« 梅好き | トップページ | 超高速 端折りま~す »

訓練じゃないのに、訓練になった、話。

おとーたまが休みの日のこと。

洗濯も済んだ、お昼少し前。おとーたまはいつもの通りまだ寝ていた。

(コイツは休みの日っちゅ~と早くても昼過ぎまで、放っておくと夕方まで寝るオトコである)

猫たちもゴロゴロウトウトしているようだし、ちょっとコーヒーでも飲みながらお気に入りのDVDでも見るかぁ~と思っていると・・・・。

火災報知器のベルが鳴りだした。え~? ここかぁ~? と思いつつ、窓を開けてみるとバルコニーの壁のベルが明らかに鳴っている。

そうか、ここのマンションか、と思いつつ、え~でも、誤作動かぁ~? と考えていた。

第二大阪時代、住んでいたマンションでは再三誤作動でベルが鳴ったりしていたからだ。

火の気どころか煙すらどこにも出てないのに突然鳴りだす→なった以上は消防隊がやってくる→警備会社もやってくる→消防隊員が一軒ずつ異常がないか聞いて回る

ということが何度もあったので、ここもかな、と思いながら玄関から外に出てみる。

・・・・かすかに尋常ではない匂いがする。

思わず、下階側を覗き込んでみる。

薄い白煙が風に流されて出てきているのがわかる。

隣のマンションの人たちが非常階段側に出てきてなにか指さしながら話している。

・・・・・・・・ガチだ。

他のお宅のご主人たちも出てきて階下を覗き込む。

煙の位置から察するに部屋からではなく給湯器のボイラーのあたりからではなろうかと思われる。(つまり室内からの発火ではないと推測。煙だけで火の手は見えていない)

いやいや、推理してる場合ではないっ、と部屋に戻りイビキをかいているヤツに向って

「起きてっ 火事よっ」とさけぶ。飛び起きたおとーたまは無言で猫ズのキャリーケースを箪笥の上から降ろす。

速攻で猫たちをキャリーに入れる。動物病院に行くときはなかなか入らないのに、

寝ていたところを突然抱えられて放り込まれた猫たち。2018


「・・・・・寝てたのよ。なんじゃらホイと思ったのよ」

トランクスとシャツだけで寝ていたおとーたまはさすがにこのままでは、と大急ぎで服を着る。

その間に、バッグに携帯と通帳印鑑と、へそくり(←コレ大事っ!! 笑)を詰め込んで、エレベーターは停電するといけないから、と各々キャリーを一つずつ抱えて、一気に階段を駆け下りて外に出る。

歩道側にあるベンチがちょうど日陰だったので、そこにキャリーを置く。

外に出てきたのはおかーたま宅が一番であった。

・・・・・というか。

結果から言うと、他のだれも出てこなかった。

一階部分には飲食系のテナントが入っているけど、フツーに営業してるし。

管理会社の人たちはすこしバタバタししているように見えなくもないが、「見えなくもない」という程度で明らかに火災であせっているという感じは皆無。

煙はもう出ていない。

2018_3

「いったいなんの罰ゲームだよ」

10分くらい、ボーっとしてたけど、消防車が来る気配すらない。

「・・・・・・(家に) 入ろっか」と キャリー抱えて戻った。

エレベーターで上がる時、チラリと見えた件のフロアは消火剤のピンクの粉こなまみれになっていた。

そしておとーたまと反省会(?) 

急いだとはいえ、キャリーにペットシーツを敷かなかった。→常にキャリーにペットシーツを一枚は入れておくことにする。

急いだとはいえ、猫ズにリードを付けずにキャリーに入れた→常にキャリーにリードを(以下省略 笑)

えぇ~ 火災報知器鳴って、少しではあるけど煙も出てて異臭もしてて、なんでみんな出てこないかなぁ・・・・おかーたまが大げさすぎたのか・・・・? でも普通念のためとはいえ非難するよねぇ? と自問自答するおかーたまであった・・・・。





« 梅好き | トップページ | 超高速 端折りま~す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おかーたまはエライ。
引っ越し時だけでなく非常時にも役に立つわ。

昔海外旅行先のホテルで非常ベルがガンガン鳴ったことがあったわ。
階段で下まで降りて安全を確認したんだけど
エレベーターが止まってしまって部屋に戻る登りが大変で
たまたま同じ時に登っていたデブのおっさんが
心臓マヒを起こしそうになってて
しかもデブはすごく高層階の部屋だった。
友達とおっさんを介抱した遠い思い出。あの頃私は若かった。

サエコポン♪
非常ベルって、やっぱり焦りますよね。
よく「あわてず、落ち着いて」とか書いてあるけど
どう考えてもあの音は「落ち着くな。あわてて急いで逃げろ」と言っているようにしか聞こえない(笑)
サエコポン、おっさんも介抱してあげたんだ、やさしいねぇ。
私も基本は階段よりエレベーター派です(笑)
デブのおっさんの気持ちがすごくわかるぅ。
階段はねぇ、心肺機能はもちろん、ヒザにも負担がくるんだよぅ、・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅好き | トップページ | 超高速 端折りま~す »