« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

お殿様のお越しです

窓の外に取り付けてあるすだれに、やってきました。

Photo

「とのさま」(勝手に命名)です。とのさまバッタ系の、大きなバッタ。後ろ足の片方はどうしたわけか取れてしまっているのに、それでも大したジャンプ力です。さすが殿様。

Photo_2

昼間ではなく、夜なんですが。すだれを登っています。さすがとのさま、常に上をめざす?(笑) なにかウニャウニャと鳴きながら、じっと見ている猫たちですが、そのうちチャー坊の頭の傾げ方が・・・・・。

Photo_3

・・・・・・・・どんどん曲がっていってます catface

Photo_4

首がつかれたのか(藁)チャー坊は机上に移動。上と下からガン見されている殿さま。

Photo_5

でっ、でましたっ!!!!!

夢中のあまり、ミィナさんの猫文字 「たていちっ!!!!!! (縦の1のこと)」ですっっっ!!!!!

Photo_6

「あ、おちた・・・・・・・」

驚いた殿さまはスダレから落下。

Photo_7

「とのさま~」   殿さまを心配して、耳が曲がるくらい網戸に頭を押し付けて覗くチャー坊。

Photo_8

とのさま、再びジャンプ。またスダレを上り始めました。

このあと、とのさまにはお駕籠(虫かご 藁)にお入りいただき、猫たちはご挨拶。←とのさまにはいい迷惑?(笑) しばらくの間、観察させてもらい、その後、朝まではカゴのまま外でお過ごしいただき、それから開放。プランターのふちに座って、日光浴されていましたが少ししてからいずこかに移動されました。

Photo_9

「とのさま、また来てくれないかな・・・・・・」

もうすぐワクチン

来月は、猫たちのワクチン接種がある。

Photo

「去年、病院行くときにミィねえちゃんがキャリーの中でお○○ししちゃったアレだね」

「診察台の上で固まってたのはチャー坊よねっ」

Photo_2

外にはペロリンちゃんが来るし。

   

Cathjfm3

三毛ちゃんも来るし。

   ご近所の飼い猫(らしい)三毛ちゃん。ピンクのノミトリ首輪つき。でも以外に気が強いお嬢さんで、一日一回は網戸越しに猫たちを威嚇していく。

Photo_3

「ボクんちのママちゃにおやつねだるんだよ。じぶんちで食えっつーの。ボクにむかってフーーーーッていうくせに、ペロリンには挨拶してんだよな、失礼しちゃうぞ」

もちろん、チャー坊負けてはいません。三毛ちゃんがミィナに網戸越しにパンチをかましたとき、ビックリした顔のみぃなに代わって前に進み出て、立ち上がって網戸に

「大っっっっ!!!!!!!」

と猫文字(?)をみせて男らしいところをみせました。

最近はロシアンブルーっぽい♂猫もうろうろしているし、三毛ちゃんの飼い主さんよ、避妊手術してるよね? ワクチンも打ってるよね?

ヒートらしい鳴き声も今のところ聞いていないので、大丈夫と思うけど・・・・・でも、

三毛ちゃんの飼い主ってだれなのかしら・・・・・

は○ちゃん(ご近所の飼い猫)はお宅も知っているし、ノミトリしてることも、避妊してることも知ってるんだけどなぁ・・・・・。(でもツメきりはしてないみたいなので時々切ってあげている 爆)

重量あげ?

チャー坊、4.45キログラム (おハゲ通院時に計った)

Photo

「なんだよぉ」

ミィナ、たぶん・・・・5㌔こえていると思われ・・・・

Photo_2

「にゃによぅ annoy

連休中に実家に単独で帰っていた旦那が、大きな本棚をもらってきた。もう、整理ダンスくらいありそうなくらいでっかい本棚。帰るときに乗っていた車が大型のワゴンタイプの車だったので(チャー坊が車体下のスペアタイヤにもぐった、伝説の車だ 笑) お義父さんとふたりで積み込むことができたらしい。

前面のスライド棚部分ははずすことができるものの、それでも相当な大きさ&重さ。

これを車から降ろし、さらに二階のガンプラ部屋(旦那の秘密基地ともいわれる)まであげるってか~? 誰が~?

やっぱりワタシとアナタが・・・・・・?

一瞬、お隣のご主人を呼びにいこうかとマジで思った・・・・・・・・。\(;゚∇゚)/

玄関の扉を開けたままになったりするので、まずは猫たちをキャリーバックにそれぞれ隔離。なにごとかとびっくりまなこの猫たちの前で重量挙げを演じる(?)ワタシ。

やっとの思いで運び込んで本を移し変えました。

あ、本といっても、マンガがほとんどですっ(*´Д`*)

Photo_3

本棚上側部分。

最上段をなぜか陣取るぬいぐるみとプラモデルのヤマト。

Photo_4

そして、下側部分。

ほんっと、マンガばかりですけど・・・・マンガしゃない本もちゃんともってますっ 別の本棚に。(* ̄ー ̄*)

Photo_5

おまけcatface

てれじあさん宅から譲ってもらい、旦那が組み立てたガンプラ群。ラジコン四駆はUFOキャッチャーでゲット。もうひとつあったけど、上司の子供にあげた。組み立て前のガンプラの一部は会社同僚にもあげたりして。←以外とガンダム好きであったらしい。

掃除機キターーー

使っていた掃除機がそろそろあぶなくなってきた。

あぶない、というのはプラスチック部分にヒビが入ってきて・・・・・以前はメーカー(というか輸入元)に問い合わせて、その部分のパーツのみを上手い具合に無償で入手することもできたけど、そこが倒産?なのかなんなのか、とにかくなくなってしまったので。

モーター部分はなんともないんだけどなぁ・・・・・しかし、ヒビがはいっていたんでは吸引力も低下することは必須。

それでも、ガムテープを張ってみたり、アロン○○ファでくっつけてみたりして、だましだまし使っていた。なんとかボーナスまでもたせて、そこで買うべ、と。今度は紙パックのやつに戻ろうかなあ・・・とも思っていた。水フィルター、掃除後はモーター部以外はザブザブと水洗いできて、サイクロンなのでゴミ捨てはカップから袋にポイでゴミにふれることなく、その点は気に入っていたけど、やっぱり吸引力がなぁ・・・・。

・・・・・・とぼやいている間に、たまたまカタログギフトをいただいた。おおぉぉぉぉーーーーーー掃除機は載ってないかーーーーー?と見ていたら、あったあった。

うむむむ・・・・・・サイクロン・・・・・・しかも、双鳥。しかし、いうなればタダで手元に来るわけだから・・・・・・ということで、

Photo

きました、コレ。でもさ、ゴミ捨てゼンゼンラクじゃない。途中で引っかかったりしてるから結局手で引っ張り出したり、フィルターにも猫毛がつくから手で取らないといけない。前の掃除機より「ゴミ触れ度」が高いっす。前はね~水フィルターだから、とにかくザバーーーーッ、ザバザバッだったからね~外の洗い場で。

でも吸引力は強い(前のよりは)

Photo_2

とろ~んと寝ている猫たちも、掃除機の音がすると逃げ回ります。チャー坊はノズル向けると歯をむき出して「シャーーーーーーーーッ!!!」ってします。

おハゲのその後

皆様にご心配いただいたチャー坊のかかとのおハゲは、

薄く産毛が生えてきて・・・・・・・といっても病院で「オナゴ先生」( 女医さん)がいうのですがわたしゃ視力が落ちたのかよくわからん・・・・・・うむむ、メガネ作らなくちゃいけないか・・・?

ので、飲み薬なしになりました。状態が悪化したり、痒がったりすることがあればまた診察にいかなくちゃいけないですが、そうでなければこのままで毛がそろってくるのを様子を見ましょう、ということになりました。

Photo

今日の診察のアシスタントはボクの好きな若いおにーさんだった。いつもより余分にのどをナデナデしてもらった。ママちゃ、にぃたんには内緒だよ。ヤキモチやくからな。

昼間の気温がぐんぐん上がってきました。ファンヒーターはさすがにしまって、扇風機を出しました。

Photo_2

ミィナのオッピロゲ姿をみて、夏が近いんだなあとしみじみ・・・・・。

お外を見よう

冬の間は換気のために短時間しか開けることのなかった窓も、暖かくなるにつれて段々と開けている時間が長くなってきた。

もちろん網戸越しで、猫ズの脱走防止に網戸ストッパーをつけて。チャー坊はどうかすると網戸開けようとするから油断がならない。sad

Photo

仲良く「おチュンちゃん」(スズメ)を観察。

Photo_2

野良猫さんの「ペロリンちゃん(♂ 時々舌がペロリと出たままだから)」がやってきたり。

このあたりはまだ猫を完全室内飼いにする、ということが定着しておらず、外出自由にしている人もいる。首輪をしていることと、毛並みがきれいであったり痩せていなかったりすることで飼い猫とわかるけど・・・・

Cathjfm3

先日、散歩の途中(?)であろうかという三毛猫さんがやってきた。猫ズはシッポを膨らませるものの、唸ったりはせず。この猫さんもピンクの首輪をしているので飼い猫であろうと思われる。ポンポンしっぽでちょっと小柄な♀でした。

向こうもミィナとチャー坊気づき、他の猫がめずらしいのか居間の窓の下、台所の窓の下、とあちこちに移動しつつ、そのたびに猫ズも2にゃんでドドドドド・・・・・と走って移動(笑)

そのうち、おチュンちゃん用に塀の上に置いてあったパンの耳を食べ始めました。え、お腹空いてたの・・・・・?

Photo_3

「アイツ、ぽんぽんシッポだったからな。きっとボクのこのシッポみて惚れたな。フッ」

いや、チャー坊、それはないと思うよ・・・・・・・(゚ー゚;

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »