« 今時の若いもんは | トップページ | がんばりました »

見てもわからないと思う

月曜になっても、こめかみ部分は痛んだ。

といっても、鎮痛剤が効いているせいなのか、ズキンとくる頻度はかなり減った。

つまり、忘れた頃にズキン、とくるわけで。

こりゃ~やっぱり、一回CT撮っとくかぁ~と、某総合病院に行った。

クリニックの美人女医は「脳外か、神経内科で」といったけどそれでいいのかなぁ、初めは普通の内科かなぁ・・・と迷ったが、「いいや、どうせどれも院内にあるんだし」とまずは内科に受診受付。

「紹介状ありますか? 紹介状がないと ○○○○円(余分に)かかります。」

と言われ、「へ?」

紹介状が必要だとか、ないと何千円もとられるとか、知らないんだよっ

そこからクリニックまで書いてもらいに行く元気もない。

くそっ、払えばいいんでしょ、払えばっ

しかし、聞きしに勝る混み具合。妹から「電子カルテになって少しは早くなったよ」とは言われていたものの、待合のイスに座ることもままならず、壁に寄りかかってずーーっと待っていた。

ようやく呼ばれて診察室に入ったら、今度は(藁)若い男性医師だった。ま、チャラ男という風体でもないし、顔立ちも並なので←なにを上から目線で よしとするか。(なにしに行ったんだ、ぉい)

こちらの経過をふんふんと聞きながらキーボードを叩くのはもはやどこの病院に行っても一緒か。しかし、このセンセ、美人女医にはない動きを見せた。

それは、例の「頭皮神経痛と言われた」と言ったとき。

いきなり立ち上がり、両手でおかーたまのアタマをガシッとつかんで、まじまじとてっぺんを覗き込んだ。

えっ、センセ、診察のポイントはそこですかぃ? ていうか、見てもわからないと思うけど。

こみ上げてくる笑いを必死にこらえていると、センセはメモを取り出して

「血管の拡張で頭痛がおきて・・・・・」

「カフェインの摂取で血管が締まる感じになって・・・」

と、血管の断面図?らしき○を書いて図説を始めた。

ほ~、それ、先日テレビでやってたわね~というと、「そうです、やってました」

「じゃ、まずはCT撮ってきてください」

と、センセ渾身の(?)図解メモはクシャクシャと丸めて捨てられた Σ(・ω・ノ)ノ! あ、捨てるのね・・・・。

結果、CTも異常なく、同じ鎮痛剤をあと数日分だしてもらって帰宅。他の患者さんの「3時間も待って、診察3分」のぼやきもどこからともなく聞こえ、とってもつかれて帰宅しました。

Photo

「今 ボクたちがお世話になってるにゃんこ病院に行けばいいのに」

いや、チャー坊、いくら院長センセでも、ニンゲンは見てくれないから・・・・( ̄▽ ̄)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今、チャー坊やミィナがお世話になっているのは、ジャム嬢も幼少の頃から見てもらった病院。院長先生のほかにも獣医師は何人かおられ、中にはオランダで動物行動学(?)の学位をおさめられてきたという「猫のキモチのわかる」ドリトル先生←勝手にそう呼んでいる もいらっしゃいます。

« 今時の若いもんは | トップページ | がんばりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今時の若いもんは | トップページ | がんばりました »