« 地獄の前の極楽 | トップページ | 地獄ふたたび »

入院一日目

そして始まる入院一日目。なんせ前回も入院したから一日の流れもわかっているので

室内設備の簡単な説明だけ。

看護師さんに差し入れのお菓子を渡すとすんごく喜んでくれた。←個室だから他の人の目がないから?(笑)

「○○先生(注 おかーたまの担当医)にも、一個くらいあげてね?」というと

「わかりました~ 一個ですね~笑」と帰っていった(笑)

メイクを落とし、どスッピンになって、パジャマに着替え。←このあたりはもう鼻歌まじりで(笑)

トイレも洗面台もついているから、部屋を出るような用事はないけど、ヒマを持て余して自販機にジュースを買いに行く。そう、この日の午前0時まではコーヒーも飲んでもいいんだもんね~←前回入院で確認済。

まあ、飲み物もこの病院は「配茶」をしていて、朝昼晩各食事の少し前に部屋を回ってきて水筒にお茶を入れてくれる。だから入院時に水筒を持ってくるように言われる。(ベットボトルは代わりには使えない)

Photo

↑お昼ご飯。

食事時のご飯は茶碗ではなく「おにぎり」で必ず出てくる。

炒め物にはカシューナッツが入っていてちょっとピリ辛だったけど、完食。

そして・・・・食事量が少なくて物足りないことを前回入院で学んで(?)いたおかーたま。

Imgrc0091484882


おとーたまが沖縄出張で買ってきてくれたお土産を非常食(?)として持ち込んでいた。

ふふふ・・・・・良い子はマネしてはいけませんよ・・・・特に食事制限のある入院の人はね・・・

食後はテレビ見たり、クロスワードやったりとして時間つぶし。用もないのに談話室を徘徊して本棚を眺めたり。この間にシャワーも使ったり。

Photo_2

そして夕ご飯。ご飯はやっぱおにぎり。気分転換に、窓際のサイドテーブルのほうで食べることにする。

食後しばらくしてようやく(?)担当医の先生登場。今日も一日手術ばっかりしていたらしい。

Photo

明日の手術に備えて、腕にマーキング。「T.I」なんて自分のサインまで入れるセンセ。

この日はおとーたまも面会には来ないので

Photo_2

壁に飾られたおたふくの絵を眺めているとリハビリ室から「出張検査」にやってきた。

(前回はリハビリ室に呼び出しだった)

夜は9時に消灯だが、

「えぇぇぇ~ こんな早くから寝れないよぅ、普段からこれくらいの時間から夕飯作るんだよぅ~ (おとーたまは通常帰ってくるのが午前サマなので21時から作っても余裕なのだ)」と

ブツブツいいながらそれでもベッドに入る。実はこのために前々日から若干寝不足気味にしておいたのだった・・・・(もちろん、昼間寝ないようにがんばった 藁)

だいたい2~3時間おきに目を覚ます浅い眠りが普通の寝方だ。夜中、何回か看護師が巡回に来る。わかっていてあえて寝たふりしていたりしてたが、午前3時の巡回のときに

ムクリ、と起き上がったらビックリさせてしまった。(ライトを落としそうになってた)

Photo_3

「夜は寝ろよ。っつーか、ボクたちなんか19時になるとショップのおねーさんたち帰っちゃうんだぞ?」

そう、猫ズは前回同様、ペットホテル泊まり(個室)です。













« 地獄の前の極楽 | トップページ | 地獄ふたたび »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一日目、余裕だったのね〜
近くだったら賑やかしに行ってあげたけどね〜
問題のanother hellは明日ですね。
引っ張りますね。

嵐の前の静けさ。地獄が迫っていると思うと落ち着かないですね。(^^;

 サエコポン
一日目はまだ余裕でしたね~
全身麻酔でも地獄見るとは思ってもいなかったですからね~
細かく書いてたら引っ張っちゃいました

 MMMさん
この時点ではまだ「全身麻酔なら寝てる間に終わる」と思ってたんで余裕だったんですよぅ~
点滴の穿刺は風邪ひいたときとかに慣れてるし。
終わってみたらやっぱり地獄だったのです・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 地獄の前の極楽 | トップページ | 地獄ふたたび »