« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 余談 »

おかーたま、マーキングされる

翌日。前夜も遅い時間に湯船独占でお風呂に入ったものの、朝ももちろんお風呂に向かう。ほんとは日の出を見ながら・・・とつもりだったけど、すっかり明るくなってしまった。

朝食バイキングは窓際の席を陣取り、水辺の鳥たちを眺めながら。四方をかこまれたマンション暮らしから、久々に視界に広がる開放感だわ。

この日は列車とバスを使って 永平寺へ。

P1000917

観光バスの団体とか、たいへんなにぎわいです。

Photo

Photo_2

永平寺は修行の場。

僧堂といって、修行中の若い僧がたくさんいます。

一般の人は体験修行のようなこともできるらしい。(もちろん要予約)

Photo_3

永平寺の大きな案内図の置いてある広間で、墨染めの衣のお坊様から注意事項などをききます。

立ち入り禁止のところには入らない、修行僧に直接カメラを向けての撮影は禁止(全体の中に映り込んでしまうのは可らしい)

Photo_4

階段。つるつるぴかぴかです。

Photo_5

修行の一環で毎日磨くんだよなぁ、きっと。

Photo_6


天井絵の見事なこと。

Photo_7

Photo_8


きれいに磨かれた回廊。

Photo_9

法堂の内部。

この日はすこし汗ばむくらいの陽気。

そして、この時期毎年なのか、たまたま今年だけなのか、至る所にいるんだよ、コイツが。

Photo_10

カメムシ。デカイんだ、これがまた。

これが階段石段、柱や手すりにあちこちに大量発生。

そしておかーたまはどういうわけか、何度もカメムシが体に張り付く。

背中側とかに張り付かれ、もう直感で「今っ、今 カメムシにくっつかれた気がするっ、払って、払ってぇぇぇぇ」と叫ぶ。なんか、ふわ~んとカメムシ臭がするんだよぅぅぅ。

おとーたまは「お前、スゲーな。なんでわかるんだ」といいながら服をはたいて追い払う。

ううう、この日おかーたまが来ていたのは薄いグレーの長ブラウス。その色は乾いた石段のような、雨ざらしで乾燥した木製の手すりのような色なのだった・・・

(´;ω;`)ウウ・・・

Photo_11

「クサイのはダメだっ」


























« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 余談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大昔、高校2年の時に永平寺を訪れました。案内してくれる若いお坊さまが2名。もちろん、ハンサムなお坊さまの方に皆群れてしまって(笑)
今、行ったら、もう少しきちんと拝観できただろうな〜。カメムシはパスだけどね(爆)

cat スタルカさんnote
女子高生にかこまれるなんて、若いお坊さんにはうれしいかぎりではないですか(笑) カメムシは秋限定ではないでしょうか。冬の永平寺も風情があってよさそうですよね。寒そうだけど。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 余談 »