« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

診察は順番に

みかん狩りに行く少し前の話。

季節の変わり目だからと用心していたのにやっぱり風邪を引いた。どこにそんなに水分があるんですかっちゅ~くらい、鼻水がとまらない。うーーーむ、鼻づまりもつらいが出すぎるのもツライのぅ・・・。(;´д`)トホホ…

2日ほど、薬を飲んでみたが治まる気配がないので、「こりゃ、週明けには病院ぢゃ」と覚悟。それを聞いて旦那は若干の期待をこめた目で私を見る。

よく似た症状の出始めている旦那は←風邪がうつったとも言う(藁) 私が病院でもらってきた薬を何回分か横取りしようと目論んでいるらしい。仕事があって病院にいっている間がない&めんどくさい(こう思う時点でまだ余裕があると思われる)

土曜の夜になって、恒例の ミィナの「おハゲ」発見。

Photo

「恒例の、ってにゃによぅ~ アタチだって好きでなってるんじゃにゃ~のよっ」

うーーん、夏中なんともなかったんだけどなぁ・・・。以前と同じように足の付け根、脇のあたりなどが抜け毛ハゲ。足のほうはかゆいらしくてナメたおしてアカむけ。

急いで、病院に電話予約。(診察予約は電話でできる)

週明けの病院行きはまず ミィちゃんが一番。

秋の動物病院は春に比べるとすこしばかり空いているような気がするが、ワンちゃんのフィラリア予防などが少ないせいか? それでも、予約してあっても1時間待ちはザラなのであった・・・

ミィナのすぐ前に診察してもらった猫さんは待っているときからキャリーの中でかなりご立腹の様子だったがいざ診察の順番がきて台の上にキャリーを乗せられるや、一段と気合はヒートアップ、(ネットなどには入れてないらしい)待合室のワンコも思わず振り返る唸りぶり。助手のヒトが大きなネットをもって駆けつけ、センセを含むみんなで診察台を取り囲み・・・なんとかネットに入れることは出来たが体重すら計れず。(ネットに入ったまま診察台の上で回りを威嚇して歩き回るから) そのまま、「お預かり」の身となった。諸手続きをみているとどうやら避妊か去勢の手術のようだ・・・・ん~あれだけの気合いと元気、若いからかのぅ・・・・

一瞬、どこかの某親分さんを彷彿とさせた。・・・・実際の現場はみてないけど、この方も「病院は(診察台は) 戦いの場」と思ってらっしゃるらしい・・・・・

さて、ミィナはというと、キャリーから出すときにちょっと抵抗したものの、出てしまえばあきらめたのかあとはなすがまま。体重はピッタリ5キロ。( ̄Д ̄;;

おハゲをみてもらうために仰向けにしても、ニャーとも言わず。歯石をみてもらうためにクチビル(?)めくっても「んがっ」とも言わず。注射を打つ間もじっと耐えて・・・。

助手のおねえさんも「ミィちゃん、いいコね~ おとなしくしてくれるのね~」

センセは「ミィちゃん、ちょっとくらいないてもいいんだよ~?」とまて言い出すしまつ。(笑)

病院から帰ってくるとひとりぼっちで留守番していたチャー坊がニャーニャーとないて不満を訴えるのであった・・・・。

Photo

「ひとりはイヤなんだよっ。でも病院に行くのは付き添いでも絶対ヤダ。」

翌日は、私が病院に行き注射をブッスリ、さらに翌日には旦那が「熱っぽい」と自ら病院行き。

「点滴を打ってくださいって。解熱剤でもなんでも点滴の中に入れて打ってくださいって言うんよ。言わないと、打ってくれないから」

「言わないと打ってくれない」のは本当かどうかわかりませんがとにかく注射を打ってもらって来いと念押ししました。hospital

Photo_2

「ボク以外はみ~んなお注射だって・・・」

今年はインフルエンザの予防注射も打っといたほうがいいかなぁ・・・。(;´д`)トホホ…

イエローネイル ~食い意地の張った魔女~

先日、みかん狩りにいきました。

Photo

港からフェリーにのって。天気は雲ひとつない晴天の、みかん狩り日和 (*゚▽゚)ノ

山の斜面のみかん園には極早生をふくむ4品種、約1000本のみかんの木が。

Photo_2

みかん狩りのほかに、ジンギスカンもできます(要予約) おむすびとかも作っておいてもらえます。(要予約)

もちろん、自分でのお弁当などの持ち込みもOK。

おみやげ用のみかんは、受付で袋を買って(大きさによって料金はいろいろ) 自分でみかんを切って入れて帰れます。つまり「つめ放題」ってやつ。袋のほかにダンボール箱(みかん箱)もある。

オープン時期は毎年違うので(みかんの実り具合で変わる)まずは電話で確認。みかん狩り自体は予約なしでも出来るみたいだけど、あえて予約を入れる。フェリー乗り場まで、無料で送迎もしてくれるらしいが、大人数ならまだしも夫婦ふたりでお願いするのも気が引けるので最寄のバス停などを訪ねたところ、「いいですよ、お迎えに行きますよ~ 港を出るときに到着時間を電話してください」と気持ちよく受けてくださった。ありがたいことであります。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

あらためて、料理のジンギスカンを予約。と、「今、いいお肉が入らないので牛肉になるんですが、いいですか~?」と。私はむしろヒツジ肉はあまり得意でないので好都合。

しかし、まてよ、じゃ、「ジンギスカン」とはいえないなぁ(笑)

おにぎりは自分で作ってもって行くことにした。そして、帰りにみかんを持ち帰るときの重さを考えて、旅行にいくときのキャスターつきのカバンでいくことにした。これなら、みかんを入れて持ち歩くにもラクだもんねhappy01

Photo_3

たたみの敷いてある休憩所。ここでジンギスカン(この日は牛だけど)ができるの。海も見えます。ナイスビューです。

みかんの木ごとに、微妙に味が違うらしい。なので食べてみて、自分好みの実を取っ手食べる。大人一人600円、時間無制限食べ放題なり~ψ(`∇´)ψ

みかんって、いいよね~ ハサミで枝から実を切ってとれば、あとは洗ったりしなくていいしさ、ナイフとかお皿もいらないしさ。

みかんの木の間、所々に一斗缶の「ゴミいれ」が置いてあるので皮はそこに捨てる。到着したのは11時過ぎ、客はまだだれもおらず貸切状態であった。休憩所裏手の山の上のほうがよく色づいてますよ、と教わったのでまずは体力のあるうちにとにかく一番上段のみかんの木をめざす。

一個とって食べてみて、また隣の木のみかんをとって食べてみて・・・おお、確かに、甘さやすっぱさが微妙に違う~

夫婦二人で、「こっちの木が(みかんが)ウマイ」「そっちのほうがすっぱかった」といいつつ味見。

・・・・・しかし、10月とはいえ、紫外線の量はハンパなく降り注ぐ。「オマエ、アホか」と旦那に言われるほど、汗をダラダラと流しながらみかんをほおばる魔女。

化粧はとうにハゲているらしく、頬骨のあたりがヒリヒリする。

くそ~っ!!今頃日焼けするはめになるとは~!!

空を見上げても、本当っに雲が一個もない。みかんの木はちょうどニンゲンの男性くらいの高さの上、実も葉っぱも繁っているので木陰に入るなんてこともできない。山際の、かろうじてちょっと陰になっている部分に入って、汗が引くのを待つ。その間も、いくつかみかんの実をもって。

シミやソバカスのためにはビタミンよ。風邪にもビタミンがいいのよっ

と、旦那にも暗に「もっと食え」とゲキを飛ばしてみるものの、本人は3~4個食べたあたりでもう満足な顔。しばらくすると、お昼の12時を知らせるサイレンが鳴り始めた。とりあえず、牛ギスカンとおにぎりたべよ~ぜ~ということで休憩所に戻る。

ご主人に声をかけるとすぐにお肉と野菜とタレを持ってきてくれた。コンロはいくつか出してあるがどれでも好きな場所を使っていいとのことだったので日陰がわに陣取る。おにぎりを食べつつ、肉を焼いていると何組かの家族連れやカップル、グループが到着。牛ギスカンを予約していたのは私らのほかにあと一家族だけであったが、午後になってどんどん人が増えてきた。

イカン、私が目星をつけておいたあの木も、むこうの木も、実をとられてしまうっ・・・・・  ( ゚皿゚)キーッ!!

