« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

豪雨を憂う

局地的な集中豪雨。私の実家のある地域も。

実家は川沿いにあるので台風や集中豪雨のたび水位があがり、非難勧告こそでないものの、天気予報やニュースで報道されるたびに母に電話したりする。

本人はのほほんとしたもので今回も「あ~水位ね。だいぶんあがってきてるみたいねぇ。」「大丈夫よぉ。避難場所の学校なんて目の前にあるじゃないの」 娘の心配なぞどこ吹く風。

母よ・・・確かに、学校は目の前。歩いて一分。いや、30秒かからないか・・・?

「いざとなったらナナに泳いでもらっていくわよぉ。ブラブラドールってそういう犬なんでしょお?」

母よ・・・・泳いで助けてくれるのは海難救助犬で、特別に訓練された犬であって・・・んで、ナナブラブラドールじゃなくてラブラドールです・・・。

Photo_2 「さすが、ママちゃのオヤだね。」

「ブラブラドールってぇ? なにがブラブラなの~? ナナちゃんておんなのこなんでしょお?」

ミィちゃんよ。それ以上言ってはイケマセン・・・。

このまま突入?

朝晩が涼しくなりました。昼間も、がんばれば扇風機だけで過ごせそうな(でもまだエアコン使ってるけど)くらいです。去年の今頃はまだ暑くて、9月の彼岸の頃になっても暑くて、「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざはもう使えない・・・なんてボヤいていたのに。

でもよく考えればまだ8月。世間のガキ共お子様たちは夏休みがおわってない。このまま、秋になってくれるか?それとも暑さのぶり返しがあるか?

Photo ←パンではありませんよ~ チャー坊ですよ~

寝るときは、旦那は掛け布団&タオルケットだが、私はタオルケット一枚きり←暑がりだから

一昨日の夜は冷え込んで(最低気温20度)窓を閉めて寝たがそれでもタオルケット一枚は寒かった。だからもちろん、添い寝してもらいました。

Photo_2 ←ええ、このコに。腕が痺れようが肩がいたくなろうがミィナの腕まくらは絶対に動かしませんでした。

そして、翌日はサロンパス女(もちろん無臭性)になりましたとさ・・・。

毛布出そうか・・・でも、圧縮袋が解凍(!)されちゃってるから引っ張り出すのたいへんなんだよな・・・

Photo_3 「出しなよ。その分の隙間、ボクがまた探検するからさぁ~」

意味ないじゃん orz

布団圧縮袋を使っているお宅、多いと思います。冬布団やコタツ布団や毛布など入れるでっかいビニール袋。掃除機などで中の空気を吸い出して圧縮してかさばるものもすっきり収納・・・ってやつですな。happy02

ウチでももちろん毎年使ってます。圧縮してぺちゃんこになった布団を押入れに収納します。ぺちゃんこだから、押入れ下段の押入れ用タンスと中板のすきまとかにも置けます。・・・・・・・・・がっ!!!!

小さな穴がひとつでもあるとそこから空気が侵入、あっというまに魔法(?)がとけて布団はもとの厚みに・・・・。確かに何回も使っていたら穴が開いてしまったりするのもしかたないこと。でも今年は、新品のはずなのに・・・。

Photo ← もちろんコイツのしわざ。

かるがると押入れのふすまを開け、隙間という隙間にはもぐってみないことには気がすまないこのオトコ。

「ビニールをやぶる」(食べるわけではない)ことが楽しいことと脳内にインプットされてしまったらしく、ゴミバコに取り付けた袋(中にゴミはなにも入ってない状態)を引きずり出してツメでやぶって遊ぶ・・・・・。crying

猫がツメたてても破れないくらいの、丈夫な圧縮袋作ってくれないですかねぇ?メーカーさん。coldsweats02 透明窓は一ヶ所でさ、あとはもっと分厚い素材でもいいじゃん、圧縮できれば。

Photo_2 「どうせもうすぐ冬布団だすようになるわよ~ もうちょっとの辛抱よ~そのまま隙間ピッチリふさいどけばチャー坊も入らないしいいんじゃないのぉ?」

ところで、うちの朝顔、まだ咲きません。catface

イェティは友だち?

ハムナプトラ 3 を見てきました。実は1と2はビデオでしか見てません。

スクリーンで見るのは今回の作品がはじめて。ん~おもしろかったhappy01

ミシェル・ヨーはとっても好きな女優さん。皇帝役のジェット・リーも申し分なし。呪文によって蘇り、反皇帝軍を指揮したミン将軍が、娘であるリンのほうをみてかすかにうなずいてから砂に還っていくシーン・・・。

旦那が印象にのこったのはイムホテップ(ナイトクラブ)のおねーちゃんのダンスシーンだという・・・・この助平がっ

ヒマラヤでのシーンもあることからか、イェティ(雪男)が出てきます。リンの呼びかけ(イェティ語?)に答えて、援護に来てくれて、雪崩からもかばってくれたりする・・・・。でも雪男というにはちょっと野獣寄りでしょうか。catface

Photo ハムニャプトラ・・・・

「眠ってるところを起こしちゃだめってことよね」

チミたち、ホント、仲いいなぁ・・・。

お墓参りもいろいろ

お盆休みのうち、3日間は旦那は午後から仕事しに会社へ。休みなら休めよwobbly 無償勤務なんてdespair

後は映画と墓参りで過ぎていきました。お墓は旦那の父方母方両方の墓へ。少しでも涼しい朝のうちがいいだろうと早朝に出発、ひとつめの父方のお墓に着いたのが7時過ぎ。

あらかじめ買ってもっていった「お墓みがき用」のスポンジでゴシゴシ。花立てやお供え用の湯のみもピカピカに。夫婦二人、汗だくです。掃除をし、花を飾りお線香を立て、お経をあげて小1時間ほど。

車で母方の霊園に移動。ここでもゴシゴシ。ここはひろい霊園なので朝からお墓参りに来ている人も何人かいました。

こちらの地域ではお墓にシキミ、ハナシバなどを花のかわりに供えることが多いですがもちろん菊などのお花を供えてもおかしくはないので、あえてお花を買っていきました。だってシキミとかって花が咲いていればいいけど基本的には「葉っぱ」なだけなんだもん。catfaceそれでも、中には造花が花立てに入れられてるお墓も。

広島のお墓では

Photo お墓はこんな光景になってたりします。

Photo_2 「盆灯篭」とよばれる華やかな灯篭。(でも中にロウソクを立てたりはしません)

お盆が近くなるとスーパーなどではもちろん、コンビニでも売ってます。

広島限定らしいです。お墓の周りの地面にグサッと刺して立てるらしいです。

さて、無事墓石磨きもおわって、旦那の実家へ。仏壇にお線香をあげて、あろうことか旦那は置いてあった木魚を叩いて読経をはじめた。(注 旦那はお坊さんではありません 笑) でも、はじめての木魚なので途中で「プッ」と自分で吹き出して笑ってしまったり。きっとおじいさんおばあさんも笑って聞いている・・・・?(笑)

その後、「ひろしま美術館に行く」という両親を乗せて帰路に。美術館前におろして家に帰ってきたのはお昼過ぎ。まずはシャワーを浴びたのは言うまでもありません。お墓のハシゴ(?)って疲れるわ~

1  「なんだかわかんないけど、ミィちゃんたちがまだ寝てるうちにお出かけして、お昼寝してたら帰ってきたのよね、ママちゃたち」

「泊まりで行くか」なんて話もあったけど、最短時間で行ってこれるプランにしたんだよ~wink

真夏の昼寝の夢

Photo_3 今日も仲良くお昼寝の猫ズ。

お宅のねこちゃんは「寝言」いったり、うなされたりしたりしませんか?

猫も夢をみたりするのかしら・・・・・catface

Photo_4 とってもかわいいミィナ姫は(←親馬鹿全開です) ある日「にぃたん将軍」にさらわれてしまいました・・・・。

「なによぅ。離してよぅ。今は抱っこされたい気分じゃないのよぅ。誰か~た~す~け~て~ぇぇぇぇ~」

Photo_5 「ども。トラをめざすオトコのチャー坊王子っす。やっぱりボクの出番?  にぃたん将軍に抱っこなんかしてもらって文句言うなんてバチがあたるってもんです。ボクがいつでも身代わりになってあげるですーーー」

Photo_6 「ボクはママちゃにタスキまでかけてもらってがんばった。がんばったら眠くなってしまったのだ・・・・」

Photo_7「ちょっと、何寝てんのよっ。ミイちゃんを助けにきたんじゃなかったの~?」

Photo_8 「にぃたんのなでなで攻撃と、ママちゃの眠りのタスキのおかげでボクは動きが封じられてねてしまうのであった・・・」

Photo_9 「しかたなく自力で脱出したミィナ姫は疲れて寝てしまいました・・・・」

Photo_10 「ボクは目がさめてから、おわびにミィねぇちゃんのグルーミングをしてあげました・・・・」

Photo_11 「それではみなさん、よい眠りを・・・・」

ハァ~ 暑さが続いてちょっと壊れ気味のおかーたまです・・・。sad

八月もやっと半分過ぎました。あと一ヶ月くらいはまだまだ暑いのね・・・・・。

ポニョ

「崖の上のポニョ」をやっとみてきました。

相変わらずの人気ぶり。夏休みだし、お盆休みだし、で子供も多いし。CGなしですべて手描きとのことで「アニメらしいアニメ」を見たなぁという感じでした。

宮崎駿作品では、必ずといっていいほど「おばぁちゃん」のキャラが出てくるのね(笑) しっかし、最近は「声の出演」でも声優さんをあまり使わないのね。俳優やタレントを起用するとどうしてもその顔が浮かんでしまうんだけどなぁ。

Photo 「にぃたん、起きたの? おはよー。もうお昼だけどさ。」

今までだと放っておけば夕方まででも寝ている旦那ですが、このところは私が11時くらいにはエアコンを切るので暑くなって昼頃には起きてきます。

Photo_2 「ミィちゃんの爪とぎ姿、みせてあげるわねーーー」

旦那にも親しみをみせるようになったミィナ。ちょっと撫でてもらいに近寄っていったりします。

Photo_3 「ちぇっ、にぃたんまで貸してやんなきゃいけないのか・・・」

チャー坊、いいじゃん、ママちゃがいるじゃん。

Photo_4

「ママちゃはさぁ、無理やり抱っこしてツメきりしたり、ウ○チのあと追いかけてきてオシリ拭いたり、ボクが夢中になって遊んでるときに(注 大抵イタズラしているときです) 霧吹きで水かけてきたりすんだよな。」

しつけに霧吹き水。「ダメ」と言っても聞かないときは叩いたり怒鳴ったりするより霧吹きの水をシュッとします。目を細めていや~な顔して逃げます。水だから体にかかっても平気だし。霧吹きだから室内大抵のところでつかえるし。猫草の水やり用にいつも水がいれてあるし。お盆休みも始まったかと思うとすぐに終わり。ツクツクボーシも鳴きはじめましたが涼しくなるのはまだまだ先のようですねぇ・・・。coldsweats01

まだですか

Photo いつも、夏になると朝顔を植えます。

すだれの向こう側にプランターを置いて、ひさし部分まで麻ひもを使ってツルを伸ばして少しでも葉っぱで日陰を作ろうとしています。

今年も植えました。春に種まきすればいいものを、晩春になってから種をまいたので・・・・・。

Photo_2 ツルも伸びて、葉っぱもなんとか繁ってくれましたが花はまだ。

もう、お盆、残暑だというのに・・・・。coldsweats01

Photo_3 「夏に葉っぱが繁って、秋になったら花が咲くんだよね」

ウン、うちの朝顔はね・・・・・。catface

日本の夏は高床式?

この暑さにやられて? それとも日々の過酷な労働にやられて? 10年ちょっと使っていた二槽式洗濯機がいきなり壊れてしまい、小物だけはなんとか手洗いですごすこと3日間。

全自動洗濯機がきましたhappy02

置き場所は今までと同じ洗面所(兼脱衣所)ですが、それまで置いていた三段のラックが置けなくなり、ひとつはずして二段にすることに。

はずした一段分のカゴは

Photo 「いいじゃん、これ。下も網目だから涼しいね」

「ちょっと・・・せまいんじゃない・・・?」

まるで高床式住居。たまには気分が変わっていいでしょ?

Photo_2でも数分後にはこんなふうに。

やっぱり2にゃんで入るにはせまかったらしい・・・。

微妙~

Photo チャー坊がかごの中で「へそ天」・・・・・。

いつものことなのでもう珍しくもないしおどろきません。

Photo_2 カゴだけじゃなくて冷蔵庫の上でも (最近はさすがに暑くて乗らなくなった)

もちろん床でもおっぴろがってるし。

Photo_3 ミィナだって「へそ天」します。

畳の上でもするし、最近はガラスボードやアルミボードの上でもするし・・・・・。35度超えだもん、暑いよね。

Photo_4 カゴに入って寝ているときも へそ天しますが・・・・・。

Photo_5

微妙~に内股。 プッ。happy02

おんなのこのせめてもの恥じらい?

Photo_6・・・・・・・なによぅ・・・・ ママちゃのほうが寝相わるいくせにぃ・・・。

ほどほど

Photo 暑中お見舞いもうしあ゛けます、チャー坊ですっ

・・・・・・チャー坊、おしいっ、ちょっと違ってる。

Photo_2 「暑中お見舞いもうしあげまっす ミィナです」

・・・・・・わざと間違えてるね?

Photo_3 「今日も朝からすごい日差しです。ギラギラしてます。ママちゃは汗ダラダラしながら洗濯物干してました。ボクたちは昨日ノミダニ取りのお薬を首にブチュッとしたの一週間くらいは行水て゜きないんだって。あぢ~よ」

外にはくろにゃんが来るし(接触はしないけど) 時々リードつけて玄関先にでてみたりということもあるので年間通してノミダニ取りのスポット薬は必ずするようにしてます。

夏は病院で出してもらうもの→猫ズ保護時に初めて使った。ボロボロとノミがおちたので効き目は確実。差してから一週間ほどたてばその後はシャンプーしても可。

冬は市販のもの→さしたあと一ヶ月はシャンプーするなとかいてある。薬の有効期間は一ヶ月  ということは・・シャンプーしてからさせと・・・?gawk

Photo_4 「こんなに暑いのに、わざわざ暑い場所にいるヤツがいます。ミィねぇちゃんです。ミィねぇちゃん、いくらママちゃが保冷剤のおっきいの、バスタオルにくるんでおいてくれてたって、そこ暑いとおもうよ。毛皮やけちゃうよぉ・・・・」

Photo_5

「フッ、聞いちゃいねー。」

「チャー坊、知らないの? 最近、トカちゃんのベビーちゃんが時々ここ通るのよ」

Photo_6 「やっぱり毛皮はほどよくこんがりキツネ色がいいんだよ。ミィねえちゃん、コゲるよ」

このあと、ミィナはオシボリで毛皮をゴシゴシされたという・・・・・。

だって行水できないもん、せめて毛皮の外側だけでも・・・・。

しかし、暑くて呼吸がはやくなっても(お腹が波打っている) 暑い場所にいるのはなぜ・・・?

またパクリ?

Photo 「みにゃさん、こんにちわ。ミィちゃんですぅ。え? 態度デカイ? エラそう? リラックスしてるだけよぉ」

「今日は ミィちゃんとママちゃ です」

Photo_2 「冬の間は夜寝るときは絶対にママちゃの腕まくらで寝るのがミィちゃん流。毛布はちゃんとミィちゃんの肩までかけてもらうの。だってすっぽりかぶったりしたら息苦しくなるじゃない?」

私が布団にいくと必ずついてきて一緒に入って寝てくれます。今は暑いから寄って来ないけどcrying

きっと秋になってちょっと肌寒いくらいになったらまた一緒に寝てくれるよね・・・?

Photo_3 「もちろんよ~。今は一緒には寝ないけど一緒の部屋で寝てるじゃない。おっぱいフミフミも二の腕フミフミも年間通してしてあげてるでしょお?」

このフミフミは、夏は特に皮膚に直接ツメが当たるので、ツメきり時期の目安になります。(ツメが伸びてると刺さって痛いから)

そして、フミフミしてるとき、ミィちゃんはちょっとヨダレでてます・・・・・プッhappy02

一緒の部屋で寝てるのはエアコンついてるから(笑) 

Photo_4

「・・・・・またパクったね?」

「なによ、今度はミィちゃんとママちゃだもん、違うも~ん」

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »