« ショータイムは夜に | トップページ | 6月のシュークリーム »

ビビリン

休みのある日。旦那が朝(というかほとんど昼)起きると、「会社に行く」という。休日に会社に赴くのはよくあることなのでさほど驚かないが、「猫たちを連れて行く」という。

マジっすか。

そりゃ、会社は事務所部分と扉一枚隔ててショールームになっている部分があって、そっちはかなり広いけれど。以前は天井にネズミが住み着いたらしくて「猫ズ出動要請」があったりしたけど。(出動しなかったけど。そしてネズミくん一家は転居したらしい)

Photo

冗談かとおもっていたけど、

「猫らにリードつけて」 「キャリーに入れて」

本気なのね・・・・・。

まぁ、これもなにがしかの刺激にもなってよかろうと、リードを取り出すと猫たちはいつものように玄関先から家の周りの散歩へ連れて行ってもらえると思ってうれしそうに駆け寄ってくる。

それぞれにリードをつけて、キャリーに一緒に入れると2にゃんとも

「?」

な、顔。状況が把握できないまま、車に乗せられて旦那の会社へ。

事務所についてキャリーを開けるとまずチャー坊が弾丸のように猛烈な勢いで飛び出してきたそうだ。机の上、棚の上を縦横無尽に飛び回り (単にパニックになっていただけと思われる) 書棚の後ろの隙間に入ってそのままフリーズ。

その後からミィナが鳴きながらでてきたそうだ。(ミィナは普段めったに鳴き声を発しないので貴重です) キョロキョロとあたりをうかがい、チャー坊の姿を探し、同じように書棚の後ろへ。そして同じくフリーズ。 30分後、おかーたまが行くまで2にゃんともそのまま。

Photo_2

私が行くと、ミィナはそろそろと出てくるようになり、社内を興味深げにウロウロと歩いて探索するようになった。

チャー坊は隙間から絶対に出ようとしない。無理やり出してもみたがすぐに隙間に戻ってしまう。

旦那が覗き込んでも耳を伏せて「オマエッ、偽者だなっ? 偽者のにぃたんだなっ? ボクのにぃたんはこんなことしないはずだっ」

という顔。よく見ると小刻みにプルプルと震えている様子。

結局、チャー坊のあまりのビビリぶりに(ミィナは時間の経過とともに平気顔になってきた)2時間ほどで家につれて帰りました。

家に着くなり水をガブ飲みする猫ズ。かなり緊張したようです。(そりゃそうだ)

Photo_3
「いいんだよ、ビビッたって。だってボクまだトラじゃないんだからさ。トラになったらビビらないぞっ」

「緊張して肉球に汗かいちゃったわ。お散歩っていうのはおうちの周りだけで十分よね」

猫ズがいた場所はちゃんと雑巾かけもして、抜けた毛のお掃除もしておきました。

「内弁慶」なのがよ~くわかりました(笑)

« ショータイムは夜に | トップページ | 6月のシュークリーム »

猫たち」カテゴリの記事

コメント

やっぱりニャンズには在宅勤務が向いていると思われ(笑)
でも、何回か通えば、通勤もできるようになると思うわ。
特にミィナちゃんは可愛いOLになれそう♪

我が家も2度目の小旅行決行しました〜。

1度目より2度目。
少しずつ慣れるようです(^^)

でも、たまには刺激があっていいと想います〜。
次回はどっかお泊まり?

旦那様はなぜにニャンズを職場へ??
チャー坊とミィナちゃんの反応がダイナナと
そっくりで,よそ様の猫事とは思えませんわ。

な、何故突然会社に連れて行きたくなったんでしょう???
我が家はお医者の時しか外出させませんが、
それでもパニくりますよね^^;
あまりのパニくりぶりに、いつか全力逃亡するんじゃないかと
逆にビビる私です。
チャーちゃんもミィちゃんもそりゃあ怖かったわよね~(笑)
怖いときは隠れる・・・本能ですね^^;

cat スタルカさん♪
猫ズはやはり「おうちが一番」というのがよくわかりました。まぁ、自分たちの匂いの何もないところなのでパニックになるのもしかたないですけどねぇ。旦那は事務所内をスタスタと歩くようになったミィナを時々なでたりして、本当は普段から猫連れで出勤したいんじゃなかろーかと思いました(笑)

cat beesanさん♪
これからのことを考えると「お泊り」も経験させておきたいところなんですがねぇ・・・。「こういう状況になることもあるんだ」ということを覚えさせておきたいんですが。あせらず、少しずつやってみるしかなさそうです。coldsweats01

cat アンママさん♪
この日は同僚から社用車に関してSOSがあったので急遽向かいました。なので猫ズを社内に放牧したときはもうひとり男性がいたんですが、「オトコ好き」のチャー坊もパニックのあまり眼中に入ってなかったようで。小刻みに震えるチャー坊を見たときはちょっと罪悪感でした・・・crying

cat まきまきさん♪
会社は家から車で5分くらいのところなんですが、猫ズにとってはそれでも十分にスリリングな距離だったようで。旦那はちょっと犬扱い的な発想をすることがあるので「それは犬なら平気だけど、猫には無理よ」と言うこともるんですが。
「隠れる」「じっとしている」「2にゃんで一緒にいる」・・・なにかの基本形を見た気がします。shock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショータイムは夜に | トップページ | 6月のシュークリーム »