« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年2月

おとーたまとおかーたまのお正月その2 ←超省略版

伏見稲荷の後に行ったのは、八坂神社。

電車で行こうとしたのに、切符を買ってから反対方向行きのホームに入っちゃったり。←駅員さんに申し出て、無事正しいホームに移動 (;´▽`A``

八坂神社も人混みは多かった。

ここからブラブラと、八坂の塔が見えるあたりまで路地を歩く。

以前来たときに、お土産やさんが並ぶ中に和紙のお店が確かあった、そこに行きたい、とおとーたまが言うもので、お店を見て歩くが・・・・・

ない。 

いや、あったのかもしれないけど、閉まっているのかな・・・?

お正月だから観光客も多く、営業している店もあれば休みの店もあるし。

こうして、なんとな~く初詣と、なんとな~く京都散策の一日が終わったのでした・・・・。

帰る頃には雪がちらついてました。Photo

寒い日は「みっちり盛り」

ああ、やっと終わったぜぇ~ 正月が~ (爆)

で、最近の近況を一部ご報告。

大阪に来て一年が過ぎたのですが・・・・・・

おとーたま、転勤の兆し!!!!!

どうなる、おかーたま家!!!!!

いや~、そりゃ~ね、いわゆる「転勤族」ですから、いずれはまた転勤になるとは思ってましたけどね・・・・

まさか、たった一年でとはねぇ・・・・


おかーたまとおとーたまの正月 その一

Photo


・・・・2月ですがな。 (;´Д`A ```

昨夜は、ちゃんと豆まきしました happy01

・・・・・さて、「初詣でも苦行がまっていた」というおかーたまですが・・・・。← 一月ネタ(笑)

今年の初詣は、京都 伏見稲荷へ行きました。行ったのは1月4日。「三が日も過ぎたし、少しは人出も減っているだろう」・・・・というのは甘かった。電車で行ったんだけど、駅に着く前の、踏み切りの遮断機前の人混みに驚愕。電車内から「うおっ」と声が出るほど。(車内はさほど混んでいなかった)

駅に降り立ったら、まあ、エライことになってました。トイレも文字通り長蛇の列。さらに本殿前は人混みは膨れ上がり、近寄れません。

「こりゃ~、本殿参拝しようとしたら、何時間並んで待っていればいいのか・・・・・」

思わずため息。 (;;;´Д`)ゝ

古いお札等を納めようと持っていったけど、お札納め所前も人混み。ハァ~正月っていうのはどこも人混みなのねぇ、やっぱり。

それでも、お札は何とか納め、赤い千本鳥居をくぐって、稲荷山の頂点、「一の峰」をめざす。・・・・・そう、つまり、登るわけです、稲荷山を。階段を。

Photo_3

やはり、新年ということで、一の峰を目指す人は多いらしい。下から、三の峰、二の峰そして一番上が一の峰。で、半分くらいの人は三の峰で引き返す。←ここまででもかなりの体力消耗。sad

中には、着物姿で行くお嬢さんも。ま、確かに、階段は整備されているけど・・・。

そして、一の峰に着いても、やっぱり参拝前の階段は列が。ま、本殿ほどではないけど。

Photo_4

なんとか参拝ができて、一息してから今度は下りの階段です。すでに足はむくんでパンパン。うむむ、今年も苦行の年? いや、一年分を今日一気にやってしまう?(笑)

Photo_2


↑ バトルモードのときはミィねぇちゃんの足を狙うことにしている、ボク

一の峰までの往復で、体は温まり途中からはコートもいらないほどだったのに、(うっすら汗ばむほど) 本殿脇に戻るってきた頃にはその汗がアダとなり、体が冷え出します。相変わらず本殿前は参拝待ちの行列で、「ああ、こりゃ、やっぱり本殿参拝は無理だわ・・。」と思わずため息。

参道脇には露店もたくさん出ていて、夏とは違うので金魚すくいやカキ氷はない変わりに、「甘酒」だの、「おでん」だのがあるのはやはり冬だから。京都、伏見は海外からのお客さんも多いので、香り高いコーヒーのお店があったりするし。

最近は「ケバブ」のお店なんてのもあるのね~

Photo_6

↑ こんなやつ。お肉です。焼けたところをナイフで削って、ピタっていう薄いナンみたいなのにキャベツの千切りとかといっしょに挟んでくれる。

これがね~、食べてみたかったんだけど、

並んでるんだわ、やっぱり。客が。

orz  ああもぅ、どこいっても行列ばかり・・・・・   ┐(´д`)┌ヤレヤレ

それでも、その後、千円均一ショップで 「雨に濡れると猫柄が浮き出る傘」というのを見つけて大喜びで購入 。

ああ、伏見に来た甲斐があったわ~ (◎´∀`)ノ

気を良くしたおかーたま←単純(藁)、おとーたまの「八坂神社も行っとくか」の提案に雪もちらつき始めた中、「よっしゃあ~ 御利益追加の旅~!!」と賛成していくことにしました。

・・・・・つづく



« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »