« 寄らば大樹の上 | トップページ | 七輪リターンズ »

トカちゃんの受難

「トカちゃん」   渡○敷ナントカではありません。

トカゲです。

おかーたま宅は梅雨時~秋口まで、ヤモリのヤモちゃんが外壁やガラスの外側を歩いていますが、春~晩秋まで、トカゲのトカちゃんも現れます。住処となっている場所もいくつか確認済み。毎年、ベビーちゃんも生まれています。くもの巣にかかって「ピーーーッ」と泣いているところをレスキューしてあげたこともあります。

トカちゃんといっても二種類いて、いわゆる「カナヘビ」ベージュ色のトカちゃんと 「ニホントカゲ」ストライプもくっきりで以外と大きくなるやつの両方がいる。

Photo ←はじめはいつものようにスズメを観察していた猫ズが・・・。

そのうち、チャー坊だけ、視線が違う位置にあるこに気づいたので見てみると・・・・・。

ニホントカゲがいました。長さは10センチ弱。まだ幼体(コドモ)です。

Photo_2 「トカちゃん、いいところに!!  掃除する間、猫ズの相手しててくれる? 助かるわ~」

「マジかよっ!! やだよっ!! オレそんなヤバイことやだよっ」

「大丈夫。身の安全は保障する。小一時間もすれば飽きるし。無傷で外に出してあげるから」

Photo_3 「ミィねぇちゃん、コイツ、なんだとおもう? 青いシッポなんてしちゃってさ、生意気だよね」

「ずいぶん小さいわねぇ。こんなのでもニャーってなくのかしらねぇ」

ニホントカゲの幼体はブルーメタリックのきれいなシッポです。(大人になると青くないです)

Photo_4

「泣かないわねぇ・・・・かわいくないわねぇ」

「ビビッて声も出ないんじゃねーの? オ○ッコもらしちゃったとかさぁ」

Photo_5

「ボクがまだトラじゃないから馬鹿にしてんのかな」

「出てきて勝負しなさいよっ」

んな無茶な・・・・・。

Photo_6

「ヒッ、ヒィィィィ~ こいつら、コワイ~」

Photo_7  

「ミィねぇちゃん・・・・ボクが見つけたんだよ。さっきからミィねぇちゃんばっかり・・・・・。」

「アタチはおねぇちゃんだから、チャー坊が危なくないように調べてあげてるのよ」

この後、チャー坊も思う存分トカちゃんとにらめっこをし、猫ズがお昼ご飯を食べてる間に、トカちゃんは無事お外に帰りました。

トカちゃん、お疲れ様でした。

画像追加 ちょっとボケておりますが、携帯で急いで撮ったもの。はじめはほんとに2にゃんして「ガン見」してました。

Photo_8

トカちゃんはプラケースに入っているので、姿はみえても猫ズがツメをたてたりはできないです。

また、トカちゃんとか、カエルさんなどを食べるとお腹にムシムシくんがわくことがあるのでよいこのみにゃさんは絶対にたべたりしてはいけませんよ~bleah

« 寄らば大樹の上 | トップページ | 七輪リターンズ »

猫たち」カテゴリの記事

コメント

昔よくチョコ嬢が取ってきましたよ、トカゲ(笑)
パシッと捕まえたかと思っても、
尻尾切りして逃げちゃうんですよね♪
よく家の近所に切られた尻尾の残骸が・・・( ̄▽ ̄;
でも2ニャンともおとなしく遊んで(観察?)いますね☆
あんなに凝視されて・・・トカゲさん、お疲れ様でした^^;

ねこずにとって
そういう刺激って大切だと想う〜!
ああ、ひこが亡き母に
「これ、どうぞ」って持って来たやもちゃんを
想い出します。
母はびっくらこいたらしいけど。
そういう時は褒めれという教訓あるらしいですね。

アーちゃんずは、まあ、窓に向かって
鳥の鳴きまねするのが精一杯のネイチャーライフですわ。

つーことは、おかあたまがトカちゃんを素手でむんずとつかんで取り込んだわけですかっ!
そういうの、絶対無理。あんなヘビっぽい身体をさわるなんて無理。体温のない毛の生えていない這いずるものは全部NGだよ~。うが~っ。

ミィナちゃん、かぶりつき〜♪ 笑
あきらさんも、若い頃たくさんお持ち帰りしてくれました。
座布団をめくると、逃げ惑うしっぽのないトカさんが。。。

おかあたま、ムゴい~。
サエコポンとは違い、爬虫類好きです。うふ。

トカちゃんの恐怖を思うと、かつて実家で、ネコがいるにもかかわらずそこいらの廊下でかごに入れられて飼われていたうずらの不幸を思い出します。

チョロがまだ外にいたころ、庭のカナヘビは全員しつぽがありませんでした。
横浜の家では、玄関でのた打ち回るしっぽ(のみ)を見つけてびびったことがあります。うふ。

トカちゃん、おつかれ~。
ワタシは今日、道でカミキリ虫を見つけたので
ニャンズにプレゼントするのに連れて帰ろうとしたんだけど、ダーリンに却下されました。
都会っ子だから、虫がダメな軟弱ものですわ。ははは。

cat まきまきさん
少し前にもカナヘビのほうのトカちゃんが簾の近くを歩いているのを窓越しにみたりしてたんですが・・・。「動くもの」にはすごく興味を示しますね、本能なんでしょうねぇ。ジャム嬢も以前住んでた家ではセミとかバッタとか、ちょっと庭先に出してあげた間に(もちろん長いリード付きで)捕まえてきてくれました。スズメやモズまで生け捕りにしたのにはビックリ。リード付きなのによくぞ・・・と感心したものです。

cat beesanさん
いろんなおもちゃもいいけれど、こーいったものはすごくワクワクするみたいです。・・・・トカちゃんにはいい迷惑で(虐待?)こまるでしょうが。coldsweats01
猫さんは、「獲物」を見せに来るんですよね~。私も「そういうときはいっぱい褒めてあげるべし」って聞いたことあります。

cat サエコポン
おほほ、サエコポンを「うが~っ」といわせてしまった(笑)トカちゃんを素手で? トカちゃんくらいならできますが(出来るんかっ 藁)巳くんは(あえて他の字を使った 藁)無理ですわ。いくら小さいやつでも。
でも、今回は素手で触ってないですよ~。プラケースとそのフタで誘導しましたらすんなりと入っちゃいました。下手に触ると彼らは「セルフ断尾」しちゃいますからね~ トカちゃん触れるけど、ちぎれたシッポのウネウネしてるのは苦手なの~  うが~っ。

cat てれじあさん
あきら女王さまにとってはほんの「手土産」だったんでしょうか(笑)猫さんにとっての獲物としてはちょっとサイズが小さいんではないかと思ってたんですが、あのチョロチョロした動きにそそられるんでしょうかねぇ。しかし、座布団の下に隠すとは・・・。bearing

cat 雨さん
あぁぁ~、すんません、すんません、爬虫類好きの方には申し訳ない話っす。でも、短時間で無傷ではなしてあげたので許してちょ。coldsweats01
親馬鹿なので、トカちゃんがわのストレスまで考えてないっす。でも、夏になるとプランターにジョウロで水をやっているとちゃっかり葉っぱの上に乗って「水浴び」してるトカちゃんだもの、それなりにサービス(?)もさせていただいてます(笑)
ウネウネのシッポはビビリますよね~。しかも、ちゃんと血が出てるし。今までも「なんちゅ~逃げワザ使うんだっ」って思ったことあります。

cat アンママさん
カミキリムシ、以前おとーたまがジャム嬢に「おみやげ」って持って帰ってきたことあります(笑)
時々、こういったおみやげや(笑)トロイ私でも捕まえることができたものとかを見せるために(?)プラケースがあるのcatface これだと猫さんはじっと見れるし、でも手出しはできないから食べちゃう心配もないし、捕まえたものも無傷で離してあげられるから。・・・・・ストレスはあるだろうけど、さ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄らば大樹の上 | トップページ | 七輪リターンズ »