« 車でGO!! | トップページ | 拡散波動砲の洗礼 »

埋もれて、寄り添って

今回の引越しは、今までよりも荷物が多く感じた。それはタンスの中身も全部箱詰めしなくてはいけなかったから。

ハンガーものは専用のボックスが当日に来るので入れ替えればいいんだけど、引き出しのものは全部箱詰め。

荷造り、荷解きすべて「自分で」ということにしていた。それはなにより、猫ズの拘束時間(キャリー内に確保しておく時間)を短くしたかったから。

広島から大阪への引越しのときは荷造りもプロに任せ→この日、半日くらいキャリーの中

当日は搬出に3時間、そして車で移動、翌朝到着、搬入、荷解きも半分くらいはプロ、ととにかくキャリーの中に入っててもらう時間が長かった。

今回、もちろんコストのこともあったが(ユニックを依頼する分、引越し費用が加算される)

たとえダンボールの山の中だろうが、初めての室内だろうが、なるべく早くキャリーからは開放してあげておとーたまとおかーたまだけが一緒にいる室内(知らないヒトはいない状態)のほうがいいんではないか・・・・・と考えたから。

業者が帰って、さっそく放牧。キャタピラ歩きで慎重にソロソロと歩き回る間に、ダンボールを一部端っこに寄せて、トイレと水のみ場を作る。

カリカリも出したがやっぱり食べようとはしない。今朝は朝からなにも食べていないので、シリンジで猫用の「スープだけ」のフードを2にゃんにそれぞれ飲ませる。水分と、多少なりともカロリー摂取だぁ~ ( ̄▽ ̄)

さて・・・・どこから「やっつける」か・・・・・

適当に箱を開けだすおとーたまを制止して、持論を説明する。

まず、少しでも箱を減らして(開梱して)今夜寝る場所を確保しなくてはいけない。

つぶした箱はなるべく早く業者に取りに来てもらい、いっそうのスペース確保に励むべき。

箱の多い順からいうと本、台所用品(食器含む) 、衣類だ。多いヤツから片付ければその分スペースが空く。

ただし、本棚はまだ場所を移動させる可能性もあるから、本を入れてしまうと後が大変。

なので、もう絶対に動かしようがない配置に置いてある食器類、そしてタンスの中の衣類の箱からやっつけるのが妥当と思われる。

以前よりは部屋は狭くなっているので、一部台所用品、そしてハンガー物の衣類もこれを機にさらに在庫処分(廃棄するもの、リサイクルショップに持ち込むもの、妹夫婦宅に提供してみるもの)に励む。

・・・・・・・ということで、まずはおかーたまが台所用品等水回り、おとーたまはタンス類、と作業分担。

すでに夕方。幸いにも、階下の部屋はまだ入居されていないようだし、二階の隣の部屋もまだ空いている。多少の物音は大丈夫。

おりゃぁぁぁぁぁぁ~ 気合いだ、気合い~

とばかりに食器類を棚に収め、台所用品を流しの下や上の戸棚に入れて、空いた箱は片っ端からたたんで・・・・。

夜の21時を過ぎるとさすがに疲れてきて・・・ご飯を食べようにも近隣のお店はもう閉まっていたのでしかたなく「ほか弁」を買ってきて食べる。

かなりの箱を片付けたつもりが、なんだか減ってない・・・・・ (´;ω;`)ウウ・・・

このまま続けても効率が悪いだけなので、あきらめて寝ることにする。

お風呂の後、ダンボールを端によせて、寝場所を確保。4月下旬とはいえ、夜はまだ冷える。

おとーたまの いびき に「やれやれ」と苦笑いしつつ、2にゃんと寄り添って寝る。

そう、

おとーたまは寝相も悪いので、猫ズはワタクシと寝る というのが定着しているのであります・・・・

Photo

« 車でGO!! | トップページ | 拡散波動砲の洗礼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車でGO!! | トップページ | 拡散波動砲の洗礼 »