« 雪こんこん | トップページ | 行きはよいよい、帰りは・・・・ »

通りゃんせ

通りゃんせ 通りゃんせ~

ここはどこの細道じゃ~ 天神さまの細道じゃ~

・・・・・・と 先日、太宰府天満宮 へ行って来ました。

まずは高速バスで博多へ。当日、広島も、途中の山口も、そして福岡でも天気予報では「雪」といわれたりしてましたが出発の段階では雪はなし。ところが・・・県境を越えるあたりで雪はどんどんと増え、「えぇぇ~ 家を出るときは雨すら降ってなかったのにぃ~」とつぶやく窓の外を凍結防止剤をまきながら作業車が行く。

うむむ、博多到着は若干遅れるのかもしれんのぅ・・・と思っていたけどちゃんと定時に到着。さすがプロフェッショナル(?)

でも、博多も雪。え~ 出かける直前の天気予報じゃ、昼間はくもりで夕方くらいから雪ってなってたのにぃ~  とブツブツつぶやきながらまずは駅構内のうどんやさんで昼ごはん。

その後、JRと西鉄を乗り継ぎ、太宰府に着く頃には雪は・・・・・吹雪 となっていた・・・・。 

ひぇぇぇぇ~ 雪が、雪が横から降っているぅぅ・・・・・

こんな荒天だもの、人出はさぞや少なかろうとおもったら、意外にも結構な人混み。

「さ・・・・寒い・・・・・死ぬかもしれん・・・・・」

といいながらも本殿到着。実は今回の太宰府行きは、一月下旬ころに「飛梅 開花」との情報を聞いたから。

菅原道真公を慕って、京の紅梅殿から一夜にして飛んできたとされる飛梅(白梅だけど)。

Photo ←これは別の梅

今年の寒さのせいなのか、まだ一分咲きにも至らず・・という感じでした。

境内の梅の木も、早咲きから遅咲きまでおよそ6000本あるといわれているけど花はまだまだ。・・・・・・・・ズビッ←鼻をすする音(藁)

参拝客に混じって、どこにもマニアという方はいるもので見る見るうちに本殿の屋根に積もっていく雪、そして飛梅、と三脚まで立てて撮影しているヒトも。・・・・・足元は雪のせいでぬかるんでドロドロですが気にしないらしい。

太宰府にきたら、もう一つの大きな目的 は、コレ。

Photo_2

お守りやお札、お神酒(太宰府天満宮のお神酒は梅酒。これもおいしいですよ~) とともに販売されている、梅干。

境内神苑の梅の木から収穫した梅の実で作ったもの。

だいたい6月頃に、一週間くらいかかって巫女さんや神職の方々総出で「梅ちぎり」(梅の実の採取)をして、梅干や梅酒に仕込むんだって。

いかにも昔ながらの梅干しで、紫蘇もいっぱい入ってて、ご飯にしばらくのせておくとあっという間に「ピンクのご飯」♪ 梅干しは割と大ぶり。

減塩タイプの梅干しをよく見かけるけど、これは塩もバンバンはいってまして、塩気は強いです。でもそれが、子供の頃、よく茶色い甕(かめ) 一杯に作ってあった梅干しを思い出すの。土用の頃に盆ザルにのせて日干しすると、塩が浮いてきてキラキラしてた。

以前行ったときは品切れで無かったんだよね~ 今回は無事にゲット happy02

本殿から、さらに奥の梅園脇のお茶屋さんで一休み。「抹茶セット」(抹茶と梅ヶ枝餅)には梅の小枝が添えられておりました。今までなら、さらに奥のお稲荷さままで行くんだけどこの天気なのでやめ。この日は、いつも境内でみかける「猿回し」の大道芸もお休みのようでした。 

Photo

「ちょっとまてよ。なんでここでボクを出すんだよ。ボクはサルじゃないぞ。跳ぶけどね」

参道の土産物屋さんをあちこちのぞきながら駅に向かう。横から吹き付ける雪に、カサをさしていてもほとんど意味がない。

途中乗り換えの天神の駅ビルでまたウインドーショッピング。洋物化粧品のむせ返るニオイにくしゃみ連発。

博多駅に着いてからも商店街をふたたびうろつく。帰りのバスは19:00発だが、少し早めに夕食を食べておいて、それからバスに乗ろうということになった。前回は博多ラーメンを食べたが、今回は普通にハンバーグ。

Photo_2

駅地下の、俵屋のハンバーグと一口ステーキ。

時刻は17:30過ぎ、料理を待つ間に何気に携帯をチェック。

お、着信アリだ。ダレ・・・・・? 履歴には見覚えのない番号が。しかも、留守電まではいっているらしい。ということは・・・間違い電話ではないのかなぁ・・・・

留守録を聞いてみると、さわやかな若いオトコの声がっ・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく  ←ちょっと疲れた

« 雪こんこん | トップページ | 行きはよいよい、帰りは・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか、読めた気がする・・・
若い男はバス会社に勤めてませんか?

続き、プリーズ♪

cat サエコポンnote

す、スルドイ・・・・(笑)

そうだよーーーん( ̄▽ ̄) ←もうネタバレ(笑)
おかーたまに電話してくる若いオトコなんて、そんなもんだよーーーん(笑)
ああ、コンビニで仕事してたときは大学生バイトくんとメル友だったりしたのになぁ・・・
仕事あがりに夜道を家まで送ってくれたりねぇ。
ま、それは「襲われるかも」という心配より「転ぶかも」の心配だったとおもうが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪こんこん | トップページ | 行きはよいよい、帰りは・・・・ »