« おしたくは花粉とともに | トップページ | 扉のむこう »

三種の神器と天下の奇祭、ちょっとだけ狐

「尾張○○○は城でもつ」の駅に到着して(そんな長い駅名はありません)本日のスケジュール消化の開始です。

電車で移動して、まずは三種の神器のひとつ、「草薙の剣(くさなぎのつるぎ)~あめのむらくものつるぎ~」を祀ってあるという某神宮へ。たくさんの大きな木々にかこまれた○田の森とよばれる神域の中を通って本殿へ。

Hongp2 早朝でも参拝者はちらほら。すぐ近くには大通りもあるんですが一歩参道を入ると喧騒を忘れます。

本殿から少し歩いたところにある「ならずの梅」が満開でした。

花は咲くけれど実は成らず、の不思議な梅。時折花びらが舞い降りてくるので見上げるとメジロが梅の枝の間を飛び交っていました。

ウグイス色のボディに白いアイラインのメジロは白とピンクの梅の花に映えて、なんとも風流です。

駅の近くのマク○ナルドで朝食&洗面。(おかーたまは壁塗り補修工事←化粧やり直しのこと) 夜行バスでの移動だもん、顔も洗えなかっただぁ~ね。ここでようやく顔のテカリも直せて(笑) 「朝マック」はひさしぶりでした。

そして再び電車→バス→電車 で移動。次にやってきたのは「天下の奇祭」で知られる某神社です。実家から歩いていける距離なので毎年のように祭りの日にきました。祭りの日は学校も半ドンになるんです。あちこちの基地から、外国人観光者も大型バスでやってきます。中学の頃は覚えたての英語を駆使して(笑)でも、通訳の人の補助がほとんどだったという説も(大藁)

なんでここが「天下の奇祭」なんていわれるか?それはねぇ・・・・ご神体がねぇ・・・アレだからですわ。写真を載せるとちょっと問題になるかもしれないので、旦那が会社の人たちに買ったおみやげを。

Tagaji_5 あえて横向き(藁)

ご神体をかたどった、カステラ焼きのお饅頭です。

セクハラにならないのかーーー?

「天下の奇祭」なんていわれていますが、五穀豊穣を祈る、おおらかなお祭りです。クライマックスは恒例の「モチ投げ」ですが、女性と子供、お年寄りにはモチ投げエリアより退避勧告がされるくらいです。

あ、ここのご神体は男性ですが、女性版ご神体の神社も少し離れたところにちゃんとあります。

その後、歩いて実家まで移動。天気はよく、紫外線の多さに春の訪れを痛感するおかーたまであった←ヘンな表現(笑)

土産を配り、もちろん忘れずに猫たちの写真を見せて自慢しまくり、しばらくして和尚さん到着。

この宗派、般若心経などは全員で唱和させられるのですがある意味「お経なれ」している旦那、朗々と読み上げておりました。これはイカン、と和尚が思ったのかどうか(藁)手渡された唱和本にのっていない真言をふたつほど追加されました。(本当は初めからそのつもりだったかもしれないけど)

その後、お墓参り。旦那はここでも、墓石に水をかけつつ、ゴシゴシとスポンジでこすって汚れを落としてくれました。

花を活けかえ、ロウソクと線香を手向けて、みなで手を合わせる。

その後、お店に移動。名○屋コーチンの陶板焼きなどを食べつつ、ビールも飲みつつ談笑。姪っこ二人は旦那からおこずかいをもらえてホクホク顔。

帰り道、父が時折行っていたという「おちょぼ稲荷」に立ち寄る。正式には「お千代保稲荷」らしく、岐阜にあるところの分院になるらしいけれど・・・ひらがなの「おちょぼ」のほうがなんとなく親しみを感じる。

一旦実家にもどり、妹その1の義父母が飼っているという猫(外猫)をみせてもらう。前足を片方傷めて帰ってきたらしく、びっこになっていると。早々に病院に連れて行くように力説しておいたが・・・・・・。

それから、妹その2(おかーたまは三人姉妹の長女である)にJR主要駅まで送ってもらう。朝にもましてすごい人ごみである。人の流れができている。「人ごみに酔う」という感覚をはじめて味わった。

「駅麺通り」なるところでラーメンを食べる。塩ラーメンだけど、さっぱりしててお酒のあとにはよかったけど、こってり好きのだんなには物足りなかったらしい。

新幹線も自由席はほぼ満席。京都についてからやっと座れた。乗換えをして、やっと自宅近くの駅に。時刻は21時過ぎ。駅から家まで競歩のようになり旦那と抜きつ抜かれつ、タッタカと歩く←変な夫婦である(笑)

さて、猫ズは? 家の中は?

つづく  たぶん。

« おしたくは花粉とともに | トップページ | 扉のむこう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ええっ?!するとおかーたまもシャチホコ県のご出身ですか? catfaceお父様の十三回忌に行く、と書かれている時点でわかりますよね、ふつう。coldsweats01(同県人のよしみで今後ともよろしくお願いいたします。)

天下の奇祭ってK宮のH祭りかと思いましたが、TG神社の方ですか。(どっちも行ったことないんですけど。)なかなかダイナミックなお祭りのようですね。夜行バスでお疲れのところにエネルギーが充填できたでしょうか。

引っ張る~
このネタで何回書くつもりじゃ~
途中でCMとかはさむんじゃないだろうな~

私も旅行から戻るとき、最後のとこで早足になります。今更数分早かろうが遅かろうが一緒ですけどね。やはり心配でね。ドアを開けるとタラが「バカヤロー」と言います。

八咫鏡・天叢雲剣・八尺瓊勾玉・・・。
実在したかどうかはさておき、
こういう史実をたどる旅って良いですよね♪
猫が心配でゆっくり旅行もままならないですが
たまには立ち寄りスーパー銭湯以外の温泉に行きたいなぁ・・・
↓これ、実家にあります!
自分らでガスガス叩いてご飯を出してますよ(笑)
カリカリが水の中に入っちゃってふやけてたりしますが^^;

♪MMMinMcity さん♪
同郷のよしみ、よろしくおねがいしますwink
K宮のH祭り、毎年すごく寒い日になるんですよね~。友人に必ず参加するツワモノがいるんですが「一度見に来てみぃ」といわれてましたが・・・・見に行くということは友人の「フンドシ姿」を見るハメになるわけで・・・結局行ってません(藁)勇壮なのはわかるんですけどねぇ。

♪サエコポン♪
正直、CMはさんじゃおうかと思ってましたが・・・先を読まれたからにはできなくなっちゃった(泣) 大丈夫、次でオチです(藁) やっぱり心配ですよね、家が近くなると逆に早く顔がみたくなりますよね。で、ドアをあけてタラネンコさんに「バカヤロー、どこいってたんだ」って言われると安心するわけですねcatfaceそしてしばらくは文句をいわれる・・・と(藁)

♪まきまきさん♪
ウチのは安物なのでガスガス叩く前にザラザラと出てくるのでまさに食べ放題です。水との間の仕切り部分は高いので、水の中にカリカリが入ることはないですが・・・・
神社仏閣好き、神域好きなので本当はもっとゆっくり宝物館なども見て回りたいんですけどねぇ。ただの「古いもの好き、骨董好き」の延長なだけなんですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おしたくは花粉とともに | トップページ | 扉のむこう »