横取りされてます(笑)

最近、暖かくなって食欲増進月間(?)なんでしょうか、カリカリが今までの量では「足りない、足りない」と催促します。こちらとしてはダイエットさせたいのでなるべく与えたくないんですが・・・・・そうすると実力行使にでます。ゴミバコを倒して漁る。ゴミ袋を破って漁る。カリカリの入っている引き出しをチャー坊に開けさせ、ミィナが無理やり入り込んで袋にキバで穴を開ける。sad 追加ご飯をもらうまで絶対お昼寝しない。=冷蔵庫の上とか棚の上に乗って買い置きのラップやペーパータオルを片っ端から落としてみせる。

お仕置きぢゃっ!!!!!とお風呂場に閉じ込めてみましたが(もちろん湯船は空っぽです)嬉々として遊んでいる・・・・・・orz

何か・・・・何かこいつらにとって脅威なものをさがさなくては・・・・無法地帯になってしまうぅぅぅ~crying

がび~ん・・・・・・。

た、立ち直れない・・・・・・・。

デジカメのメモリが一杯になってきたので、外付けのHDDに読み込みした。おお、保存先を間違えたわ~とあちこちいじっているうちに・・・・・

消しちゃったぁぁぁぁぁ・・・・・・・・(爆涙)

読み込みと同時にメモリからも消去してるし・・・・。

偶然撮れたチャー坊の新しい(?)妙な寝相とか・・・・・お外眺めてるときのミィナとチャー坊のシッポが「相生結び」みたいになってるやつとか・・・・

チャー坊がミィナのオシリに噛み付く前の口アングリの顔とか・・・。

ミィナがトンネル遊びしてる姿とか・・・・・

全部消えちゃったよぅぅぅ~(泣)

もう一回・・撮れるかしら・・・・・・・

Photo 「いゃ~よ。」

ミィちゃん、そんなこと言わずに、ねっ、ねっ、せっかくにぃたんの会社から細長ダンボール運んできたんだからさ、もっかいトンネル遊びしよ?

Photo_2 「またボクの寝てる間に変な寝相だって大笑いしながら撮ったんだろ? ヤダよ。」

チャー坊、そんなこといわずにさぁ・・・以外とチャー坊の寝相に「萌え~」な人いるかもよ?

「・・・・・・・・・・ヤダ。」

・・・・・・・orz 新しいネタは遠い・・・・・・・crying

春眠暁を・・・・

春はよく眠れます。猫もヒトも。こちらの地域でも桜の開花宣言がされました。寒すぎず暑すぎず、これくらいの陽気が一番いいですね。湿度も低いから洗濯物もよく乾くし。・・・・・・花粉飛ぶけど(爆)

休みの日でも、いつもよりは少しだけ寝坊する程度で朝起きて洗濯などに励むワタクシですが・・・・

Photo ←洗濯物を干し終わって、やれやれ、今日は珍しく猫ズは見物にこなかったな~なんて思ってたら・・・・階下に下りるとこんな光景が。

アンタら、起きたんじゃなかったんか~朝ごはん食べたらまた寝るのか~

Photo_2 「だって、にぃたんがママちゃはお洗濯だからここで一緒におりこうでねんねんしようって言ったんだ」

あ、そうですか・・・・。

「起こしちゃだめだよ、ボクが添い寝してあげてんだから」

・・・・・・・。ちぇっ。

酔う

またまた、映画です。いえ、酔っ払いの映画ではありません。

バンテージ・ポイントです。

猫とシェスタ スタルカさんも「思わず肩に力が入る」とおっしゃっていたオススメ物。

こーいった編集のしかたの映画ははじめてでした。たとえるなら縫い物で言うところの

「半返し縫い」のような。様々な角度から事件を見るわけですが・・・。途中、大○領が○○されて(言ってしまうと今から見る方がおもしろくないので隠してます)QQ車に乗せられるところでは思わず旦那と顔を見合わせました。「そ、そうきたか~!!」と。

しかし、聞きしに勝るカーチェイスのすごさ。その臨場感にワタクシ、スクリーンを見ているのになんだか車酔いのような感覚に・・・・・・平衡感覚がおかしくなっているんでしょうか(笑) 「不死身か~!!! バーンズ!!!」と思わず叫びたくなるような強靭なSP。

誰か、あの車はなんという車かご存知の方います?←パンフレットは最近買わないのでわからない(藁)

Photo

「・・・・・・・フンッ・・・・・・グレてやる。」

経験値ゼロのヒト

猫ズが「がんばったお留守番」体験の少し前のこと。

旦那の大学時代の友人がやってきました。卒業以来なので実に○年ぶり。たまたま一人旅でこちらの方面にやってくるとのことだったので

「じゃあ、ウチに一泊すれば。猫いるけど。」

ということになりました。ウチに誰か泊まるなんて、私にも旦那にももちろん猫ズにもはじめてのことです!!!!

私「ふとん、どうする? 客用布団とかないけど」

旦那「遍路のときの寝袋があるからそれでいい」  いいのか・・・・?

私「私、下で猫ズと寝るから、二階で寝てもらえば?」

旦那「下で寝てもらって猫らがウロウロしたほうがおもしろいだろ」 え、寝れないんじゃないの・・・?

そして、やってきました。猫経験値はほとんど無しに近いヒトです。まずはお風呂に入ってもらいましたがその間、猫ズはカバンの匂いを嗅ぐのに忙しく。(検査?)

会うのは久しぶりなので話もはずみます。

Photo

←警戒中? でも、ミィナが警戒を解いて手のにおいを嗅ぎにいくとチャー坊もやってきましたが。

結局、居間で寝てもらうことになったんですが(弱でホカペの上に寝袋&こたつふとんを掛け布団かわりという) さすがに猫ズのご飯などは二階に移動させました。

翌朝、猫ズの行動を聞いてみると・・・・

「寝てたら顔近づけてきて耳元とかフンフン匂いかいでゴロゴロいってた」

「朝になって寝袋たたもうとしたら中に入っちゃった」

そりゃ、ぐっすり眠れなかったことでしょう・・・・と謝ったけど気を使ってくれたのか「ゼンゼン平気~」と言ってくださいました。

ちなみに、それはどっちの・・・・・・?

Photo_2← こっちだそうです。

「オマエ~やっぱりオトコが好きか~」とにいたんに言われてしまったチャー坊(藁)

Photo_3 知らない人が来るとすぐに階段の中ほどまで逃げて警戒するミィナですが・・・今回の客人は遊んだりしてくれないけど手を出してきたりもしないので(無干渉に近い感じ?) 警戒対象から外れるのも早かったようです(笑)

関東からのお客人は朝食後、旦那と一緒に大和ミュージアムなどをまわって空路帰っていかれました。Photo_4

「ボクんちにお泊りしたいひと、寝袋で寝れる人じゃなくちゃね」

「にゃんこが平気なヒト限定よね。」

そーいう意味では猫経験値が少ないヒトは先入観もなくてよかったのかも・・・。猫ズもいい経験をさせてもらえました(?)

スイッチはどこに

な~んにも深く考えず、単純に楽しめそうなものを、と思って

「魔法にかけられて」

を見てきました。あ、映画ですよ、映画。アニメーションの世界から現代のニューヨークへ、の設定です。途中、「これはディズニーランドのパレードか?」と思うようなシーンもあり。ぬるめのコメディミュージカル系?

でもね、でもね・・・・・。歌ってお掃除するのはそりゃよろしいでしょう。鳩は問題なし。ネズミもこの際ガマンしましょう。今年の干支だし(←関係ない?)

でも ゴ○○リだけはやめれ~!!!!!!!!!!!

そりゃぁ、現実世界にいるリアルさといえばそうだけどさ。見たときはオエッとなったね。

しかし、この作品で私がとっても気に入ってしまったキャラ。プリンセスでもプリンスでもなく。

ナリッサ女王(魔女)最高!!

演じるはスーザン・サランドン。ちょっと美川○一のにほひがするけど(笑)いいわ~このヒト、ハンパなくいいわ~。

見終わって、ショップにはサントラ盤CDを買うおとーたまの姿が・・・・えぇぇぇぇぇ~?気に入ったんですかい。

Photo ←もちろんうちのプリンセス。

「ミィちゃん、プリンのほうがいいの。クリームプリンがいいなぁ・・・。」

Photo ←そしてプリンス・・・・・にはちょっと遠いか・・・・

「なんだよっ なんで遠いんだよっ 王冠買えよっ トラ皮のっ!!」

・・・・やっぱりキミはわかってないな・・・。

ちなみにおとーたま購入のCDはさっそく会社に持っていって運転中に聞いているそうです。まあ、あの音楽ならスピード出したくなることはないだろうからいいか・・・・。

扉のむこう

足音でわかるのか気配でわかるのか、猫たちが鳴いているのが聞こえる。ポストから覗くとチャー坊の茶色いお手手がニュ~とでてきた。カギを開ける間ももどかしく、扉を開けてすぐに秒速で二人とも玄関内側に入る。←もちろん、猫ズ脱走防止のため。トロトロしてると隙間から出ちゃうから。

後ろ手に鍵をかけつつ、下駄箱に上の猫ズに「ただいま~」「おりこうしてたかね~?」と声をかけるが・・・その視界に広がる光景は・・・・。

廊下一面の雪 もとい 廊下一面のトイレ砂

玄関上がり口からつきあたりの洗面所の扉までずっと。そりゃあね、ウ○チハイのときとか、その後とか、若干の砂の撒き散らしは今までもあるけどね・・・なんでぇ? しかし、とにかく箒とチリトリで少しずつ集めながら掃除。(夜なので掃除機使うのは自粛) 「派手にやったなぁ~」と旦那。

そして、掃除しているそばから砂の上をスライディング&ドリフトしてみせる猫ズ。

そ、そうか・・・・そうやって遊んでたのか・・・・・・・orz

察するに、新しいトイレ&新しい砂(自分のにおいの全くないもののとりあわせ)にウキャキャ~!!!!となって遊んでいたものとおもわれます。そして今、私と旦那の帰宅に狂喜してまた遊んでいる・・・と・・・・・。

居間に入ると、お皿はからっぽ。まあこれは想定内。新しいフード&お水の「食べ放題飲み放題器」のご飯も食べてある。(残っているけど)

猫草は引き倒され、土ごと鉢からひっこぬかれ。

それでも葉っぱは食べてある様子。Photo

「いいんじゃないの? これくらいならカルイもんでしょ? 掃除すればすむじゃない。でもその前にご褒美のおやつ頂戴よね。」

ため息と笑いまじりに片付けと掃除。猫ズは留守番の間、食べたいだけ食べて遊びたいだけ遊び、寝たいだけ寝たので元気いっぱい、部屋のコタツのまわりを追いかけっこする様子はさながらどこぞの駅前のロータリーのよう(藁)

カーテンは無事、ふすまも無事、まあこれくらいの惨状はよしとすべきか。

Photo_2「エヘッ お留守番ってイタズラしてても起こられないからいいわよね。 ご飯も食べ放題だし。でも短い時間のお留守番ならまたしてもいいけど、長いのはいやだわ」

ミィちゃんよ。ベロが出てますぞ。

Photo_3 「え?今回おみやげなし?この前はウサギ毛の襟巻きだったじゃんか。今度は長い時間だからトラ皮のパンツくらい買って来てくれると思ったのに・・・・・その饅頭よこせよっ」

なんとかお留守番期間も過ぎました。次なる目標は・・春遍路再開ですが・・・・今度は2泊くらいになりそうなのでさすがにお家で2にゃんだけでは無理・・・・いよいよペットホテルお泊り体験なるかっ?

「もう次の留守番企画があるのかよっ!!!」

三種の神器と天下の奇祭、ちょっとだけ狐

「尾張○○○は城でもつ」の駅に到着して(そんな長い駅名はありません)本日のスケジュール消化の開始です。

電車で移動して、まずは三種の神器のひとつ、「草薙の剣(くさなぎのつるぎ)~あめのむらくものつるぎ~」を祀ってあるという某神宮へ。たくさんの大きな木々にかこまれた○田の森とよばれる神域の中を通って本殿へ。

Hongp2 早朝でも参拝者はちらほら。すぐ近くには大通りもあるんですが一歩参道を入ると喧騒を忘れます。

本殿から少し歩いたところにある「ならずの梅」が満開でした。

花は咲くけれど実は成らず、の不思議な梅。時折花びらが舞い降りてくるので見上げるとメジロが梅の枝の間を飛び交っていました。

ウグイス色のボディに白いアイラインのメジロは白とピンクの梅の花に映えて、なんとも風流です。

駅の近くのマク○ナルドで朝食&洗面。(おかーたまは壁塗り補修工事←化粧やり直しのこと) 夜行バスでの移動だもん、顔も洗えなかっただぁ~ね。ここでようやく顔のテカリも直せて(笑) 「朝マック」はひさしぶりでした。

そして再び電車→バス→電車 で移動。次にやってきたのは「天下の奇祭」で知られる某神社です。実家から歩いていける距離なので毎年のように祭りの日にきました。祭りの日は学校も半ドンになるんです。あちこちの基地から、外国人観光者も大型バスでやってきます。中学の頃は覚えたての英語を駆使して(笑)でも、通訳の人の補助がほとんどだったという説も(大藁)

なんでここが「天下の奇祭」なんていわれるか?それはねぇ・・・・ご神体がねぇ・・・アレだからですわ。写真を載せるとちょっと問題になるかもしれないので、旦那が会社の人たちに買ったおみやげを。

Tagaji_5 あえて横向き(藁)

ご神体をかたどった、カステラ焼きのお饅頭です。

セクハラにならないのかーーー?

「天下の奇祭」なんていわれていますが、五穀豊穣を祈る、おおらかなお祭りです。クライマックスは恒例の「モチ投げ」ですが、女性と子供、お年寄りにはモチ投げエリアより退避勧告がされるくらいです。

あ、ここのご神体は男性ですが、女性版ご神体の神社も少し離れたところにちゃんとあります。

その後、歩いて実家まで移動。天気はよく、紫外線の多さに春の訪れを痛感するおかーたまであった←ヘンな表現(笑)

土産を配り、もちろん忘れずに猫たちの写真を見せて自慢しまくり、しばらくして和尚さん到着。

この宗派、般若心経などは全員で唱和させられるのですがある意味「お経なれ」している旦那、朗々と読み上げておりました。これはイカン、と和尚が思ったのかどうか(藁)手渡された唱和本にのっていない真言をふたつほど追加されました。(本当は初めからそのつもりだったかもしれないけど)

その後、お墓参り。旦那はここでも、墓石に水をかけつつ、ゴシゴシとスポンジでこすって汚れを落としてくれました。

花を活けかえ、ロウソクと線香を手向けて、みなで手を合わせる。

その後、お店に移動。名○屋コーチンの陶板焼きなどを食べつつ、ビールも飲みつつ談笑。姪っこ二人は旦那からおこずかいをもらえてホクホク顔。

帰り道、父が時折行っていたという「おちょぼ稲荷」に立ち寄る。正式には「お千代保稲荷」らしく、岐阜にあるところの分院になるらしいけれど・・・ひらがなの「おちょぼ」のほうがなんとなく親しみを感じる。

一旦実家にもどり、妹その1の義父母が飼っているという猫(外猫)をみせてもらう。前足を片方傷めて帰ってきたらしく、びっこになっていると。早々に病院に連れて行くように力説しておいたが・・・・・・。

それから、妹その2(おかーたまは三人姉妹の長女である)にJR主要駅まで送ってもらう。朝にもましてすごい人ごみである。人の流れができている。「人ごみに酔う」という感覚をはじめて味わった。

「駅麺通り」なるところでラーメンを食べる。塩ラーメンだけど、さっぱりしててお酒のあとにはよかったけど、こってり好きのだんなには物足りなかったらしい。

新幹線も自由席はほぼ満席。京都についてからやっと座れた。乗換えをして、やっと自宅近くの駅に。時刻は21時過ぎ。駅から家まで競歩のようになり旦那と抜きつ抜かれつ、タッタカと歩く←変な夫婦である(笑)

さて、猫ズは? 家の中は?

つづく  たぶん。

おしたくは花粉とともに

さて、猫ズは自宅での留守番となってから、まず課題となるご飯とトイレの問題。

現在、使っているトイレは二つ。階段下のスペースにちょうどならんで置いてあるが・・・さらに一個臨時トイレを増設することに。置き場所は今のトイレのすぐ近く、廊下に「はみ出し」で設置することにしました。

そしてご飯。もちろんカリカリを出しておくんだけれど・・・・今まではお皿にテンコ盛りしていたけど、少し前の太宰府行きのときは出したそばからバクバク食べてしまい・・・・・。

P324422a ←こんなの買いました。あ、ワンコではないですよっ、給仕給水器のことですよっhappy02

タイマー式の自動給餌器もあるようですが・・・・2にゃん分買うのはちょっとたいへん。

これは結局のところ食べ放題(ダイエットフードだけど) 飲み放題(水だけど)式ってことですなcatface

お皿にもカリカリを出しておいたけど、これも設置(もちろんカリカリは満杯ではなくて四分の一くらい)水はこのほかに二箇所置いて、うむ、これでよろしかろうっ!!!scissors

Photo ・・・・・・食べ放題? 好きなだけ食べていいの? 

ホントに? 

なんかワナがあるんじゃねーの?

昼間は暖房なしでも十分なくらいの陽気になってきたけど、朝晩はまだまだ冷える。なので、例によって電気毛布をひざ掛け毛布と普段私が使っている毛布でサンドイッチ状態にして、弱温設定でつけておくことに。上にのっても暖かいし、毛布ならもぐってもいいし。

出かける頃には猫たちはネムネムモードに突入していた。なでながらよくよく言い聞かせ(多分聞いてないだろうケド)戸締りバッチリ、元栓もしっかり締めて、出発。

夜行バスの座席は二階最前列が予約できた。でも、昼間ならカーテンも開けて車窓も楽しむこともできようが夜なのでできず。ほとんどの人が寝てしまうので高速走行中は対向車のライトやトンネルのライトが入ると寝苦しくなるので開けちゃいけないんだって。

しかし、せまいっす。去年の春に私は往復で乗ったけど、車から降りての休憩はないのでトイレは車内設置のものを使うしかないんだけどこれがまたすごく狭い。夜中途中でトイレにたった旦那は「ズボンがおろせないかとおもった」くらい狭いっす。

Photo_2  

「アタチもなんだか狭いんだけど・・・」

「ミィねえちゃんのぽんぽん、ふかふかで気持ちいいんだ」

ほぼ1時間置きに目を覚ましながらも(そりゃ熟睡はできませんて)予定時間より若干早く到着。やるな、JR○○。しかし~まだ朝の7時までにもかなり時間があるっつーのに、日曜の朝だっつーのに、なんでこんなに人が多いかねぇ?という多さ。

実家の法要以外に2箇所、行こうと思っていた場所がある。天気もいいし、さあサクサクうごかないとね、とキモチはそう思うが・・・・・長時間のバス乗りはシリがいたい・・・。窮屈なシートで体の向きをかえてみたりしていたけど、腰も痛い・・・・いやしかしっ!!いくぞっ、と紅葉饅頭入りスーツケースをズルズルと引きずりながら歩き出しました。

続く。たぶん。

記録更新 ~ボクたちアタチたち、がんばりました~

今までの、猫ズのお留守番最長時間は18時間くらい。今回、更に上回る25.5時間の記録がてましたっ!!!! 新記録樹立です!!!←おおげさ(笑)

亡き父の十三回忌法要。家族と近しい親族だけで行うことにしたものの、おかーたまは金のシャチホコ城の某県までいかねばならぬ。法要の日時も決まった時点で、さて猫ズをどうするかと再三おとーたまと協議した。

初めは「猫ズ同行プラン」が有力であった。もちろん、なによりも猫ズを自慢したいからにほかならないが(藁)

Photo 「ミィねぇちゃん、ママちゃとにぃたん、時々ボソボソ話してんだ。絶対なんかたくらんでるんだよ、きっと」

「チャー坊、もっと探ってくるのよ。ボソボソってことはなんかよくないことだわ、きっと」

しかし、車で高速使っても6時間以上。途中の休憩もいれたらもっとかかる。車慣れしていない猫ズに、いや慣れているとしてもそれだけ長時間のドライブに耐えられるか?

そんな思いして連れて行ったとしても、泊まりとなれば夜はペットホテルに預けねばならない。実家には大型犬のラブラドールがいるからである。

長時間ドライブ&ホテル泊まり。ストレスを考えると却下となった。

では猫ズをこちらで預けていく、というのは・・・?かかりつけの動物病院はペットホテル併設であるが。・・・・・・しかし、これも迎えに行く時間を考慮すると一泊余分にさせねばならずケージ生活は皆無に近い猫ズには・・・・・と却下。

結局、ニンゲン側の行動時間を最短にし(一泊などはせず)あとは猫ズにがんばってもらうということで。

夜、夜行バスで出発。早朝、金シャチ県に着。実家に移動。法要&墓参りを済ませて参加者で昼食会。その後、JR主要駅に移動し、新幹線でバビュッと帰る・・・・・というパターン。

まさにトンボ帰りに近い道程ではありますが、これで行くことにしました。

Photo_2 「・・・・・ってどーいうことだよ。またお留守番なの?」

「なんか、最近お留守番多いんじゃないの?」

いや、ゴメンよ。でもね、ニンゲンっちゅ~ものはね、色々とあってね・・・・。

続く・・・・・たぶん・・・・

あなただけに

Photo  

ほぼ毎朝、旦那の枕元におもちゃを「お運び」するチャー坊ですが・・・・では、旦那が出張でいないときはどうするか?

運びません。夜遅くなっても帰ってこないから「今日はいない」と認識するのか、朝、おおきなカバンを持って出かける姿をみて「今夜はいないな」とわかるのか、あるいは いびきがきこえないから わかるのか・・・。

早朝の「カーテン登り」は旦那のいるいないにかかわらずしますけど。

でも、先日。朝、コトンコトンとおもちゃをお運びする音が。

ああ、チャーちゃん、私にもお運びしてくれるようになったのね、どんなおもちゃ持ってきてくれるのかな

と、布団の中で待っていたら・・・・・・。

持ってきたのは「ねずみジャラシ」 ジャラシ棒の先にネズミのおもちゃがついているやつです。ネズミ部分を口に咥えて持ってくるので、棒部分が階段にあたってコトンコトンと音がしていたようです。買い与えてすぐにシッポは食いちぎっちゃったんですが、シッポなしネズミでも振ってあげると大喜びで遊びます。

よしよし、それを振って遊んであげればいいのね~?・・・・・・・と思ったら。

旦那側のふとんのスペースを見て(いないから布団は敷いてない) 「あ、今日はにぃたんいない日だったか」という顔をしました。←ほんとに、そんな顔つきだったの。寝ぼけたのかなんなのか、旦那がいないことを忘れていたようです。

そして、ネズミをくわえたまま、再び階段を下りていってしまいました・・・・・・・・・・ orz

ママちゃにもってきてくれたわけじゃなかったのね・・・・。あくまで「にいたんに」もってきたのね・・・・・・。そして間違ったことに気づいたから、持って帰ったのね・・・。  チャー坊よ・・・・ママちゃはちょっとカナシイ・・・。

Photo_2  「にいたん、いたりいなかったりバラバラだからなぁ・・・。待ちがえちゃったよ。ママちゃはボクがお運びしなくても自分で持ってきて遊んでくれるからな」

Photo_3 

「だから、アタチがここから選んでもっていけばいいんでしょ?」

ミィちゃんよ。それはゴミバコだってば。

上着じゃないのよ

正月以来、映画にいってなかった。そろそろなにか見ようということになり、ちょうど封切りになった

「ジャンパー」

上着のジャンパーではなくて、(え?あれはジャンバーだったっけか?) ジャンプ=飛ぶ=瞬間移動のことですな。テレポーテーションってやつでしょうか。

主演、ヘ○デン・クリス○ンセン→スター・ウ○ーズのアナキン・スカイウォーカーのちのダースベイダーですな。

途中、日本で撮影したシーンが出てきますが・・・・確か、「銀座線」とか出てきた。109とかもでてたし。でも、これはどうやらゲリラ撮影した様子。周りが振り返ってるんだもん。

で、ある日いきなり瞬間移動ができるようになるわけですが・・・話が進むにつれ、バンバンビュンビュンとびます。テレポートシーン、大安売りです。飛びすぎです。

全体としては・・・・ストーリー的に見てもB級の匂いがします。次回作を連想できるほどの展開はなく、かといって話の上でもなにも解決してないような状態のまま・・。

インディ・ジョーンズの新作が6月頃公開されるらしい。早くみたいなぁ・・・。

Photo

シメはもちろん、うちの「ジャンパー」チャー坊です。ただし、室内限定(藁) 

日々精進

「空中浮遊できるようになりたいです」 な~んて言っていた(言わせていた? 藁)チャトラン。

普段から追いかけっこしたり、飛び跳ねて遊んではいるものの、そこは狭い我が家。思い切り跳躍力のトレーニングできる(単にジャラシで遊ぶだけ)特設リング(注 コタツなどの障害物をどけた状態)は掃除の間限定。

限られたスペースでいかに効率よくジャンプするかが課題となります。

Photo

←空中浮遊?なんちゃって。垂直飛びです。これはまだ低いほう。やはり助走をつけての「水平飛び」のほうが高く飛べるようです。

その時の状況にもよりますが、水平飛びだと1メートルくらいの高さはラクラク飛びます。

Photo_2 ←これで約50センチくらいの高さのジャンプ。

しかし・・・・・ほんと、シマシマだな、キミ・・・・・。 happy02

Photo_3 ←実はこーやって撮りました。

一人では無理なので ワタクシがジャラシ振り係り、おとーたまが撮影係りです。

水平とびの、「おおおおっ」という跳躍も撮りたいですが・・・なかなか・・・・coldsweats01

さて、精進すべきは おかーたまの技量か、チャー坊のジャンプ力か。

Photo_4

「アタチは・・・もうちょっと飛んだほうがいいのかしら」

水辺の夫婦は仲良し夫婦

運動不足を少しでも補うためと、遍路再開にむけての足慣らしもかねて、家の近辺をウォーキングすることにした。といっても、旦那がはやく帰ってこれた日の夜限定なので、三日坊主の匂いはプンプンするのですが(藁)

Photo アタチはねこじゃらしでエクササイズだも~ん♪

ミィねぇちゃん・・・・ボクが・・・・ボクが映らないよぅ・・・お手手どけてよぉ・・・。

近くには川沿いに散歩コースが作ってあるところがあるのでまずはそこを歩いてみることに。朝夕はよく犬の散歩をさせている人を見かけるが、夜ともなると人気はなし。川は一部(もしかして全部か?)人工ではあるけど、よく鳥たちもくるし、コイや他の小魚もいるし、浅いので夏は子供も水遊びしている。

ミィナを保護した橋の下をくぐって水辺を歩きました。

土手の草はきれいに刈り取られていて、適度に地面がやわらかくて歩きやすい。土の上はコンクリートやアスファルトと違ってやっぱり足に来る衝撃がちがうなあと思いながら、色々と話をしながらテクテク歩く。旦那は自転車用のライトを(自転車からはずして)持ってきているので、暗いところは照らしてもらえるし、なによりこの川は住宅や店舗や幹線道路の間をぬって流れているのでその明るさも多少なりともあって真っ暗で足元がみえないことはない。

ゴイサギがボーーーッとしているのを見つけたり、土手の斜面を登っていく猫を見つけたり。しばらくして、前方の枯れ草の上に黒い塊を二つ発見。猫かな?とおもって目を凝らすと、一匹がスススーっと水の中へ。

かっ、カワウソ?  それにしてはデカイ。

陸上に残った一匹。2メートル以内と思われる距離に近づいても逃げようとしません。その横顔をまじまじと観察してわかりました。

ヌートリアですっ!!  察するにヌートリアの夫婦のようです。

3

←参考画像です。携帯を持っていなかったので写真も撮れず、残念でした。

目も小さくて、耳も小さい。動かないのはこちらの出方をうかがっているのか、怖くて足がすくんだのか・・・・・。

それでもしばらくして水に入りました。後ろ足の水かきがみえます。上手に川を横断し(といっても幅は2メートルあるかないかなんだけど)巣穴の横でこちらの様子をみてからスススッと入りました。

夫婦だろうねぇ、春になったら子供のヌートリアとかつれてカルガモみたいにゾロゾロ泳いでたりしてねぇ、などと話しつつ帰路につきました。

ほんの気まぐれででかけてみたウォーキングですが、仲良しでたくましく(?)生きているらしいヌートリア夫婦を見れて、よかったです。おそらく近辺にお住まいの人はヌートリアの存在に気づいているんでしょうが、そっとしておいてあげたいです。

ワタクシ、こーいうものです

脳内メーカーなどでも人気のあった「うそこメーカー」の名刺メーカーが今あちこちで話題に。

とてもヒトサマに渡せないような名刺なんですが・・・「見たいわ」の意見もあったので(藁)

Photo まずはチャトラン。  「コードネーム ヘルニア」って・・・・んか闇の仕事でもしてんのか? それで「金」なのか?

Photo_2でもこれが、普段の呼び名の「チャー坊」になると・・・。

オーガニックキャッチャーねぇ・・・モノは言い様だわねぇ・・・でも、疲れてんのね(笑)

Photo_4 次はミィナ。サバイバル?勢い?・・・・・うーーん、ミィちゃんぽくないねぇ。そのおっとりさじゃ、野生じゃ生きていけないタイプなんだけどなぁ・・・。獲物、自分で捕れなさそうだし、せっかくとっても横取りされそうだし。(チャー坊みたいなやつに? 笑)

Photo_5 じゃあ、普段旦那が呼ぶときみたいな、チャー坊とおそろいの「ミィ坊」で。坊じゃないけど。女の子だけど(笑)

・・・・・・・メタボ同好会会員ですか・・・・そうですか・・・・・そのとおりだね・・・・・orz

Photo_6 オホホホ、お肉中心主義ですって、そのとおりだわ。

しかも「猫」ですってよ。

でもね、本名でやっちゃうとね・・・・。

Photo_7 「夢の中ではズッキンドッキン」ですってよっ

あああ、またこれ見てなにか言われるんだよなぁ・・・

おまたせしました、おかーたまです。

Photo_8 なーーんの面白味もない名刺ですわね。「無」だしさ。

でもね、本名でやっちゃうとね・・・・。

Photo_9 「自称 悪の総帥」ですってよっ。ええ、そのとおりでございますわよっ←開き直り

Cc9319ed3b3bd317b9a22157e5f48d99 ちなみにこれが脳内メーカー正面バージョンでのワタクシ。

ええ、全部「悪」ですの・・・・・。gawk

雨降りはつまらない

いつも、掃除の間は寒くても窓を開ける。

換気のために開ける時と違って大きく開くので、猫たちも走ってきて外を眺める。といっても、景色がいいわけではないのですが。ガレージ側をあけていると、時々スズメがきたり、茶白のありたまくんが歩いていったり、のらにゃん似の黒チビちゃんとかが来たり。

でも、雨が降ると来訪者はほとんどなし。今朝はチャー坊ご贔屓の(藁)ヤクルトのおねえさんが来たきりです。天気が悪いと普段よりよく寝る猫ズですが、それでもずーーーっと寝たままではないので、退屈してきてしまうらしい。

Photo  

「ミィねぇちゃん、遊ぼうよぅ」「ねぇ、まだ眠いの?遊んでよぉ」

月齢で2ヶ月くらいしか違わないのに、おねえちゃんは大変です。

はいりましたっ

かねてより、「入ってくれない」と嘆いていた「ピンクハウス」(←ホワイトハウスに対抗している?藁)ですが・・・・。

Photo 入ってくれるようになりましたっ!!

ただ入るだけでなく、ちゃんと中で熟睡してくれます。ミィナだけでなく、チャー坊も入ってくれます。一緒に入って寝てたりもします。ウッウッウッ、ママちゃはうれしいよぅ・・・・。crying

なにがあったんでしょうか、どーいう心境の変化なんでしょうか、入ってくれた姿を思わず出張中の旦那にメールしたりもしました(笑)

最近、「猫団子をつくる(つくらせる?)コツ」として、「室温を低めにしておく」ということに気づいたおかーたまです。室温というか、ファンヒーターの設定温度を、ということですが・・・・。あったかいとそれぞれ別の場所で寝たりしますが寒いとやっぱりくっついて寝たほうがお互い暖かいとわかっているようなので・・・・・。でもあまり寒すぎるとコタツに入っちゃって、団子姿も見えなくなるんですが・・・・(笑)

Photo_2←なかよく 猫団子。

設定温度18度くらいか、あるいはファンヒーターをつけていない昼間。室温は13~15度くらいになるようですが、これくらいなら団子に。これ以下の温度だとコタツにもぐってしまいます。コタツの中ではビロ~ンとのびてますが。

Photo_3  ←ちょっとボケてますが、なかよくハンモックでの ねこだんご姿。ハンモックはカミツレさんお手製です。

カミツレさん、相変わらず愛用させていただいてますwink

ファンヒーターの設定は20~22度、風向きをちょっと変えるとちょうどハンモックの下側を温風が通るので暖かくて気持ちいいらしいです。

さあ、3月です。今月は(今月も?)色々と予定が目白押しです。

猫ズはじめての、超距離移動の旅行(お泊りつき)なるか? それとも病院預かりのお泊りなるか? 

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »