« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

ショータイムは夜に

夏季限定、にゃんこシッターのヤモリの「ヤモちゃん」

今年もでてきてくれました。猫ズの「記念日」の週末には日没から深夜まで二匹のヤモちゃんがほぼ出ずっぱりのショータイム。翌日は天気予報では雨になるとのことだったので、湿度の関係でか小さな虫が多かったんでしょうか、ガラス越しに繰り返される捕虫ショーに猫たちは台所の出窓に乗ったまま、釘付けです。

Photo

←おとーたま撮影。サッシの隅っこにいますが実際にはガラスの真ん中にもチョコチョコ出てきてパクッと虫をくわえます。

ガラス越しなのでチャー坊が手を出してもお構いなし。(網戸ではさすがに逃げます)

Photo_2 ←出窓部分の蛍光灯だけをつけておくと丁度ガラスに小さな羽虫が寄ってくるようです。それを狙ってガラスを縦横無尽に動き回るヤモちゃん。

昼間は窓の外のすだれとの隙間にじっと隠れています。

「ヤモちゃん・・・・すごいなぁ・・・」

チャー坊は夢中です。

Photo_3 ミィナは見物つかれで一休み(笑)

最近、21~22時くらいの間にかるく「夜寝」するんですがこの日はまったくできず。

物音がするわけでもないのにヤモちゃんの動きには敏感です。

Photo_4

なかなかカメラ目線になってくれないのでちょっと小細工したりして(笑)

「ヤモちゃんはトカちゃんみたいにおうちのなかには来てくれないのね」

Photo_5 深夜になってもヤモちゃんのテンションは衰えず。

しかたないので明かりを消し、強制終了してもらいました。その後、猫ズはすぐにネムネムモードになり、朝までぐっすり眠ったことはいうまでもありません。

チャー坊よ・・・・すごい背中だね・・・・。

ハシゴしました

飲み屋のハシゴではないですよ~ 映画です。

初めは確かランボーを見に来たはずなのに時間があわず。しかもこれ、90分と短いんです。同じ料金払っても短いとなんだか損した気分←ケチ(藁)

Photo

まず見たのは 「隠し砦の三悪人」 旦那いわく「長澤まさみがちょっとかわいいかなと思って」 despairワタクシの冷めた目には気づいていない様子。これも椿三十郎とおなじくリメイクなんだそうで。

雪姫役だけど初めは男装しているせいか?ちょっと別人かとおもってしまいました。キャスティングはまあ無理のない配置という感じですなぁ。

椎名○平が演じる敵の武将、鷹山刑部(たかやまぎょうぶ)を見ているとダースベイダーを連想してしまうのは私だけだろうか・・・・。黒ずくめの甲冑姿はまさにそのもの。

宮川大輔の演じる新八は「欲に正直」なところが人間臭さを感じさせます。お宝(のかくしてあるもの)をズルズルと引きずりながら「酒~メシ~女~」とつぶやいているところは煩悩のカタマリ(笑)

ところで地中からの毒ガス(天然の) ってそんなに簡単に出るもん? 作中では「瘴気」とかいってたけど。あれくらいの時代にはよく出るものなんかなぁ?

さてさて、見終わって出てきて・・・・・・もう一本見るか?帰ろうか?というところで「帰ろう」とエレベーターの前まで行ったのに旦那が一言「やっぱり見よう」

そして見たのが 「チャーリーウィルソンズ・ウォー」

これはなんだか可もなく、不可もなくという感じで見終わってしまいました。う~ん、なんだかずいぶんとアメリカ寄りの解釈?かなぁ・・・・。

Photo_2

5月も下旬、暑くなってきました。20年以上使っていた扇風機も引退し、今年は新たな扇風機を買いました。(もちろん安いやつ)

もうすぐ入梅ですねぇ・・・・。

「ボクたちは毎日熱い戦いをしていますっ」

ごちそうDay's

木曜~日曜は猫ズにとって「ごちそう三昧」だった。

「地鶏ゆでササミ」 「焼きかつお 煮干し風味」 「焼きササミ おかかトッピング」 「ミュウミュウ(缶詰)」 など、普段のフードの他に日替わりで「おやつ」がたっぷりもらえたから。

Photo 「花かつお」大好きなミィナ。

たくさんは食べませんがお皿に出してあげるとうれしそうに走ってきます。

Photo_2 なんでも食べるチャトラン。

自分の分はさっさと食べ終わってミィナのお皿を狙います。

「にぃたん、ミィねぇちゃんのお皿にまだあるよ、あれボク食べたいよ、隣にいけばミィねぇちゃんが食べていいよって言ってくれるんだよ、きっと」

「チャー坊、自分の分食っただろー?」

明日からはまたダイエット食の日々だからね。

Photo_3 「・・・・おやつって・・・・毎日はもらえないんだ・・・・・そうか・・・・いいコにしててもだめなの・・・? 次はいつもらえるんだろう・・・・」

たくさんのかたにお祝いコメントをいただきました。ありがとうございます。今更ながら、猫たちを見守ってくださるみなさんがいてくださることがとてもうれしく、そして心強いです。猫たち保護のおりには救援物資をもってかけつけてくださったお局さまをはじめ近隣の猫友の方々にも深く感謝いたします。

Photo_5

出会いの記念日 生きるために

ミィナとの出会いから中一日おいて、チャトランです。

Photo_2 ←こんな場所で

(ホイール部分に猫がいるの、わかります?)

車体真下(車の腹部分)に格納されているスペアタイヤのホイール部分です。

旦那が携帯で撮影。

Photo_3 こんな橋を越えて (実際には昼間ではなく夜にですが)

家に着いたのは朝の4時。

インパクトありすぎな状況での出会いでした。

よほど疲れたんでしょう(そりゃそうだ) 病院の診察が終わって帰ってくると、夜までこんこんと眠りました。

Photo_4

保護当時550グラムだった体重も、順調にぐんぐん増えて・・・・。

Photo_5 りっぱな(?)猫背の○キロ。

「茶トラ大猫説」を爆進中?

「なに撮ってんだよ。ボクはトラになるんだっていってるだろー?」

Photo_6

もちろん、だれよりも大好きなのは「おにぃたん」

オトコの絆は強いのです・・・・・。

Photo_7

「これからも、どうぞよろしくにゃん」

出会いの記念日 橋の上で待っていたコ

橋の上でミィナを保護して1年たちました。去年のこの日、同じように日差しの強い日でした。

Photo 逡巡する思いの中で、たくさんの方々に励まし、見守られ、助けられて家族に迎えることを決断し (想定内っていわれたけどさ 藁)

笑いと戸惑いと驚きのなかで日々を過ごしてこれました。

保護当時、1.05キロだったミィナも・・・・・。

Photo_2 いまじゃりっぱな○キロ (本にゃん希望により公表せず)

チャトランともなかよくしてくれます。やさしいおねえさんになってくれました。おもちゃの取り合いっこではちょっと積極的になってきたかな・・・?

Photo_3 ミィナ保護以来、あの橋を通るたびについ欄干を見るクセがついてしまったおかーたまです。

「みなにゃん、これからもよろしくね」

使い分け?

そろそろやってくる、ワクチンの季節。

去年のワクチンは5種混合を打ってしまった。初回は一ヵ月後にもう一度打つのだがその際に「3種混合で」と申し出たところ「うちは5種混合しかありません」といわれ、結局5種のままに・・・。

http://www009.upp.so-net.ne.jp/kitamachi/vaccin/fvrcp.htm

↑moomamaさんに教えてもらったワクチンについての説明サイト。

「アメリカンショートヘアはワクチン肉腫の好発猫種だから5種混合は打たないほうがよい」とアドバイスもいただきました。

単純に体への負担と財布への負担も考えてみても、今年からは3種混合で十分と思い、それには3種混合ワクチンを打ってくれる病院をさがさねばっ、と思いました。

Photo 「病院いくのはいやだよ。でも病院行くときのせんたくネットに入って遊ぶのは好きだよ」

「注射はイヤ。それからいくらかわいいっていわれても囲まれて撫で回されるのもイヤだわ」

今までの、イケメン先生&チャー坊の好きな若い助手のおにいちゃんのいるところはダメなわけだから・・・・多少遠くなってもとにかく3種混合のあるところを・・・・といいつつ、近いところから電話をかけて聞きまくるcoldsweats01

そしてわりかし家から近いと思われる距離のところで見つかった。ワクチンにかかる費用も聞いた。まあ、3種混合ならこれくらいであろうという妥当な値段であった。

ワクチンだけ、そちらの病院でお願いして、普段もしも体調が悪くなったときはやっぱりイケメン先生のところ(もちろんそんな名前の病院ではありません) という「病院のつかいわけ」もアリよねぇ?

正直、格別イケメン先生の腕がいいのかどうかはわからない。(院長は別にいる) 不安要素はあるにはある。(あえてここでは書かないけど) ワクチンのための病院に関しても。

でも、とにかくワクチンは打ってもらわなくてはならないのじゃ~

Photo_2 「・・・・・・聞こえないフリしておこう・・・・」

もくろみはずれる

地域限定のタウン誌というのはどこにもあると思うが・・・・・。

グルメガイドがあったり、レジャーガイドがあったり。もちろんペット自慢なんかも載っていたりする。

某タウン誌でプロカメラマンによるペットの撮影が行われることになった。受付順で先着○名まで、だけど。場所はひろい公園だ。賞がもらえれば写真は掲載される。

募集の案内を見て猫馬鹿妻と猫馬鹿になりつつある夫は考えた。

県外とまではいかないまでも、あちこち広域から人は集まるとおもわれる。車で連れてくる人が多いであろう。家の外に連れ出すわけだから、圧倒的に犬が多いのではないか。掲載する側としては犬ばかり載せるより、犬も猫も、他の動物もいろいろと出したいものではないか。

なにより、うちのコほどかわいいならなにか賞がもらえるのではないか←親馬鹿もここに極まれり(藁)

Photo キャリーに1にゃんずつ入れて・・・・・受付時間より早く行ってなんとしても撮影してもらって・・・なんて考えていたのに。

よりによってその日旦那は出勤日であることが判明。

通常土日は休みなのだが、ゴールデンウィークがあった関係で勤務日数の調整があり、勤務日となってしまったのである・・・・・。

一人でキャリー二つは無理。キャリーひとつに2にゃん入れるのは窮屈だし・・・・・

断念。

いいんだ、別に・・・・・プロに撮ってもらわなくたって、かわいいのにかわりはないしさ・・・ワンコは近くで見たことないから猫ズにもストレスになっちゃったかもしれないしさ・・・・

Photo_2 かくして、キャリーバックは今、猫ズの「おチュンちゃん観覧席」となったのでした・・・。

「なんかわかんないけど、ま、いいか」

「写真なんか、おウチでいつも撮るじゃない。」

突撃レポート

http://jp.youtube.com/watch?v=AdF84FcHIJg ←おかーたま宅から自転車でいける(片道30分)ところの駅の猫さん。

http://www.youtube.com/watch?v=5mxMzKhDdac ←その駅の「夜の部」の猫さん

http://d.hatena.ne.jp/tettou77-1/20080415/p1 ←2にゃんそろっての猫さん

ネコでっせい! のサエコポンのところにみんみん☆さんから書き込みがあり。おぉぉ~この駅なら自転車でいけそうなところよ~とポロッと言ったらばとたんに「ぜひレポートをっ」と期待され。

いくならいかねばっ(?)とさっそく突撃しました。

まずは行く前に地図で所在を再度確認。自転車での最短ルートを選考。大きな橋を渡って、川沿いを進んでから駅のある地点へ。

Photo着きました。平日の昼下がり、駅前のロータリーにはタクシーが2~3台。人通りはほとんどありません。

でも、自転車やバイクの数からするとそこそこの利用者はいる様子。

単線なので駅も小さいです。川の土手のちかくなのでのどかなかんじです。

ワクワクして駅構内 をのぞきましたが・・・・・・。

Photo_2 猫の姿はなし。

無人駅で、チケットゲートはこれひとつだけ。

待合室にも、ホームにも猫の姿はありません。

がっくり・・・・・。

Photo_3 駅のすぐ横の片隅に、からっぽのお皿が・・・・。

やはりだれかがご飯をあげたりしてるんでしょうか。

とすると・・・いまは見回りにでもいってんのかしら?

少し待ってたら、誰か(もちろん猫のことである)来るかなぁ・・・・なんて思いながら、キョロキョロとあたりを見回していると・・・・・。

Photo_4駅のすぐ近くのお店の扉の前で、ご飯を食べている猫の姿を発見!!

許可なく看板を撮ったので店舗の名前は隠しましたが猫系の名前です。そして看板にはよく見ると猫のマークが。

人影は見えませんでしたが・・・・・。

Photo_5 ご飯を食べ終わるのを少し離れた場所で待って、トコトコと歩いてきたところに声をかけてみました。

「にゃ~ん」とかわいい声でなきながら、自転車置き場まで来てくれましたが、さわられてはくれません。適度な距離を保ちつつ、でも写真は撮らせてくれました。

Photo_6 グレーのしましま、かぎしっぽの女の子。写真ではわかりにくいですが澄んだグリーンの瞳のなかなかの美猫さんです。

生後6ヶ月くらいかもう少し下くらいのまだまだ小さい子です。

結局、1時間ちかくウロウロしていましたが見かけたのはこの子だけ。

別の時間にまた来て見るしかないなぁ・・・とおもいつつ・・・。

Photo_7 そしたらシマシマの子はバイクにひらりと乗って見せてくれました。

屋根のないほうの自転車・バイク置き場なので直射日光のおかげで座席はポカポカ暖かいようです。

もっと近くに寄りたかったけど、これが限界。

次に行くときには他のねこさんにも会えますように・・・・・・。

危ないものはそばにある

Imgcdc7ede9zik8zj ←ぜひ、ご一読ください。人間用のサプリメントを誤食してしまった「さくら母さん」 悲劇を繰り返さないために・・・。

猫と暮すうえで、人間には平気でも猫にとって危ないものは色々とある。

今、気にしているのは「殺虫剤」の類。ジャム嬢の頃からスプレー式のものはほとんど使わず(屋外で使う程度) 玄関入り口では晩春~晩秋まで毎日のように蚊取り線香をたいて。「ハエトリ紙」なんていうのを天井からつるしていたこともあった。

最近は虫除け用の置き薬タイプのゲルとかもでてきたし、床掃除のウェットシートすら「ペットにも安心」の表示のものもでてきたので必ずそっちを使う。

それでもあらためて室内を見回してみると 散らかっている まだまだ危険は潜んでいる気がする。

ストックケースの引き出しを開けてしまうヤツ (カリカリの袋を食い破ってつまみ食いする意地汚さbearing) 流し台の引き出しも開けてしまうヤツ (三角コーナー用のゴミ袋を破って遊ぶという) もいるこの家では今一度物の保管の仕方を考えなくては・・・・。

Photo ←イタズラリーダーの茶色猫と便乗派の猫。

イタズラですんでいるうちはいいのよ、危ないこともあるんだからねっ

にゃんこシッターズ

猫ズはやはり野生の血が騒ぐのか、動くものには興味をそそられる。

Photo おもちゃで遊んだり、2にゃんであそんだりもするけど、掃除や洗濯などのおかーたまの「一般家事労働」の間、猫ズが「おてつだいにゃん」(全くお手伝いにならず、ただつきまとって邪魔するだけ)にならずにいてくれるのは有能な(?)ニャンコシッターのおかげです。

「毎日来るんだよ、雨の日も来るんだよね」

「さわらせてはくれないのよねぇ・・・・」

Suzume3

もっとも有能なシッターさん。「おチュンちゃん」

ほぼ毎日(常勤?) 日の出~日没くらいまで。

ギャラは 生米 パンくず 小鳥用フードなど

おチュンちゃんが来ていると猫ズは昼寝しなかったりするのでその分夜はよく寝てくれますwink

B0058956_1625985 ←こちらはおじさんからえさをもらっている平和公園のおチュンちゃん。(beesan撮影) beesan、勝手にかりてきましたcoldsweats01

おチュンちゃんが餌をもらうために手元でホバーリングしている一瞬をとらえたすばらしい写真です。

Photo_2

「ボクんちにも、もっといっぱいおチュンちゃんこないかな・・・」

「カラスっていうのは大きいしうるさいからやだわ。やっぱりおチュンちゃんくらいのがかわいくていいわよね」

おチュンちゃんへのギャラ(?)の支払いは朝一回のみ。あまりに撒きすぎると今度は「フン害」が・・・・。bearing

その他 シッターさんは

トカちゃん 3~4日に一回くらい (非常勤?) ギャラなし 最大1時間まで

ヤモちゃん 夏季限定 夜間専門 ガラス越しの捕虫ショー付 ギャラなし

バッタちょん 夏季限定 昼間限定 最大3時間まで ギャラなし

などがいます。

Photo_3 体勢を低くして、狙ってみるチャー坊。

「いっぱい捕まえられるようになったら トラになれる?」

ん?・・・・う~ん、それはどうかねぇ・・・。

Photo_4 そうそう、このコもいました。のらにゃんではないですよ~

「くろにゃん」と呼んでいますが。顔立ちといい、毛色といい、のらにゃんそっくりなので「のらにゃんの息子ではないだろうか、旅に出る間、息子に餌場を譲ったんだろうか」と勝手に推測してます。

ビクビクビックルな性格も、のらにゃんそっくりcoldsweats02

さて、シッターさんに協力してもらって掃除の続きをしよう・・・・←まだ終わっていないshock 

猫丸洗い

catfaceもうちょっと他にシャレたタイトルは思いつかんのかいっと突っ込まれそうなcoldsweats01 アハハ

晴天が続き、空気も乾燥しているし、気温も高くなってきた・・・・・・ということはっ

猫たちのシャンプーにぴったりの季節!!!

ちょうど抜け毛の時期、スキを見て少しずつファーミネーターを使ってみるものの

Photo

←どちらもそろってブラッシング嫌い。追いつきゃしません。

湯船には一番ぬるいお湯を浅く張って、まずは坊の湯そうです、旦那&チャー坊のオトコ風呂です(笑)

約一年ぶりのシャンプー、でもチャー坊は初めての時と同様、ジタバタもがいたりはするものの、鳴き声はあげません。お風呂場に響くのは何とか逃げようとするチャー坊をあやす、旦那の声ばかりcatface

Photo_2 洗い終わってびしょびしょのチャー坊。

足をプルプルさせてました。

「・・・・・トラって風呂に入るんだっけ・・・」

Photo_3 しっぽ、ほそ~い。そうそう、チャー坊は洗うとトビネズミみたいになるんだった・・・

「・・・・・こんな姿撮るなよぉ・・・・・・」

Photo_4「洗濯カゴに入れられて、おにぃたんにドライヤーで乾かしてもらうボク。ただ乾かすだけじゃダメだよ、ちゃんとトラらしくセットしてね、にぃたん。」

チャー坊はいつも旦那が風呂上りにドライヤー使うのを間近に見ているせいか、温風をあてても、ドライヤーの音もゼンゼン平気です。

Photo_5 「いいにおいだなぁ・・・・・いいにおいなのはボクかっ?」

特別高価なシャンプーなどではなく、近くのホームセンターで売ってるようなものですがそれでもシャンプー後はほんのりいい香り、毛もふわふわです。

Photo_6 続きまして、ミィナです。こちらは嬢の湯。おかーたま&ミィナです。ミィナはチャー坊に比べるとモゾモゾ度が大きいので逃亡防止用にお風呂用首輪&リードをつけました。まずはシャンプー液をかけてボディをモシャモシャモシャ・・・・と洗います。

鳴き声は立てないものの、無言で怒っている様子coldsweats01

Photo_7 ところが、試しに湯船に入れてみたら逃げ出すどころかなんだかリラックスして浴槽内を闊歩しています。

「あっら~ 入ってみたら以外に怖くないしなんだかいい気分~」

ちょっと気に入っている様子。

Photo_8 「ゼンゼン平気~ なんともないわ~ はじめからこうして洗ってくれればいいのにぃ~ 」

自分から出ようとはしませんcoldsweats02

Photo_9 さあ、そして、めったにみられないミィちゃんのトンガリしっぽですっ!!!

普段は「常時タヌキしっぽ」なミィちゃんの、貴重な(?)ショットです!!!

Photo_10 「ミィちゃん、ドライヤーはこわいからタオルで拭いてもらって乾かしてもらうの。・・・・・・って、ねぇ、これってぞうきんタオルなんじゃなくてーー? ねぇ、ジャムちゃまの使ってたブランドもののタオルで拭いてよぉぉぉ・・・・」

「ミィちゃんよ。大丈夫、ちゃんときれいなヤツだし。○○保険のタオルだよ、一流の会社よっ」

「・・・・なんか納得いかないわ・・・・・」

多少はジタバタするものの、悲鳴のような鳴き声を上げたりしないし、ミィナにいたっては湯船に入れても平気な顔をしていることがわかったので(もちろん歩ける程度のお湯の浅さで) 夏になったらまた洗っちゃおうかな~と考えているおかーたまでした。

紀元前1万年

今回の映画は見終わってから久しぶりにパンフレットを買った。

原始時代の話というと「はじめ人間ギャートルズ」しか思いつかないワタクシ。

予告を見たときに、おお~マンモスじゃん~なんだかスペクタクルな匂い~と思っていたけど。

ストーリーとしては男女の愛あり、家族の愛あり、師弟の愛あり、ん~色々と織り交ぜたなぁ、という感じで。マンモス(映画の中ではマナクと呼ばれる)は確かにいっぱい出てきます。そして「牙」と呼ばれるサーベルタイガーもでてくるんだけど・・・・・。

やはり猫系が好きだモン、サーベルタイガーをもっとたくさん登場させて欲しかったよぉ。マンモスのように大群で、とはいわないから、もっと登場シーンを増やして欲しかっただぁ~ね。

Photo

「タイガーってトラのことなんでしょ? ただのタイガーよりサーベルタイガーのほうがなんだかかっこいい響きだなぁ・・・ボク、そっちをめざそうかなぁ・・・ でも、そうするともっと時間がかかるのかなぁ・・・」

最後のエンドロールはすごく長くていかにたくさんの人々が製作に携わったかは推して知るべしであるが・・・・いざ、パンフを見てみると俳優名は主要登場人物3名しか書いてないのであった・・・・・・後は、カントクとか脚本とかの主だったスタッフ名のみ。

脇役や悪役が気になることもあるので、どんな名前の役者が演じたのか、今までの出演作品は、とか知りたかったのに・・・・。

散々登場した「四足の悪魔」の隊長すら、誰が演じたのかわからないのであった・・・こんなことならエンドロールをもっとしっかり見ておくんだったsad

Photo_2 ←スズメを狙う、やんごとなき生まれの四足のお嬢さま。

「ママちゃ、トカちゃんは何回でも捕まえてきてくれるけどおチュンちゃんは捕まえられないみたいだし・・・。」

うん、ママちゃ、「ハンター」じゃないからねぇ・・・・。coldsweats01

伸縮自在

かねてより、寝相の悪いチャー坊。旦那に似たのか、旦那の寝相をみて自分もこれでいいと思っているのか・・・・・。

それでは、最新(?)寝相をご紹介しましょう←?

Photo 行き倒れです。

ちなみにこのとき旦那はテレビ見てます。

トロ~ンと眠たげな顔してやってきて、旦那のそばでパタッと行き倒れました。

Photo_2 しっぽは動くので完全熟睡ではないようですが・・・・でも、目は開けません。

まさに「電池切れ」(笑)

ボクは・・・・・眠い・・・・・

Photo_3

どうですか、この伸びと縮み。ジャム嬢は掛け布団の真ん中で「へそ天」したりしたけど。チャー坊のようにバラエティに富んだ(←ものは言い様である 藁) 寝相のコは初めてです。

Photo_4 もちろん、お手手はお約束の「チャー坊曲げ」

ボクは、寝ているときでも注目されたいのダ。

Photo_5 ・・・・・ミィナは寝相より、場所にこだわるタイプらしい。

ジャムちゃまみたいなにゃんこさんになるの。うふっ。

ジャム嬢は毎夏毎冬、お気に入りの場所が変わったりしてたけど、さて、この夏の猫ズはどこが気に入るかな・・・・・?

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »