« そこに階段があるから | トップページ | 振り返れば○□ »

懲りずに登る

今回の遍路の帰りに立ち寄ろう、と予定していたのは

Photo_2

このマークのところ。

讃岐の金比羅宮(ことひらぐう) 通称 「こんぴらさん」 です。

以下、画像はお借りしてきたものなので人影は写っていませんが実際には大変な人出でした。

Photo_3

↑ 画像では人は歩いていませんが実際には連休中ということもあって老若男女大変な人でした。そう、こんぴらさんといえば、階段!!!

本殿まで 785段 奥の院まで合わせると 1368段!!!

箸蔵寺での階段に悲鳴をあげ始めた膝で、さらに登ろうというこの暴挙(藁)

こんぴらさん近くに着いたのは15時過ぎ。でもすでに近くは渋滞。あちこちの有料駐車場の呼び込み(?)の人が道路わきに立っていたりします。このあたりの駐車場はどこに停めるにしてもだいたい一律千円らしい。

幸いにも、こんぴらさんの参道に店を構える土産物屋さんの駐車場に停める事ができた。横道から細い路地を、誘導役のバイクのおじさんに案内してもらい、階段数段分は楽できたことになる(藁) 

一旦、そのお土産さんに行って、車のカギを預ける。参拝帰りにお土産を買い物してくれれたら駐車料金はいらないとのこと。土産物はこんぴらさんで買おうと思っていたから、これはラッキーじゃん。

これから階段を登るために、杖と、うちわも貸してくれる。この杖の貸し出しはあちこちのお店でやっているらしい。帰りに杖を返し、貸してくれたお店で買い物をする・・・・というのが決まりではないけどそんな感じになっているらしい。杖には各店の名前や、目印のカラーテープが巻いてあったりする。

たくさんの人が階段を登っていく。サンダルや、ヒールのお嬢さん、彼と楽しそうに笑っているが・・・・いつまで笑っていられるかにゃ~? ←いぢわる(笑)

Photo_4

↑ このあたりで100段めくらいの「一之坂鳥居」 階段はまだまだ続く~

途中、休みつつ。うちわで顔をバタバタとあおぐ。横道から宅急便のおにいちゃんが現れ、軽やかに階段を登っていった。肩に荷物かついで。う~ん、慣れてるんだろうなぁ。

例によって、おかーたまは階段を登り始めてすぐ、息があがってしまう。ワタクシの傾向としては、

階段を登り始める→息があがる→それでもなんとかのぼる→汗が噴き出す→一気にペースが落ちる・・・・・が、まだなんとか登る→「し・・・・死ぬかもしれん・・・・」とつぶやきだす→それでも階段が終わらないから登る→無言になりピッチが早くなり黙々と登りだす

この、「無言で登る」のがおとーたま命名「やけくそ歩き」だそうで(笑) 別名「ウォーキングハイ」 (ランナーズハイに対抗?)

こうなるとおとーたまを追い越し、置き去りにしかねないくらいのペースで歩き出すらしい。岩屋寺の参道ではこの「し・・・・死ぬかもしれん」まででヤケクソ歩きまでには至らず。しかし、こんぴらさんの階段では必ずやヤケクソ歩きが見れるであろう・・・・というおとーたまの予想( ̄◆ ̄;)

365段あたりが大門。お休み処が作ってあって、冷たい飲み物を売っている。あぁぁ~飲みたいなぁ・・・・と思ったのに、おとーたまが先に歩いていってしまっているのでかなわず。

Photo_5

430段あたり、青銅の鳥居の近くにはこんな「こんぴら狗(いぬ)」の像が。

「こんぴら参り」とかかれた袋の中には飼い主の名前の木札、初穂料、道中の食費。飼い主の代わりに代参する犬たちがいたのです。旅人から旅人に連れられ、街道筋の人々に世話してもらいながら。行きたくてもいけない(体が悪かったりその他色々の事情で)主人に代わって。こんぴらさんのお札をもらって、無事に代参をつとめて帰ってきた犬は「こんぴら狗」とよばれるようになったとか。

飼い主さんの代わりに、一段一段、のぼっていったんでしょうねぇ。

この青銅の鳥居のところには大きいトイレがあります←トイレレポート(藁) この先にもあるようですが小さいところしかないようなので、ここで済ませておくのがよいようです。厩舎があり、神馬がいます。

月琴号という、真っ白のお馬さんと、トウカイ・スタント号。・・・・・こっちは・・・・競走馬のような・・・・?

 

Photo_6

↑ 白馬は人気。月琴号。人だかりにも動じません。

Photo_7 

↑ トウカイ・スタント号 微妙にカメラ目線・・・・?

お馬さんを眺めて一休み。

まだまだ階段は続く・・・・・

サンダルのおしゃれな女の子や、ヒールの靴でペチパンツでおシリフリフリあるいていた女の子がこのあたりでムッとした顔になってくる。そりゃそうだよ、その格好じゃね・・・・初めは彼氏と手をつないでイチャイチャと登っていたらしいアベックも・・・・。ま、本殿にたどり着けばご機嫌も治るでしょ(笑)

途中の手水所も人だかり。みんな、手を洗い、さらに水を飲む。そうなんだよ~暑いし、のどカラカラなのよ~。

Photo_9

↑、さあ、あとこれを登れば本殿だ~

すでに膝は笑い出している。足を止めるとガクガクプルプルと小刻みに震えているのがわかるくらい。

無事に到着し、ご神木の近くで一休み。木陰って、気持ちいいわね~としみじみ。参拝して、おとーたま用に車のお守りも買って・・・。

下りになって、大門のお休み処でスポーツドリンクをほぼ一気飲み。体に沁み込んでいくのがわかる~。

お土産やさんに戻って、杖とうちわを返し、あれこれとみやげを物色。車中での飲み物やおやつも買って、帰路につきました。

Photo_10

↑ おチュンちゃんの声にふりむくチャー坊

今回の遍路は天気に恵まれ、車遍路なりの楽しさもあって、いいものでした。

« そこに階段があるから | トップページ | 振り返れば○□ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そ、そげな階段、よく登ったね~
行く前数ヶ月から筋トレとかするべきじゃないの?足に筋肉がないとまさに死ぬで。
水分補給は大事よ。水分摂らずに汗をかき続けるとドロドロ血になって、下手をすると脳溢血よ。おとーたまが先にズンズン進んでも放置して水分補給すべき。

cat サエコポンnote
筋トレと、登る前の準備運動は必要ですね~。水分補給、絶対大事ですよね。
旦那は帰ってきてから体調崩して病院行き。血液検査で「脱水症状の傾向があります」と言われて帰ってきましたもん。私を見習ってグビグビ飲んで、行く先々でトイレにいっときゃよかったんじゃ~と言ってやりました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そこに階段があるから | トップページ | 振り返れば○□ »