旦那は食後の「昼寝モード」に入ってしまった。タタミの上で風もそよそよと気持ちいいらしい。うむむ、コイツはアテにできん、と思った私はハサミとネットをもって再びみかん園に突入準備。会社の人にも土産を頼まれたとのことだったので、あらためて土産用の袋も買い、斜面を駆け上がる。そして、味見をしてはあっちの木、こっちの木、さっきはまだ食べてなかった山の中腹部分の木、とにかくおよそ黄色く実った見のる木はまんべんなく味見して回り、みかんをネットに入れていく。つめ放題というからにはギュウギュウに詰めねばソンだ・・・・。

Photo_4

↑まだまだ青い実も多い。

ネットが満杯になったので一旦戻り、旦那に荷物の番を念押しして←ただ寝ているだけとも言う

今度は会社の人の土産用の袋を持って再び斜面へ。同じ木でも、南側、東側、内側、枝先、と実のついている場所も様々。大きさもいろいろ。

斜面は結構な勾配で、はじめのうちこそ杭を打って階段が作ってはあるがあとはなし。草取りもきれいにしてあるが、・・・・・スニーカーでも滑る。一歩あるくごとに、ピョンピョンとバッタが飛び、大きなキリギリスらしいものまで。ここのみかんは低農薬、有機栽培。ときどき、ヒヨドリが食べていったらしいあともある。

袋にもあちこちの木のみかんの実を取ってつめ、一杯になったので下り始めるが・・・登りより下りのほうが滑る・・・・そして何人も人が通ったあとはまた滑る・・・・階段部分まであと少し、というところで滑って前につんのめり、転んで膝をついてしまった。

・・・・・が、みかんの袋だけは絶対に手から離さなかったっ。

というか・・・・・普通なら手をつけばよかったものを、袋を両手で持っていたので(だって満杯にいれたもん) 膝をつくはめになった・・・というところか・・・・?

旦那には「よくそんなにみかんばっかたべれるもんだ」といわれたけど、

私ゃ、スーパーで売ってるみかん1ネット、一気食いも平気な女ですから~(*^ω^*)ノ彡

気づけば爪の先はみかんの皮のせいで真っ黄色。うーーむ、「みかんを食べ過ぎると手が黄色くなる」ではなく、「みかんを食べ過ぎると爪が黄色くなる」だったか・・・。happy02

この日、みかん園で15~20個は食べたわ、ワタシ。(* ̄ー ̄*)

Photo_5

「食欲の秋ねぇ・・・・」

スコになってみたボク

チャー坊はもともと、洗濯ネットとか大好きですが・・・(ミィナはそうでもないらしい)

Photo

これはみかんが入っていたネット。(みかん狩りに行きました。そのレポートはまた後日・・・)

「ボクはみかんは食べないから、ネットをもらった。そして、・・・・・・・・スコになったんだっ」

Photo_2

「ほら、すこてぃっしゅほぉーるどって猫みたいでしょーー?」

Photo_3  

「みにゃさんもネットがあったらおためしください。簡単に変身できるよ。」

「チャー坊、なんか顔が情けな~い感じになってるけど・・・?」

Photo_4

ちなみに全体で見るとこんな感じ。

このあと、写真も撮ったことだし、とネットから出そうとしたら「ニャーーーーッ(ヤダーー)」と抗議されました。

なんでこんなにネットが好きなんだか・・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »