« 滝行ならず | トップページ | 浦島太郎に出てくる亀は・・・ »

まぐろ(の頭)と格闘、そして念願の那智の滝へ

  民宿に到着し、夕飯前に入浴を済ませておいて、いよいよ楽しみにしていたまぐろづくしの夕食。

まぐろの頭(ただし半身)の焼いたのがつきます。(二人でひとつ、だけど)

この日の宿泊客の中で、まく゛ろの頭焼き(甲焼きっつーの?)を頼んだのは私たちだけだった・・・・。

Photo

旦那は添えられているスプーンとフォークで(ナイフじゃなくてスプーンなのだ)汗をかきながら身をほぐしだしてくれて、おかーたまはその味を堪能。あ、もちろん、おとーたまもちゃんと食べてますよ。

まぐろの刺身はもちろん(赤身から、中トロ、大トロまでもあった) お寿司もあるし、サラダやまぐろのステーキ、レンコンとのはさみ揚げやら、果てはまぐろの魚卵までも。

おいしい~ 予算オーバーだけど、おいしい~o(*^▽^*)o

おかげでビールもよく飲める(といっても二人で大ビン3本だけど) 

部屋に戻って、この日は旦那よりも先に気絶寝。さすがに二晩連続の睡眠不足はキツイ。

翌日は、少し曇っていた。雨が降るかな?

Photo_3

熊野那智大社までは、また登りの階段。

実は、この赤い鳥居に着くまでに、すでに(おかーたまにとっては)かなりの階段を登ってます。ここまで来て、「ウェ~まだ階段あるじゃん~」とブツクサ言っていると上から下りてきたおじさんが「あと少しだから、がんばって」と肩を叩いてくれました。

「私、そんなしんどそうな顔してた?」

「死にそうな顔してたからそう言ってくれたんだろ」

くそ~ おのれ階段~ などとほざきながら、それでも手すりを頼りに←ヘタレ(笑)なんとかのぼって、到着。

Photo_6

まだ、朝も9時過ぎたばかりくらいなので人は少ないです。巫女さんが、おみくじ結び所の手入れをしていました。そしてなぜかピンヒールのサンダル履いた白い割烹着の職員さんが手水所とか、掃除してました。その「ピンヒール」というのがなんとも場違いな感じがして、すごく印象に残ってます。

Photo_8   

境内には、こんな大楠の木が祀ってあって、中が空洞のようになっていてくぐって入れるようになっています。

Photo_13    

那智の滝と三重の塔。近いようで、以外と離れてます。

那智大社を出て、滝へ向かう。今度は下りだから平気かな、と思いきや、下りの階段は自然石を使ったものでしかも手すりとかなし。その上、雨が降り出して、石の上に生えている苔のせいで滑りそうになる。

一旦車道にでて、いよいよ滝のあるところへ。

Photo_15

滝つぼそのものは、石のせいで見えません。料金を払って、「お滝拝所」(より滝の近くにいける)へ行ってみたけど、やっぱり見えない。

Photo_16

滝の落下が始まるあたりには、注連縄がある。(見えます?)

ここもまた、時間の経過とともに団体客も増えてきた。土産物やさんをちょっと覗き、アイスクリームを食べてから、帰路につく。

・・・・・・・・・・・がっ、もちろんまだどこか寄り道するだろうし(爆)

Photo_17

「まだ帰って来ないの~?」

« 滝行ならず | トップページ | 浦島太郎に出てくる亀は・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おー,那智の滝ですね。
おいしいもの一杯食べて,飲んで,楽しそう~。
うちは,私のいびきがひどいので,ダーリンが寝れない・・・と文句を言いますが,おかーたまんとこは逆ね?
眠れないと辛いんでしょうねぇ~~,って人ごとみたいに。。。

cat アンママさんnote
那智の滝、旦那がぜひ行ってみたいと前々から言ってまして。やっぱり旅行にいったからにはおいしいものも食べたいしねぇ。作らなくていいし、片付けなくてもいいし、極楽ですわ~(笑)
イビキはね・・・もう、ツライですよ~。何度夜中に起こしてやろうかと思うくらい。
「起こせばいいのに」なんて本人言いますがほんとに起こすと怒るんだよねぇ・・。gawk

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滝行ならず | トップページ | 浦島太郎に出てくる亀は・・・ »