« この日のお宿は遍路宿 | トップページ | そこに階段があるから »

靴が壊れた

遍路三日目も、もちろん晴天。ここにきて、履いてきた靴が壊れているのに気づいた。靴の横の、樹脂の部分が割れている。

今までは、山道を歩くことが多くなるのでトレッキングシューズを履いて遍路に出ていた。防水性もあるし、凸凹の山道でも足に負担がかかりにくい。・・・・・・・でも、重い。(;´▽`A``

今回は車遍路であるし、といつも履き慣れている普通のスニーカーで来た。履き慣れているから靴擦れもマメもできる心配はないだろう、と思ったのだが履き慣れすぎていて(爆)

でも、期間中雨の心配もなさそうだし、このまま使うことにする。いざとなればどこかで靴を買えばいいや・・・・・catface

遍路宿からすぐ近くの、46番札所 浄瑠璃寺

46

階段を登ってすぐに鐘楼がある。

Photo

↑ 浄瑠璃寺 本堂

ちょっと南国っぽい? 

そして、5kほど離れて

47番札所 八坂寺

47

↑八坂寺 山門 色合いがきれい。

Photo_2

↑八坂寺 本堂 近年再建されたそう。鉄筋コンクリート造りだけど周りの自然にもあっていて、すっきりした印象。

ご本尊は秘仏で、50年に一回の開帳だそうだ。次回見られるのは2034年だそう。

ここから、48~59札所までは次回にいくこととして、

一気に 60番札所 横峰寺へ。標高約700m。途中から、有料の林道に入る。有料道路だけど車一台通るのがやっとの道幅で、時折上から下りてくる車とすれ違うのもたいへん。山頂の駐車場から、500mほど山道を歩く。すみれの花があちこちに咲いている。

60

↑ 横峰寺山門(仁王門)

Photo_3

↑横峰寺 本堂

ジリジリと日差しが照りつける。納経所ではなぜか「何人でお越しですか」と一人ひとりに尋ねている。・・・・・・なんで? そして、納経のあとに渡される御影。寺によっては、自分で取れるようになっていたり、あるいは納経帳と一緒に差し出されたりということがほとんどだが、ここは「ハイッ」と元気よく(?)納経受付のカウンターのうえにバシッと置かれた。・・・・・・・「メンコ」か?

再び林道を下って、61番札所 香園寺へ

61

札所とは思えないような、鉄筋造りのモダンな建物。「大聖堂」と呼ばれる。

正面が大師堂。左側の階段を登って、建物の中ちょうど二階部分が本堂。固定の椅子が設置され、まるでコンサートホール。

Photo_4

↑ 香園寺 ご本尊 大日如来坐像 ライトアップされている。

ここの寺は収容人数250名という大きな宿坊もある。納経所では「はいっ、次の方、どうぞっ」とこれまた元気よく声をかけられる。・・・・・・・コンビニのおにいちゃん?(藁)

次は 62番札所 宝寿寺

62

↑ 宝寿寺 本堂。やはり木を使ってあると壮麗なかんじ。維持はたいへんなんだろうけど。

そして 63番札所 吉祥寺 (きちじょうじ が正しい呼び名だそう) でもつい「きっしょうじ」と呼んでしまう・・・・・。

63

↑ 吉祥寺 本堂

境内は小ぢんまりとしていて、一目で全体がみわたせるかんじ。納経所の前ではここで飼われているらしいワンコがへそ天で爆睡中。すぐ脇を人が通っても全然起きる気配もなし。声をかけても反応なし。おとーたまはちょっと触ってみたいようだったが、なにより熟睡しているようだったので起こすのもかわいそうでガマンガマン。

次は 64番札所 前神寺

64 

↑ 前神寺 入り口。赤い狛犬?

桜の木が多く、満開のときはさぞ見ごたえがあることだろうと思われる。

遍路三日目の予定はここまで。あとはこの日宿泊予定のビジネスホテルに向かう。

連休ということもあって、車遍路の人も多い。天気もいいから、バイク遍路の人もいる。もちろん自転車や歩きの人もいる。観光バスで、お坊さんらしい先達の人と一緒の団体もいるし、マイクロバスでのグループの人もいる。

前神寺をでてすぐ、バス停で時刻表をみながらバスを待っているらしいご夫婦を見かけた。おとーたまはすーーーーーっと車を近づけ、「どちらの方面に行かれますか~ 途中まででも乗っていかれませんか~」と声をかけた。

いわゆる、「車接待」というやつ。

ご主人は恐縮しつつも「それでは、○○の駅までお願いできれば・・・」と答え、奥さんはちょっと困惑気味ではあったが。

急いで後部座席の荷物をトランクに移して座る場所を作る。その荷物を見ても、遍路とわかるから、奥さんは少し安堵したよう。駅までの間、しばし遍路の話。高松に住んでおられ、すこしずつまわっておられるそうだ。今日はもう家に帰るところだそう。

15分ほどで駅に着き、お互い「お気をつけて」と笑顔でわかれた。

ホテルに着き、この日の夕食はホテル内の店でしゃぶしゃぶ食べ放題というのを食べた。肉肉肉肉、野菜は野菜バーで取り放題、時間制限はあるがさらに肉肉肉肉。

・・・・・・・・肉食夫婦だ(笑) 客が少なかったのでギャルソンのおにーちゃんはほとんど専属状態。デザートは別腹、とアイスもしっかり食べて。

そして、連日のイビキ策に「よしっ、旦那より先に寝てしまえばいいのだっ」とひらめいた。

ところが、部屋のエアコンは暖房しか入らず。窓を開けると虫が入ってくるかもしれないし・・・先に寝ては見たものの、夜中の3時に目が覚める。その後は1時間ごとに目が覚める。猫たちが恋しくなってくる。どうしているかなぁ、シッターさんのブログでいいコで留守番しててくれるのはわかってはいるけれど・・・。

朝になって、「禁断症状が来た ←おおげさ(笑)」と旦那に言う。ミィナを撫で回して、チャー坊のおシリのニオイを嗅ぎたい、と。 ←moomamaならわかってくれる、よね?

「オマエ、チャー坊にそんなことしてんのか」

「だって、チャー坊は黙っておシリのニオイかがせてくれるもんっ」

遍路四日目の朝の会話・・・・・。

« この日のお宿は遍路宿 | トップページ | そこに階段があるから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この日のお宿は遍路宿 | トップページ | そこに階段があるから »