« 国境の島へ 5 | トップページ | チャー坊に縁談? »

国境の島へ 6

旅行三日目は再び晴天となった。

朝食には、昨夜食べた舟盛りの鯛のアラを使ったおみそ汁がついている。いい出汁でてますわ~♪

宿を出発してまず向かったのは 豆酢(つづ?つつ?と読むらしい)岬。

B

東シナ海に突き出した岬。対馬の最南西端になる。

朝鮮海峡と対馬海峡の分岐点に点々と続く岩礁。

その後、地元の方に道を尋ねつつ行ったのは

天神多久頭魂神社 (てんじんたくづたまじんじゃ)

入り口のところで 宮司さん(たぶん)にちょうど会い、色々と説明してくださった・・・・が、このトリ頭ではほとんど覚えていない gawk

B_2

本殿の奥にはこんなにりっぱなご神木がある。

旅行三日目もやはり「昼食難民」となり、フェリー乗り場に向かう途中で

「お舟江」に立寄る。

B_3

対馬藩の船着場跡である。築堤の石積みは当時のままだそうだ。

「近代史上貴重な遺構」 

結局、近くの「ほか弁」でお弁当を買って、厳原港で海を眺めながら昼食。(´・ω・`)ショボーン

いいんじゃないのぉ~ 昨夜の食事は豪勢だったしさぁ~ と自分を慰めてみるcoldsweats01

フェリー乗り場では、いったいどこからこんなに集まってきたの?

というくらい人がいて、帰りのフェリーもほぼ満席状態であった。行きと同じく、酔い止め薬のせいでほとんど寝たまま博多に到着。

博多港も大変な人混みだった。

今回は酔い止めとともに、念入りに日焼け止めも塗ったおかげで発疹も出ず、無事に帰宅。出発前、あれほど飛び交っていた花粉はいつのまにか治まっていた・・・。

ああ、ようやく帰ってきた~  ( ̄▽ ̄)

« 国境の島へ 5 | トップページ | チャー坊に縁談? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国境の島へ 5 | トップページ | チャー坊に縁談? »