« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

ワクチンちっくん

猫たちの、ワクチン接種に行きました。

今までのワクチン接種の際は、

1 社用車を借りて、おとーたまの運転で病院にいく

2 キャリーにそれぞれ入れて、おとーたまとおかーたまとで自転車で病院にいく

でしたが、今回無謀にも

3 キャリーに2にゃん入れて(キャリーの可重量は無視) 自転車の荷台にくくりつけておかーたまが一人で病院に連れて行く

という新しい選択肢でもって、強行しました。

・・・・・・・確かに無謀でした(笑)  キャリー壊れなくてよかった・・・・・・(;´▽`A``

この日診てくれた先生は、以前引越し直後に「ご飯食べない、水飲まない」のチャー坊に輸液をしてくれた、おねえさん先生。

ここの病院にあるのは3種混合と、6種混合のワクチン。

昨年、5種混合を打って、初年度のときと同様、一日元気がなかったこと、ちょっと熱っぽかったこと、などを話し、やはり3種混合に戻すことにした。注射を打つ場所は毎年、首の後ろ、左右のおしり側、と場所を変えてもらって打っている。去年は首の後ろだったので、今年はおシリ。

Photo


ミィナ、気になる体重は 5.5㌔。先日の、おハゲの注射で行ったときと変わらず。

引っ越し前の健康チェックのときは5.6㌔だったので、まぁ、ほぼ同じか・・・。

Photo_2

さて、それでは、ここで問題です。

チャー坊の体重はどれくらいだったでショー?

ちなみに、引っ越し前の健康チェックでは 5.5㌔、

引越し直後の、脱水を心配して輸液してもらいに行ったときは 5.1㌔でした。

Photo_6

「ボクの体重を問題にするなんて・・・・・」


あのひとは、海に還る

ミィナもチャー坊も大好きで、たいへんお世話になったあの方が突然旅立たれて一年を過ぎ、

ご本人の希望により海に還ることになりました。

来客があると速攻で雲隠れするチャー坊が、この方が来てくれた時は玄関で出迎えるほど。独り占めして甘え、後ろをついてあるいたり。「帰っちゃだめ~」と引き止めたり。

ミィナも、おもちゃで遊んでもらったり、この方が来てくれる事で「お留守番」はいやなものではなかったようです。

Photo

青い海、青い空、

そう、あの「千の風になって」のように・・・・・・

猫たちの記憶の中には、いつも優しく笑ってなでてくれたあの方の姿が、

私の心の中にも、時間を忘れるほどたくさんの話をして、聞いてくれたあの方が、

今も鮮明に残っています・・・・。

Photo_2

「大好きな、大好きな、だーーーいすきな、おねえさん・・・・」

「これからも、ずっと見守っててくださいね・・・・」




これがふつう

チャー坊が「お座り」しています。

Photo

おかーたまはお座りのことを「おちゃんこ」と言ったりします。

たぶん、方言の類だと思うんだけど、小さい頃から「座って」ということを「おちゃんこして」と言われて育ったから。

なので猫がこうして座ることを「正しくおちゃんこしてる」なんて言ったりします。

でも・・・・チャー坊の場合、ちょっと正しくない。

Photo_2

何が「正しくない」のか?

それは・・・・・

Photo_3

↑ ココ。

チャー坊はこういったポーズのとき、なぜか向かって右側、チャー坊的には左の「お手手」がカクッと曲がります。

骨がどうかなってるとかではなさそうですし、普段の動きもまったく正常でかわったことはありません。

でも、この「おちゃんこ」ポーズのときだけはお手手がカクッとなる・・・・。

Photo_4


ボク的にはこれが普通なんだよ~ annoy





寝てまつ

チャー坊が寝ています。

Photo

カゴに入って熟睡です。

そしてちゃんと、

Photo_2

ミィナの分の場所があけてあります(笑)

Photo_3

こんなに写真撮ってるのに、全然起きない・・・・・。

ちなみにこのときミィナは押入れの中のカゴで寝てました(笑)






« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »