猫たち

クマ子さん来訪

ああ、梅雨明けしちゃったよ・・・・・(# ̄З ̄)

今年もまた、「さぁ、がんばろー」と自分に言い聞かせて夏場の家事労働をするおかーたまです。掃除、洗濯物干しの間はエアコンを切って窓を開けるので、少しでも朝の早い時間にすませてしまいたい・・・といっても、朝からすでに十分暑いんですがね。(;´▽`A``

「首には手ぬぐい」はマストですな。汗をふきふき、せめて夏場の「いいところ」といえば「洗濯物がよく乾く」なので、

「ソレ、今日はタオルケット洗っちゃえっ」

「今日はシーツも枕カバーも、うーん、のれんも洗っちゃうかっ」

「玄関マット、バスマット、キッチンマット、厚手のものも一日で渇いちゃうぜぇ~」

「もちろん、掃除が終わったら、猫も自分も洗う(猫ズ行水、自分はシャワー)ぜぇ~」

と、洗いまくり(笑)

そして、恒例(?)の、「ベランダにお客様」が。愛知居住のときは「カマキリ」だったけど

3

今回は。

Photo

セミ。

しかもクマゼミ。(♀)

ベランダの床に飛来したところを猫ズが大騒ぎで私に知らせ、ワタクシがビニール袋で捕獲。

でも、弱っている様子はなく、むしろ今朝羽化してきたばかりなのかな?

クマゼミとしては、♀のせいなのかすこし小ぶりの個体です。

Photo_2

まずはすこし離れて観察。

クマ子さん(勝手に命名)は空気穴をあけたジップロックにいれられています。

♀なので、なき声はあげません。

Photo_3

さらに近くでガン見。羽をバタつかせるクマ子さんにチャー坊はまだまだ興味津々。

ミィナは・・・・ちょっと飽きてきたらしい・・・(笑)

しばらくクマ子さんに遊んでもらっていた(?)チャー坊たちです。

この後、猫ズがお昼寝にはいったところで クマ子さんはこっそり窓辺に開放してあげると元気よく飛んでいきました。おつかれさま~ またおいで~(笑)






筒っぽ好き

Photo


みにゃさん、こんにちわ。ちょっとボケてますけど チャー坊です。

ボケてるのはママちゃが酔っぱらっているからです。

この「久保田」ちゅうやつを飲んだからです。

では、いってみますっ

Photo_2

久保田の箱に突撃するボク。

Photo_3

いけるっ いけるはずだっ

Photo_4

かつて 「筒っぽトンネル」を制覇したこともあるボクなんだっ

Photo_5

・・・・・結局、お尻が出たままでしたとさ。










シャチホコあつまれ

日本全国、あちこちにいる様々なアイドルグループ。

ニャゴヤにも、こんなグループがいます。

Shachi

「チーム しゃちほこ」ですて。

シャチホコって・・・

12070747

これか。名古屋城の天守閣にいる、金のシャチホコ。

左右で微妙に重さが違うらしいけど、確か1.2トン前後だったかのぅ・・・・車一台分くらい?←いいかげん(笑)

ああ、そーいえば、うちにも時々出ますわ、シャチホコねこが。

Photo_4

↑茶トラのシャチホコ。(笑)

Photo_5

↑ アメショのシャチホコ(笑)

いつもいつもじゃないけど、シッポの付け根をポンポンするときに時々シャチホコが現れます。しばらくすると茶トラのシャチホコはカモノハシに、アメショのシャチホコはうずまき陸ナマコに変わります・・・・happy02








スキを狙う猫

みにゃさん、こんにちわ。

Photo

今年も引き続き 虎になることをめざしているボクですが

Photo_2

ゲーム中の にぃたんの脇にも寄り添ってあげないといけないし、

猫っちゅ~もんは色々といそがしいもんだね。

Photo_3

カメラ向けられたらポーズもとらないといけないしね。

ママちゃは、ボクがカメラのほうを向くように

頭におもちゃ乗せてみたり 奇声を出したり それはそれで忙しそうだよ。

Photo_4

みにゃさん、いそがしそうだから

ミィちゃんが先に 虎になってあげようか~???

・・・・・・・確かにどアップで迫力あるけどね、ミィちゃん。

ママちゃのお腹の上で暖とりながら言ってもねぇ・・・・(・∀・)ニヤニヤ

     bearing 今までみたいに 文字の大きさや色が変えられません なんでだろ~ sad

 









差がありすぎ

おにぃたんに抱っこしてもらってるときの ボク

Photo

そして、ママちゃに 「抱っこされてあげる」 ときの ボク

Photo_2

ああ、この態度の差よ・・・・   (´・ω・`)ショボーン

Photo_3

だ~か~ら~ ミィちゃんを抱っこしとけばいいのに・・・・


おんぶもいいね

3

みにゃさん、こんにちわ。

「にぃたんにベッタリ抱っこ」が大好きなボクだけど

4

たまには「おんぶ」もいいねっ。

3_2

「リュック」の中だけどね。

1

敵(?)がきたらこうやって

Photo

隠れることもできるよ。

5

これでお出かけすれば、注目のマトさ。(しないけど)

うーーーむ、ミィナが甘えにきて一般家事労働(掃除洗濯等)を妨害するときはリュックに入れてみるかなぁ・・・ もう一個あるから前と後ろで・・・いや、前に6㌔後ろに5㌔?

それはそれで動けなくなるなぁ・・・・・   ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

















秋の珍客 (虫が苦手な方ご注意ください)

昼間も夜も、ずいぶんと涼しくなった。

いつの間にか、セミの鳴き声もしなくなった。

ベランダ側の網戸の前でチャー坊がなくので行ってみると、網戸の上のほうに

カマキリ  がとまっていた。

おおっ、これは保護(? というか捕獲 ?) せねばっ・・・・!!!

さっそく虫かご片手に、カマキリが飛ばないように網戸を開けてそーーーーっと外に出てみたものの・・・・・

実はワタクシ、以外にカマキリは苦手。

素手で触るにはためらいがある。

だって、なんかあのカマでザクッとやられそうじゃん?

カマキリの頭って、マムシみたいな三角だしさ。

花の蜜吸ったり、なにかの葉っぱ食べたり、という虫と違って、肉食の虫だしさ。

虫取り網なんかないし・・・と一瞬考えたが、ベランダ掃除用のホーキが目に付いたので、それを使って網戸から下に落とし(←もちろん、飛んでこないことを祈りつつ) そのままホーキで虫かごに追い込んでフタをする。  完璧じゃん!!!

部屋の中ではもちろん猫ズが「おまちかね」

3

カマ氏はご立腹で(お腹が膨らんでないし、オスとおもわれる)、カマを振り上げて猫ズを威嚇。ガン見する猫ズ。

「ミィねぇちゃん、ボクが見つけたんだよ。カマキリっていうんだってさ。」

「葉っぱみたいな色して、足長くて細くてへんなヤツねぇ」

4



「コイツ、飛んできたんだよ。ボクがみつけたんだよ」

「けっこうゴソゴソ動くわねぇ。」

6_2

「ママちゃ、自分が平気な相手は「セミさん」とか「トカちゃん」とか言うけど嫌いなヤツだと 「カマキリ」って呼び捨てすんだよね。ボクが見つけ・・・」

「わかったわよっ」

1_3


「カマキリって・・・・鳴かないのねぇ・・・・」

5

「おい、ミィねぇちゃんがそう言ってんだぞ、ないてみろよ、チャー坊サマ出してくださいっていってみ? 出してやんないけどさ」

せいぜい小一時間ほどでチャー坊は飽きて寝床で寝始めたものの、ミィナはプラかごの前でずーーーっと観察。

トイレに行った隙にプラケースごとベランダに出して窓を閉め、深夜になってから放しました。カマキリって、以外と高くまで飛ぶんですね~  ちょっとビックリ。catface



第一発見者

夜も涼しくなってきたので、網戸で過ごすことが多くなった。

さて、そろそろ寝ようかなぁ・・・・と窓を閉めに行こうとしたら、チャー坊が網戸の外、ななめ上をガン見している・・・・・。

ん~? なんかいるかぁ~?  と一緒になって見て見たら・・・・・

ベランダの、エアコン室外機のところのホースに 五木がっ・・・・・・モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

こ、これはイカン・・・・

たしか、玄関のゲタ箱の中にスプレー式の殺虫剤があったはず・・・・・。

階段を駆け下り駆け上り殺虫剤片手に戻ってくると、チャー坊と旦那が網戸越しに見ていたが

「ホースつたって、下のほうにいったみたい」と・・・・・

なにぃぃぃ~、しかしまだベランダにはいるはず、ライト、ライト・・・・・っと・・・・

ああっ、電池が切れてるぅぅぅ~・・・・・

バタバタと電池を取り替えて戻ってくると旦那がスプレーを噴射していた。

「やみくもにスプレーしたって、どっか隙間に逃げちゃうじゃないっ、ってか、その前に猫ズを窓から遠ざけてよっ」

と、半分わめきながら猫ズを隣の部屋に収容。

「ちゃんと五木に向かってやったって。出てきたから。ホラ、そこにひっくり返ってる」

見ると、ちょうどベランダの中央あたりに仰向けにひっくりかえってもがいている五木。

「ダメよっ、トドメをささないとっ 」  

と、おかーたまはベランダ掃除用のホーキでバシッッッッッ!!!!!!

「・・・・・で、ゴミ箱捨てるんか?」

「フッ、そんなこたぁしないわ、ふん」

・・・・・・とおかーたまはトイレットペーパーをグルグルと持ってきて、五木をつかみ、

下水に流したのだった・・・・しかもしつこく、水を3回くらい流した・・・・・。(;´▽`A``

Photo


↑ 今回の第一発見者。

「ボクのおかげだねっ でも次の日ママちゃがご褒美にくれたのは・・・・」

Photo_4

こんなおもちゃだよ。annoy

こいつ、マウスなんて書いてあるけどどうみても動きは虫っぽいんだよな」

Photo_5

「部屋の中に出たときのために練習しにゃさいってこと?」

実は、今のアパートに入居前、契約の段階で室内は防虫処理してもらってます。

不動産屋さんにすすめられ、ペットには全く無害ということだったし、ほんとかどうかはわからないけど、うち以外の他のお宅は皆やったとのことだったし、うちだけやらないでいて、虫とか出たらいやだしなぁ・・・●万円もかかって、安いものでもないから迷ったんですが・・・・おとーたまも「やっとけ」とのことだったのでやってもらいました。

専門業者がきてやってくれるんですが、後日施工中の写真等も送られてきました。

でも・・・・・

そうか、ベランダは「外」だから対象外か。

五木の場合は飛んでくる可能性もあるわけだし。 orz

昼は行水、夜は・・・?

夏の間は、お風呂のお湯もかなりぬるめ。

さらに、おとーたまが入るときより、おかーたまが入るときのほうがさらにぬるめ。

チャー坊は、昼間行水しても、夜ワタクシがお風呂入っていると扉の前でないて呼びます。

なんなのよ~ と扉をあけてやるとお風呂場の中にスタスタ。

湯船の前にやってきます。なので、洗面器でジャバーーーッと腰から下あたりに2回くらい、お湯をかけてやると ムフーーーーーッ と鼻息を荒くして満足して出て行きます。

ヘンなヤツ・・・・・。

何回かは一緒に湯船に入ってみたこともあります。でもやっぱり、写真は撮れなかったけど、(だっておかーたまはスッポンポンだしね ((ノ)゚ω(ヾ)) )

とうとう撮った。でも、チャー坊のうしろにいるワタクシをかくすとこうなっちゃって

何がなんだか・・・・・  (;´▽`A``

Photo

一応、腰から下辺り(おかーたまが抱っこして支えている) お湯に浸かってます。文字通り半身浴。ちなみにチャー坊がこうしてお風呂場にやってくるのは私が入っているときだけで、おとーたまが入っているときは近寄りません catface

Photo_2

おとーたまがカメラを持ってくるより一足早く、お風呂場をのぞきに来ていたミィナ。

「今日はタライじゃないのね・・・・」

ミィちゃんも入るかい?

注 ミィナにだけピントをあわせて、他は薄目でみてね (^-^;

Photo_3

・・・・ということで ミィナも入りました。

そろそろ、今期の行水はおしまいかな・・・・。(* ̄ー ̄*)





暑きたたかい 2

ミィナに先制パンチをくらったチャー坊。

6

「ミィねぇちゃん、ボクのアタマ、ぶつなよぉっ! なんでいつもいつもボクのアタマたたくんだよぉっ! おバカになっちゃったらどうすんだよぉっ!」

7

「なによ、アタチが寝ようとしてたのにぃ、アンタが悪いんでしょお?」

8

「ボクはそっちのカゴで寝たいんだよっ そっちのカゴがいいんだよっ」

9_3

「ミィねぇちゃん、ボクのアタマたたいたから、ボクは足にかみついてやるっ」

「やめてよー、なんでいつもアタチのアンヨ狙うのよー」

10_2


「えぃっ! ミィちゃんキックを受けてみよっ」

「またボクのアタマを・・・・・ ひどいや、ミィねぇちゃん・・・」

Photo


「じゃ、寝ましょ  ふぅ・・・今日は譲らずにすんだわ ( ̄ー+ ̄)」

「うん、疲れたね・・・。 後でにぃたんに言いつけてやろうっと・・・( ̄ー+ ̄)」 

こうして、真のバトルは回避された(?)のでした・・・・。  ゚.+:。(・ω・)b゚.+:。






より以前の記事一覧