« 成長に合わせて | トップページ | ヤキモチとはちょっと違う・・・・? »

猫系葉っぱの物語

猫系葉っぱ(?)うちのプランターにもありますが

Photo

携帯で撮ったのでちょっと見難いですが、キャットミント(青花) 青というより薄紫っぽい花が咲きます。

Photo_2

プランターのままで冬越えもしました。虫もほとんどつかず、強健です。ミントというだけあって、葉っぱはいいにおい。

2009

そして、キャットニップ。白い花が咲きます。こちらも外での冬越えしました。刈り込みしてもどんどん伸びてきます。

Photo_3

キャットニップを堪能するミィナ嬢。葉っぱでも花でもOK

チャー坊はあまり興味示さず。猫によって違うのね~としみじみ。

でも、以前お義父さんがマタタビの木を切ってきてくれて、「猫たちにおみやげ」と言ってくれたものには大喜びしました。細いけどナマの(乾燥していない)マタタビの枝、そして葉っぱつき。

Photo_4

他にも、「キャットテール」とか「ネコノヒゲ」とか猫好きが思わず手にしてしまいそうなものもいっぱい売ってますが、当家ではニップとミントのみ。

でも実は、このうちのキャットニップのほう、これを一番喜んでいるのは・・・・・・・・

Photo_5

「バッタくん」なのでした。

これ実は、去年の夏に住み着いたオンブバッタ夫婦のコ。

937938974_40

これがお父さんとお母さんバッタ。下がお母さん、背中に乗ってる小さいのがお父さん。

このバッタかあさんは後ろ足が一本とれてしまってなかった。

でも、夫婦仲良く(?)いつも旦那バッタをおんぶしてました。

そして、プランターの土に産卵しているらしき姿を確認。

その後も、羽の色が変わり、どんどんみすぼらしくなってしまっても、ずっとここにいました。11月終わり頃に旦那バッタが逝き、バッタかあさんは12月10日過ぎまでがんばりました。もちろん、その頃はプランターのまわりをビニールで覆い、「簡易温室」のようにしていましたが。水やりのときにも水がかからないようにしたものでした。

そして、産卵したあたりの土の上に横たわっている姿をみつけたとき、生を全うし、やがてうまれてくるであろうわが子のそばから旅立ったんだなぁと思いました。

春になって、ポカポカ陽気が続くようになって、キャットニップの葉っぱの上には1センチくらいのバッタのベビーちゃんが確認しただけでも12匹いました。

ちゃんと生まれたねぇ・・・・・・・と感心していたのもはじめのうち。

Photo_6

バッタの成長に比例してどんどんボロボロになっていくキャットニップの葉っぱ。

隣のキャットミントには目もくれません。ひたすらニップを食べて育つバッタたち。

うむむむ・・・・・・・・・頭イタイ・・・・・・・・・・(ノ∀`) アチャー

Photo_8

「どうすんのかな~  そのうちプランターのまわりピョンピョン跳ねるようになったらつかまえてやるよ、ボク」

次の産卵場所は別のところにしてもらおう・・・・・・・・・・orz

« 成長に合わせて | トップページ | ヤキモチとはちょっと違う・・・・? »

猫たち」カテゴリの記事

コメント

バッタの件、「おかーたまって本当にやさしいんだわ~」と思って読み進み、子バッタが12匹も出てきて大笑い。それは全部捕まえて近所の草むらにでもリリースしてほうがいいですよ。
バッタ算、強烈かもよ。

自然の豊かな所で育つと心豊かなニャンコになれそう(笑)
そう言えば昔、カマキリの卵を大切に持っていた男の子、いきなり小さなカマキリが何十匹と現れて、驚愕していたのを思い出しました。
バッタさん、数えられる程度で良かったね♪

cat サエコポンnote
目視で12匹だから、後から生まれたのがいたとしたらもっといるのかも。bearing
今、だいたい3センチくらいまで成長したので、そろそろリリースですわ。以前ホタルを見に行った、あの川沿いの草地ならちょうどいいかと。草地っていうより、今、草ボーボーだし(藁) キャットニップの余力があるうちにしないと再生がはかれません。coldsweats01

cat マダム・スタルカさんnote
キャットニップ2株に子バッタがわらわらと・・・・。サエコポンのいうように、「バッタ算」強烈です~coldsweats01
油断してました(笑)
カマキリも、小さいのがわらわら生まれるんだよね~ 小さくてもちゃんとカマキリの形してて(笑)
バッタの養殖してるばあいでははなかったですわ、天気がよくなったらリリースしてこないと。さすがに雨の日には行けませんわ(;;;´Д`)ゝ

ちょっとほろっとしながら読んでたのよ、バッタかあさんのくだり。
でも、やっぱりオチがあったわね。
チャー坊がしっかり捕まえてくれるよね、ね?

cat アンママさんnote
まだチャー坊にとっての「獲物」としては小さいようですが(笑)
プランターの場所は直接雨が降りかかることもないのでよく育っているようです。
敵(?)もいないし・・・バッタかあさんが選んだ場所ですもの。でも、ニップが~ 葉っぱが~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

あぁ~~コンチュウ~~!!だめ!ダメ!
ダァ~~メェ~~!!わらわら出てくんのは、気失う~~!!Gもダメ!見たら体、石になる~~!!それでも、花は好きよ。ベランダ菜園とかしてみたい。でも虫はダメ!!
虫にだけ効いて、ネコと人間には絶対効かない薬って無いもんでしょうかね?

ところで、雨大丈夫?違う市が災害にあったみたいだけど、近いのか遠いのか判らないから心配よ。

ご無沙汰しておりました♪
久しぶりで昆虫・・・ とま☆彡様同様昆虫ダメダメですorz
とくに蝉がダメダメで夏場はベランダに出るのも嫌ですわ~!
庭にバッタを発見した日から立ち入り禁止危険地域に指定。
猛暑の中、水遣りも出来ないので猛烈な勢いで枯れてます。
キャットテールも2ヶ月くらいで以前枯らしました^^;
可愛いんですけどね、そそられるネーミングなんですけどね(泣)
やっぱミント系はムシにも強いんでしょうか?
はてさてどのくらいの植物が越夏できることやら・・・^^;

cat とま☆彡さんnote
私ももともと昆虫は苦手な部類なんですが(もちろんGもよ)
家の外にいるものには割りと寛大になりました。でも、やっぱりわらわら出てくるのにはちょっと引きますね(笑)
家の裏手に植えてあるつるバラには栄養剤と殺虫成分の入ったアンプルが差してあるんですがこれをやっておくと葉っぱにアブラムシとか付かないの。匂いもなし、薬剤のスプレーとかと違うから猫にも安心、虫にだけ効きます。肥料のかわりにもなってるしね。

豪雨の心配ありがとうございます。
幸い、住んでいる場所では川の氾濫もなく、無事に過ごしていますが・・・・湿気はすごいよぅ・・・crying

cat まきまきさんnote
お元気そうでなによりっすshine
ヒナコ嬢(もちろん仮名よね)と煌嬢と、お姫様お二人のほのぼのな様子、ときどき覗いてます。
外にいる虫には寛大・・・・といいつつ、蝉はダメなんですのよ~ワタクシも。
だってうるさいんだもん。あの鳴き声聞くと暑さが増幅される気がするんだもん。だから家の外壁とかにくっつしいて鳴いてるのを見つけた日にゃ~ホーキ振り回して追い払う・・・・happy02
キャットテール、赤くっておもわず触りたくなっちゃうんですが・・・花屋さんで聞いたら「冬は屋内に入れて・・・」と言われたので断念しました。鉢植えとか置いといたら猫ズが齧っちゃったりしてお腹壊したりしてもいやだもんね。

冬に咲いてたガーデンシクラメンを越夏させてみようと(たぶん無理だろうケド)北側の日陰に置いてあるんですが今日みたらつぼみが出てきてた・・・・・どうなるんだろ、いったい(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成長に合わせて | トップページ | ヤキモチとはちょっと違う・・・・? »