« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ワクチンでおじゃる

年に一度のワクチン接種。

行くのは、家から近い病院だけど(ワクチンのときだけお願いしている)2にゃん同時にひとりで連れて行くのはかなり困難。旦那の協力が必須。幸い、旦那はその日病院に薬をもらいに行くとかで(ニンゲンの病院だ 藁) 車で動物病院まで一緒に猫ズを乗せてってもらうことができた。帰りはまた乗せてってもらえることに。 ラッキーo(*^▽^*)o

車の中では猫ズは「にゃおん」の合唱でした(笑) 乗車時間3分なのにcatface 実は乗った車は社用車ですが、チャー坊がスペアタイヤのホイールに入り込んで保護された、あの伝説の(?)車。車の振動に、怖い記憶が蘇えるんでしょうか。

土曜だったけど、さほど混んではいなかった。うむむ、いつものかかりつけのところは予約してても1時間待ちなんてザラなのにのぅ・・・。

Photo

「じゃ、チャー坊ちゃんから」といわれ、キャリーの中で抵抗して踏ん張っているところを無理やり出されたチャー坊は ドクター(院長せんせい)に向かって

「プッッッッッッ!!!!!!!!!」

シャーでもなく、フーでもない、これはチャー坊にとっては最大の威嚇表現で「近寄るな」という意味らしい。今では語り草になった(?) スペアタイヤホイールから保護しようと四苦八苦していた旦那にむかってやったこともあるらしい。

院長せんせい、一瞬、目がテン(笑)

体重は 4.7㌔ あら、おハゲ通院のときより増えてるじゃんw(゚o゚)w

ワクチン(3種混合生ワクチン)を打ってもらって、診察券に乗せる顔写真を撮影してもらう。写真撮影のほうが時間かかっていたかも。先生はなんとかチャー坊をカメラ目線にしようとカメラをかまえたアシスタントのおねえさんの後ろで綿棒を振り回す(笑)

出来上がった写真にはちょっとビックリまなこのチャー坊の顔があった( ´艸`)プププ

Photo_2

そして、ミィナ。キャリーが出るのに多少は抵抗したけど、シャーもフーもなし。

去年のような「おもらし」もしませんでしたっっっ。

気になる体重は・・・・・・・    5.3㌔   あ、やっぱり5㌔超え・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

「まぁ、避妊手術した後のせいもあるでしょう」といわれましたが・・・・。

そして、写真撮影にはチャー坊よりさらに時間を要しました。だって、シャッター押す瞬間にソッポむくんだもん。bearing 撮り直すこと数回、ようやく出来上がった写真のミィナはちょっとムッとした顔してました・・・・・・(;;;´Д`)ゝ

支払いも済ませて、旦那が迎えに来るまでそのまま待合室で待たせてもらいました。

帰りの車中では、ミィナはキャリーから出てきて私の膝の上で窓の外をながめ(3分ですけど 笑) チャー坊はキャリーから一歩も出ようとしませんでした。

Photo_3

「車はコワイ。お外に行くのはおうちのまわりの塀の上だけでいいんだよ。」

「ミィちゃん、ミィちゃん、ミィちゃんって、何枚も写真撮られたわ。でも、ママちゃのおひざの上なら車に乗ってても平気だったわ」

チャー坊も、旦那が抱っこしてたら大丈夫だったかもしれないなぁ・・・・。happy01

それぞれのフミフミ

Photo_2

ジャム嬢は、「フミフミ」するコでした。ふみふみの場所は羽毛ふとん(掛け布団)のど真ん中とか毛布のど真ん中とかタオルケットのど真ん中とか←真ん中好き?(藁)

とにかく「やわらかいところ」で、しかも寝る前によくしていました。

Photo_3

そしてもミィナがフミフミ場所として認定したのがわたくしの(/ω\)ハズカシーィ

しかも風呂上りに。どうかするとお風呂から出てくるのを扉の前で待っていたりもします。

Photo_5

このとき、グルグルではなくて「クルル、クルル」の通称「鳩鳴き」

お手手は一心不乱にフミフミ。

Photo_6

上目遣いにこちらを見つめつつ、甘えています。

そしてお手手はフミフミ。

あ~見苦しいものがうつっているかもしれませんが(お腹とか・・・?)

胸以外では二の腕も狙われます。いずれにしても、爪をちゃんと切っていないと刺さって痛いっすcrying

Photo_7

チャー坊は、「フミフミ」しないです。布団だろうとなんだろうとぜーーーんぜん。

でも、フミフミしないかわりに「クンクン」します。

「にいたんのシャツ限定だよ。ママちゃのシャツじゃだめなんだ」

まくら♪ まくら♪

Photo_2

「ん~ 扇風機の風がいいかんじ~ ママちゃのお腹もプヨプヨでいい感じ~ sleepy

Photo_3  

「ミィねえちゃんがママちゃのお腹で寝てるので なんだとーーangry  ボクは他の場所を探そう・・・・  やっぱりココだよな・・・・・ 今なら安全かな・・・」

Photo_4

「へへへ、にぃたんの脇まくらだっ。ココ、いい匂いすんだよ。ミィねえちゃんはゼッタイ来ないしね。」

Photo_5

「でもね、熟睡はできないんだな。・・・・・・だって、にぃたん寝相悪いからなぁ・・・。」

小さいときに旦那の傍らで寝ていて、つぶされそうになった(もちろん即座に私が足でガードして救出)のがトラウマになっているようです。

Photo_6

「にぃたんの横で寝るのはけっこうスリリングなんだよ」

箱の中身はなんじゃらホイ

買い物にいくときに「マイバック」「エコバック」を持っていくことが多くなりました。

はじめからスーパーだけに行くときは実用重視の丈夫な生地のものとか、そうでないときはコンパクトにたためるちょっと薄手のものなど。

旦那の場合は、袋を持ち歩くわけではないので、スーパーのレジ後ろに置いてある、「ご自由にお持ちください」のダンボールの空き箱に入れてきたりします。箱に入れると自転車の後ろに固定して帰ってこられるので便利らしい。

もちろん、その箱はしばらく猫たちのおもちゃにヽ(´▽`)/

Photo

さっそく入り込むミィナさん。ちょうど箱の取っ手部分がすこしカットしてあって覗きやすいみたい。・・・・・・・・ん?

2

「ボクもいるよ」

・・・・・・・ミィちゃんだけではありませんでした。チャー坊もちゃっかり(?)一緒に入ってます。

Photo_2

なにやらゴソゴソと談合中。

Photo_3

「いけるかしら・・・・・・・いけるとおもうけど・・・・・・・・・」

Photo_4

「むぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅ・・・・・・・・・・・・」

み、ミィちゃん、コワイよ・・・・・・・。

Photo_5

「ポンッ!!!!! でたわっ!!!」

で、でたね・・・・・・おめでとう(?)

Photo_6

「じゃあ、次はボクだ。ミィねぇちゃんにできるんだからボクなら楽勝だよね」

チャー坊、アンタ、ミィナに先にやらせて確かめてたんだね? ヾ(*゚A`)ノ

Photo_7

「いくぞっ」

Photo_8

「むむむむむっ」

Photo_9

「あ、なんかひっかかってるよぉ・・・・・お耳が出ないよぉ・・・・・・」

ひとしきり遊ぶと、すぐに飽きます(笑) 現在、「掃除機の入ってた箱」「掛け布団と敷きパットの入ってた箱」(旦那がハウスのように入り口を丸くくり抜いた)が在庫としておいてありますcatface

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »